上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.04 朝青龍時代。
それにしても情けない話である。

大相撲、初場所後に起きた「八百長」騒動。初場所は朝青龍の一つの区切りでもる20回目の優勝で幕を閉じた―。かに思えた。しかし、一部週刊誌が昨年の九州場所から先の初場所にかけて朝青龍に故意に負けるという報道をしたのである。
その後、急遽、朝青龍やそれに関与したとされた力士達は全員、相撲協会から事情聴取を受けた。もちろん全力士が完全否定。全くのガセという可能性が非常に高い。そもそも、朝青龍が八百長をする必要性は全くない(と思える…)。次から次へと力士を倒す朝青龍が何故ゆえにそんなことをわざわざやらなければならないのだろうか。むしろ現在の角界で「八百長」騒動が起きるとしたら、朝青龍が故意に負けた、という話題の方がよっぽど信憑性があるように思える。それくらいしなければ今の力士は朝青龍には勝てないのではないだろうか。
ただ、今回の騒動は朝青龍にとってはまた一つ嫌なイメージが植えつけられる可能性も完全にないとは言えない。横綱になりかけの頃から現在まで圧倒的な強さを誇示している朝青龍ではあるが、その憎たらしいとも取れる態度や、土俵上以外での素行からか、どうも今ひとつ人気がない(特に日本人からは)。確かに以前は場所と場所の合間に祖国モンゴルへ帰る(その為、横綱が参加しなければならなかった練習に居なかった)、横綱による初の反則負け(相手の髷をつかむ)、などといった日本の国技でもあり、礼儀を重んじる角界にとっては手を焼かれるようなこともしばしばあった。しかし、最近の横綱を見る限り、昔のような「何も知らない」外国から来た若造、といった印象は全くといっていいほどなくなった。
確かに依然としてふてぶてしい態度はあるだろうが、その態度は今や朝青龍の代名詞ともいえるものである。そしてその態度は「強い」からこそできる態度でもある。現在は他部屋にも定期的に出稽古に出ており、他の部屋の力士に横綱が直々体を貸すといった以前の相撲界ではなかなかできなかったこともやっている。これは朝青龍なりに考えた大相撲全体のレベルの底上げにも繋がるといえるのではないだろうか。これは個人的な意見だが―、朝青龍はもちろん他の部屋にただ練習相手に行っているわけではない。彼は他の部屋の力士の研究のためにも行っているのだ。つまり、自分(横綱)と稽古をさせてやる代わりに自分も相手の技や癖を調べてもいるのである。体の小さい朝青龍はそうしたこともやらなくてはこの世界で勝ち続けていくことができない、ということを知っているのだ。
朝青龍を嫌う人はたくさんいる。自分も昔は嫌いだった。しかし、外国から来た若造が、これだけ歴史のある「大相撲」という場にチャレンジするということがどれだけ大変なことか、それは一生完全には理解できないだろう。しかし、それらを乗り越え、また人気のない中で―外国人、小さい体、横綱、そして横綱のあるべき姿、などと言った数多くのハンデやしきたりにとらわれながらも―、一人黙々と自分に厳しく戦っている姿を見ていると感動すら覚える。今はまだ人気が急上昇することはないだろう。だが、それは朝青龍一人の問題ではない。同レベルの力士不在という大きな問題もある。しかし、何十年後かはわからないが、「あの頃の朝青龍は無敵だった」と語る日が必ずやってくるはずである。そして「あの時代は彼一人が大相撲を盛り上げていた」とも。願わくば、実力を持った日本人力士が登場して朝青龍と共に大相撲を盛り上げてほしいものだ。
スポンサーサイト
昨日は亀田興毅の因縁の再戦を観戦(TVね♪有明コロシアム寒いもん。遠いし…)。前回ランダエタとの対戦でWBA世界ライトフライ級のチャンピオンになった亀田でしたが、その時の判定は同じ日本人でも首をひねるような結果になりました。僕はその試合を観ていないので、なんとも言えないのですが…(嘘。ちゃっかり書いている。8/4参照) まあそんなこともあって昨日の試合は結構注目していました。
結果はまたしても判定でしたが、3-0で亀田の圧勝。実は個人的には結構危ういんじゃないか?と心配していたのですが、観戦をしているうちにその不安はなくなっていきました。1、2Rこそ相手ランダエタのテクニックの方が若干目立った形でしたが、4Rくらいからは一方的に亀田ペース。手数は互角かそれ以上、そして有効打にいたってはそれこそ亀田がランダエタを圧倒していたのでは。文句なし(?)の圧勝だったと思います。

