上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウィーク3も始まろうかという時間ですが、とりあえずウィーク2を終えてのランキングです。まだまだシーズンが始まったばかりですので、あてにはなりませんが、どうぞ。


=状態良し。
=状態悪し。
=状態まあまあ。


1.ニューイングランド・ペイトリオッツ(2-0)
  今現在最も強いチームと言っても過言ではないだろう。
2.インディアナポリス・コルツ(2-0)
  王者らしくシーズンの戦い方はよく知っているはず。
3.ピッツバーグ・スティーラーズ(2-0)
  このチームほど昨年のリベンジに燃えているチームはないはず。
4.ダラス・カウボーイズ(2-0)
  去年のよかった時の状態を維持できている。
5.シカゴ・ベアーズ(1-1)
  ヘスター健在。チームは昨年とほぼ変わりなく?
6.ボルティモア・レイブンズ(1-1)
  どうもスカッとしない試合展開が続く。
7.サンディエゴ・チャージャーズ(1-1)
  いつ以来の大敗だろう。暗雲が立ち込めてきたような…。
8.ヒューストン・テキサンズ(2-0)
  マット・シュアーブ?キャロライナで圧勝?!2勝0敗?!
9.グリーンベイ・パッカーズ(2-0)
  ブレット・ファーブ。2勝0敗。…サプライズ。
10.ワシントン・レッドスキンズ(2-0)
  フィラデルフィアでの勝利は大したもの。
11.サンフランシスコ・49ers(2-0)
  まだまだ未熟なチーム。連勝スタートは文句なし。
12.デンバー・ブロンコス(2-0)
  どうも相手のフットボールに合わせているような…。
13.デトロイト・ライオンズ(2-0)
  デトロイトがフットボールで盛り上がっているなんて…。


14.テネシー・タイタンズ(1-1)
  王者に善戦。可能性はまだ感じることができた。
15.キャロライナ・パンサーズ(1-1)
  ホームでテキサンズに大敗?いただけないな…。
16.クリーブランド・ブラウンズ(1-1)
  お祭り勝者。
17.シンシナティ・ベンガルズ(1-1)
  お祭り敗者。
18.アリゾナ・カーディナルス(1-1)
  波が激しいチーム。ファンなら大変でしょうね(笑)
19.ジャクソンビル・ジャガーズ(1-1)
  ひどい試合。唯一の好材料は白星のみ。
20.シアトル・シーホークス(1-1)
  ベテランがあのミスではしようがない。
21.タンパベイ・バッカニアーズ(1-1)
  あのガルシアは昨年よ~く見たな。
22.ミネソタ・バイキングス(1-1)
  ランD♯はそこそこ。O♯の急成長が不可欠。
23.オークランド・レイダース(0-2)
  デンバーであと一歩のところまでいったのに…。
24.ニューヨーク・ジェッツ(0-2)
  キャッチ・ザ・ボール。が今年のテーマ?
25.フィラデルフィア・イーグルス(0-2)
  昨年の悪い時と全く一緒のように見える。
26.セントルイス・ラムズ(0-2)
  NFLでは勝てる試合を落とすと実力も下がっていく。
27.バッファロー・ビルズ(0-2)
  そろそろロスマンを変えた方がいいかも…。
28.カンザスシティ・チーフス(0-2)
  長~いシーズンになるやも。
29.マイアミ・ドルフィンズ(0-2)
  連敗スタート。No wonder。
30.ニューオーリンズ・セインツ(0-2)
  昨年はもう過ぎた話。
31.ニューヨーク・ジャイアンツ(0-2)
  精神面での成長が感じられない。
32.アトランタ・ファルコンズ(0-2)
  とにかくひどい。


まあこんな感じです。とりあえず来週、再来週辺りから各チーム今年はどんな具合なのかが大体分かってきそうですね。ではではまた近いうちに!
スポンサーサイト
大詰めも大詰めのNFLです。パワーランキング(個人的)も今週がラストになるやもしれません。プレーオフチームも残すところワイルドカードの3チームのみ(AFC2、NFC1)。来週で全てのチームが出揃います。どんなドラマが待ち受けているのでしょうかね。
今週はランク付けにかなり困りました…。特にNFCのチーム…。