今回の判定の方法は「マストシステム」といって1Rごとにどちらかに優劣を絶対につけるというものでした。いくら互角に戦っていたラウンドだったとしてもどちらかにはマイナス点(10-9という)がついてしまうものだそうです。それはそれで酷な気もしますね…。と言っても、個人的には前回の対戦で亀田が勝てたのはそういった見方をしたからだ、と思っているのですが(前回もマストシステムだったのかは不明…)。
その採点方式を知ってか知らずか、亀田はこの試合では終始落ち着いて戦っていましたね。無理してKOを狙いにいくのではなくポイントを意識しながらの試合運びでした。まあ亀田といえば「KO勝ち」という期待を込めて観ていた人からすれば物足りない試合だったとも思いますが、個人的には「渋くていい試合」であったと感じています。そして逆に亀田興毅らしい戦いだったような気もしますね。前回も書いたとは思いますが、もともと亀田興毅の長所というのは基本に忠実なところです。過去にKO勝ちした試合を観ても、意外と大振りなパンチは全くといっていいほどしないファイターです。しっかり防御を固め、相手が止まって極端な防御の姿勢に入った時にラッシュをかけるという選手なんですね。つまり、ラッキーパンチというものを食らう可能性を限りなくゼロに近づけて戦っている、という風に見えます。それは、亀田三兄弟の長男として、絶対に負けられない、という意思が伝わってくるかのような戦いっぷりです。逆に言えば「負けることが怖い」とも見れる戦い方なのですが、ファイターというのはそうでなくてはいけないものですからね。
ちょっと話が逸れたので戻します。この試合はおそらく亀田としてはKOを狙ってはいなかったのではないかと思います。まあ試合後のコメント(KOでも判定でも圧勝で勝つと宣言していた)からもそれはほぼ間違いないでしょう。しかし、KOを狙いにいかなかったというのは、それだけランダエタの実力を評価していたからに他ならないのでは。前回の試合前、試合後、今回の試合前、試合中、といろんなところで相手を馬鹿にするようなアクション、発言を取っていた(何も今に始まったことではないが…)亀田ですが、やはり相手の実力だけはしっかりと理解していたようです。いや、正確に言うと前回の対戦(試合結果は勝ったのですが…)から大きく学んだことがあったのでしょう。まあ一度対戦したことのある相手だというのもあるのでしょうが、この点では成長が見られたような気もします。(KO狙いのファイタースタイルではなく、この試合ではフットワークを使ったアウトボクシングを選んだというのも前回の対戦からの教訓でしょうし。)

そんなわけで、ファイターとしての新たな一面と成長も見られた亀田興毅の初防衛戦でした。個人的にはどっちの戦い方も好きです。(あれ?単なるファンか?!) これから他階級も視野に入れている亀田興毅。二十歳になったばかりの彼にこれからさらに注目していきたいと思っています。弟たちにも注目。でも大毅の試合後のカラオケはもういいだろ~…。なんか特に何が言いたかったわけでもなく、だらだらと長くなってしまいました…。最後まで読んで下さった方、お礼申し上げます

p.s. 長男、涙もろいのねでもわかる
なんだか最近関東も随分寒くなってきましたね。富山に行った高校時代の友達(ブログ「魚歌水心」の管理人) はもっと苦しんでいるようなのですが…(笑)。bjリーグも開幕したことですし、なんとか生活面でもキツイ北陸の冬を乗り切ってもらいたいです。(昔は「寒いと思うから寒いんだよ」なんて強気な発言をしていた彼ですが、歳食ったんですかね…。) でもここ数年は秋という季節がだいぶ短くなったような気がしなくもないですよね。これもやはり地球規模の温暖化現象の一つなんでしょうか?と、よく理解もしていないことを書いてみました…。(一応人間環境学部卒なのですが…。) まあ異常気象、異常気象と言われてきていますが、もはや異常ではなくなってきている今日この頃。そうなってきたら本当に危ないんですよね~。←他人事??
なんだか今日はこのブログ始まって以来の普通の日記(いや、独り言)みたいなものになっています。たまにはスポーツからも離れて書いてみるのもいいですね。あっ、話が大幅に変わりますが、今日ついにミクシィに登録をしてしまいました。流行に疎い僕ですが、ついに流行に乗ってみました。すぬさん、本当にありがとうございました。これからミクシィの方でもいろいろ楽しんでみます。