1.サンディエゴ・チャージャーズ(13-2,1)
 Good News:とにかく勝つ。Bad News:QBリバースのスランプ。Really Good News:LTがTDを上げなくても勝てる。Really Bad News:リバースはスランプなのか、それとも実力なのか。 本当の戦いはこれからである。
2.ボルティモア・レイブンズ(12-3,4)
 2000年の時よりチームの完成度は高い。今このチームを倒すのは至難の業だろう。QBマクネアの貢献度は計り知れないものがある。あと必要なのは2000年の時の勢いだけだろう。AFCのプレーオフは厳しいものだ。
3.ニューイングランド・ペイトリオッツ(11-4,5)
 この時期、このチームの存在を忘れてはならない。やっとチームが一つになりかけてきた。QBブレイディとベリチックHCとは誰も戦いたくはないはず。AFCを勝ち抜くだけの集中力を維持できるかどうか、それに尽きる。
4.シカゴ・ベアーズ(13-2,3)
 ここにきてやっとQBブライアン・グリーシーを試してきた。グロスマンの闘志に火をつけるのが目的だろう。問題は次の大事な試合までに4週間も空いてしまうことである。とにかく今は充電期間とするしかない。
5.インディアナポリス・コルツ(11-4,2)
 このチームをエリートと呼んでいいものだろうか。アウェーで4連敗。一番の問題点は、QBマニングが最高の活躍を見せてもチームが勝てなくなったということだ。このD♯ではSBどころか1回戦も危ういかもしれない。
6.ニューオーリンズ・セインツ(10-5,9)
 このチームの底力はまだ発揮されていないかもしれない。まだまだ良くなる可能性を秘めている。しかし、プレーオフではRBブッシュのさらなる活躍が求められるはず。彼のオフェンスへの貢献度は新人とは思えないほど高い。
7.デンバー・ブロンコス(9-6,8)
 美しい試合はできていないが、確実にプレーオフへと近づいている。自慢のレッドゾーンD♯も健在のようだ。このままプレーオフへ行けばお得意様ペイトリオッツとの対戦。その為には次週SFをしっかり倒さなければならない。
8.フィラデルフィア・イーグルス(9-6,14)
 誰がこのイーグルスを予想したろう。アウェー3連戦を見事に3連勝。チームも地区優勝間近だ。個人的には今季のMVPはQBガルシアである。またここまでいい状態のイーグルスは初めて見る。この勢いを維持したい。
9.ダラス・カウボーイズ(9-6,6)
 NFCのプレーオフチームに連敗。QBロモもよかった頃のシャープさが消えてしまっている。T.O.が文句を言い始めているという問題も新たに出てきた。こういった問題は早めに解決させないと大変なことになる。
10.ニューヨーク・ジェッツ(9-6,10)
 ジェッツがプレーオフ目前はシーズン前誰も予想していなかったはず。しかし、紛れもない事実である。次週のOAK戦のジェッツは見もの。AFCで一波乱を起こしそうな雰囲気と実力は十分にある。
11.シンシナティ・ベンガルズ(8-7,7)
 ここにきての連敗は非常に痛いものだった。DEN戦のPaTの失敗はこのチームに終戦を告げるものだったのかもしれない。次週PIT戦は負けられない。あとは祈るのみ。可能性は非常に低いだろう。
12.テネシー・タイタンズ(8-7,15)
 現在NFLで2番目に長い連勝記録(6連勝)を持っているのはこのチームである。もしシーズン序盤、どこかで1勝を上げていれば…。今は奇跡を信じるしかない。次週NE戦は来季に繋がる重要な一戦となる。
13.カンザスシティ・チーフス(8-7,17)
 やっと連敗を止めることができた。しかし、時既に遅し。プレーオフへの望みは限りなくゼロに近い。しかし、それでも絶対にあきらめてはならない。次週JAX戦は死力を尽くす激戦となるはず。
14.ジャクソンビル・ジャガーズ(8-7,11)
 今週の敗戦は非常に痛かった。実質的には終戦といってもいいだろう。QBガラード、RBジョーンズ-ドリューら若手の成長のためにも次週@KC戦は勝ちにいかなければならない。
15.シアトル・シーホークス(8-7,12)
 ここ3週間で得たもの:3連敗。だがそれでも地区優勝。しかし、あくまでそれだけである。やってみなければわからないプレーオフだが、深くまで進むチームではない。