でもやっぱり今日もスポーツに触れてみようかな。
これから冬に向かうにつれて、スポーツの世界でも盛り上がりを見せてきます。まあアメフト(NFL)もそうなのですが、今日本でも最も熱いのが女子のフィギュアスケート。(そうでもないかな…) トリノ・オリンピックで荒川静香選手が金メダルを獲得したことや、有望な若手の選手も多いというのもあってかなり盛り上がっています。浅田真央ちゃん(どうしてもちゃん付けになってしまう…)から中野友加里選手のこれからにも注目&期待してしまいます。安藤(ミキティ)選手も選手としてだけでなく、人間としての成長も見られましたね。オリンピックで悔しい思いをした村主章枝選手も応援したいです。まあざっと見ただけでこれだけの期待できる選手が日本にいるわけです。オリンピックはまた4年後になってしまいますが、それでも今から期待をしてしまうような顔ぶれなのでは。今後も彼女達の活躍に期待を寄せながら観ていきたいと思っています。
先日亀田興毅が世界チャンピオンになりましたね。公言していた通り20歳前に世界を獲るという偉業を成し遂げたわけでありますが、その世界戦の判定が物議を呼んでいますね。僕は運悪く(?)その日は海に行っていまして…試合は観れなかったんです。しかも海には入れず…、あれ?しつこい? まあそんなわけで判定に関してはなんとも言えないわけでありますが、少し亀田興毅について書いてみたいと思います。先日の世界戦だけに限らず。
とは言いつつもまずはやはり先日のタイトルマッチから入ろうかな。ボクシングはKOや反則で決着が着かない場合は当然審判による判定によって決まります。これはまあ格闘技には付き物ですよね。ボクシングの場合は3人の審判団がそれぞれのラウンド(世界戦だと12R、ノンタイトルだと10R…ですよね??)にポイントをつけ、試合終了後にそれらを加算して数字で判定するものです。ポイントは大体、どれだけの有効打を放ったか、試合を通した攻める姿勢、パンチの手数、細かい防御、などなどいろんな面を見て総合的に決めるものです。(まあ実際にはそれぞれの審判の好みのタイプがその判定に大きく左右するというものらしいです。) つまりは当然印象の強いボクサーが勝つことが多くなるわけですね。
ではなぜここまで今回の判定が疑問視されるかと言えば、負けたランダエタ選手の印象の方があまりにも強かったからではないでしょうか。まあそれもそのはず、1Rにダウンを取っているわけですから。さらには11Rにも亀田がふらふらになってクリンチで逃げる場面もあったことですし。ダウンはKOにもつながるものですし、実際どちらか一方がダウンしたバウトが判定にもつれた際、大きな差となって結果に直結するものです。にも関わらず今回はダウンした亀田興毅の方が勝ったわけです。
ここで考えられる亀田の勝因とは、印象以外のものになりますよね。いや印象以上のものって言った方がいいかな。ファンにとって印象に残ったのは先ほど言った1Rと11Rであるのは間違いないでしょう。それではその2R以外のラウンドでの優劣はどちらについていたのか?亀田の勝因はその10個のラウンドにあるとしか考えられないです。そこで亀田が相手よりいいボクシングをし、こつこつとポイントを取っていたならば当然亀田にも勝利は傾きますからね。つまりラウンド毎に圧倒的でなくとも少しずつ押していればこういった結果になるってことです。もっともそういった点を審判が重視してくれればの話ですが。

なんだか我ながら書いていて全く説得力のない文章になってしまいました…まあつまり、再戦を観たいなということです(おっと、随分話が飛躍したな)。この前観れなかったし…。このままではベネズエラ国民はおろか日本国民の半分以上というか8割方が納得いっていないチャンピオンですからね。今回の試合に一番納得がいっていないのは他の誰でもない亀田興毅本人でしょう。トレーナーでもある父も長男を「完璧主義者」と言っていますから、そんな亀田興毅がこのままでいるはずもないでしょう。そして間違いなくこれからが亀田興毅というボクサーの実力の見せ所となるはずです。今は防衛戦をせずにタイトル返上するとか、早くも再戦とか騒がれ始めていますが、本人は周囲に流されることなく冷静に行動する人物です。
最後に、亀田興毅のボクシングの特徴は彼の派手な言動とは打って変わって実に基本的なものです。試合中に相手を挑発することもありますが…基礎をしっかり守りながらボクシングをしています。そんな亀田興毅のボクシングが観ている側にも理解されることを期待しながらこれからも亀田三兄弟を応援したいと思っています。

―長男が背負っているものは想像を絶する重さのもの。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。