16.ピッツバーグ・スティーラーズ(7-8,13)  何度目だろう…やっとofficially over。
17.セントルイス・ラムズ(7-8,20)  まだチャンスあったんだ…。
18.バッファロー・ビルズ(7-8,19)  負けたけどなぜか上がっちゃった。
19.アリゾナ・カーディナルス(5-10,26)  いや~結構強いと思う。
20.ニューヨーク・ジャイアンツ(7-8,16)  かなりひどいよね。
21.キャロライナ・パンサーズ(7-8,24)  お株奪った。ATLの。
22.アトランタ・ファルコンズ(7-8,18)  お株奪われた。CARに?!
23.グリーンベイ・パッカーズ(7-8,25)  ファーブにラストチャンス?!
24.サンフランシスコ・49ers (6-9,21)  もっとゴア使わなきゃ!
25.マイアミ・ドルフィンズ(6-9,22)  ヘルメットとユニは好きだけど。
26.ヒューストン・テキサンズ(5-10,30)  コルツすげえな…
27.ミネソタ・バイキングス(6-9,23)  そりゃ勝てんわ。
28.タンパベイ・バッカニアーズ(4-11,29)  何人目のQBがよかった?
29.ワシントン・レッドスキンズ(5-10,27)  粘ることは粘るんだけどね。
30.クリーブランド・ブラウンズ(4-11,28)  あと一つどころではないらしい…
31.オークランド・レイダース(2-13,31)  O♯の総TD数が7って…
32.デトロイト・ライオンズ(2-13,32)  相手は消化試合なのに…。
注目していたマンデーナイトはコルツが復活(?)を確信させてくれるような見事な完勝という結果でした。やはり今週は全体的に波乱が少ないウィークでしたね。
NFLのレギュラーシーズンも残すところあと2試合です。ワイルドカード争いがさらにヒートアップしてきますね。楽しみです。それでは今週のランキングです。太文字はプレーオフ争いをしているチーム太文字+アンダーラインはすでにプレーオフを決めたチームです。

1.サンディエゴ・チャージャーズ(12-2,1)
 ラデイニアン・トムリンソン。毎週毎週魅せてくれる選手である。彼を止めない限りこのチームには誰も勝てない。D♯がまたよくなってきている。だが、ここにきてQBリバースの経験の無さが浮き彫りになってきたのは問題。
2.インディアナポリス・コルツ(11-3,4)
 QBマニングが周囲の不安をかき消すかのような活躍だった。いい時のマニングは完璧なQBに見える。O♯が今週のように得点を重ねることが出来ればD♯が悪くてもカバーできる。今週はD♯も悪くはなかった。
3.シカゴ・ベアーズ(12-2,2)
 またしてもあわやの展開もなぜか勝利を手に入れることができた。QBグロスマンも一時の不調を脱したようだ。ホーム・フィールド・アドバンテージを手にしたが、最近のベアーズのD♯の出来には多少不安が残る。
4.ボルティモア・レイブンズ(11-3,3)
 QBマクネアが退場した後多少もたつく試合となったが、それでも勝利を上げることができた。昨年までのレイブンズから大きく成長した証だろう。マクネアの怪我も大したことはないそうだ。次週@PIT戦は注目の試合。
5.ニューイングランド・ペイトリオッツ(10-4,9)
 先週の敗戦でようやく目が覚めたようだ。D♯の集中力も素晴らしかった。が、大勝したものの未だにQBブレイディを始めとするO♯は調子が出ていない。次週@JAXはこのチームの実力を計るにはもってこいの試合になる。
6.ダラス・カウボーイズ(9-5,8)
 大きな勝利だった。プレーオフを決めたということだけでなく、第2シードも再び見えてきた。WRオーウェンズは馬鹿なことをしたが、出場停止は免れたようだ。次週ホームのPHI戦で地区優勝も決めたいところ。
7.シンシナティ・ベンガルズ(8-6,5)
 今週は完敗だった。しっかりと見えていたはずのワイルドカードにも多少ボヤが入ってしまった。O♯が踏ん張らなくてはならない。次週@DEN戦、負けたら終わりの大一番となる。ショックを引きずっている時間はない。
8.デンバー・ブロンコス(8-6,13)
 ようやく連敗をストップさせた。QBカトラーの54ヤードのピンポイントTDパスには驚かされた。先発に起用されるだけの素質は十分らしい。次週ホームのCIN戦は間違いなく今季最大で最重要な試合となる。
9.ニューオーリンズ・セインツ(9-5,6)
 気が抜けてしまったのだろうか?地区優勝は決めることができたが、痛い敗戦だった。プレーオフではこういったことは許されない。第2シード獲得のためにはもう負けられないだろう。次週@NYG戦は厳しい戦いになる。
10.ニューヨーク・ジェッツ(8-6,16)
 皮肉にも今週の勝利で先週の敗戦がさらに大きなものとなってしまった感がある。しかし、ジェッツはハートの強いチームでもある。このチームがプレーオフへ出てくれば楽な相手ではないはず。次週@MIAはMust win。
11.ジャクソンビル・ジャガーズ(8-6,7)
 今季3連勝を一度もしていないというチームの戦いだった。内容に結果がついてこないのは不運な面もあるが、運も実力の内である。残り2試合は非常に厳しい戦いとなる。まず次週はホームでNE戦。負けられない。
12.シアトル・シーホークス(8-6,11)
 ハセルベックとアレキサンダーの試合に与える影響力が落ちている。悪くないパフォーマンスでは勝てなくなってきた。次週SD戦最高のパフォーマンスを見せなければならない。チームは見た目より崖っぷちにいる。
13.ピッツバーグ・スティーラーズ(7-7,17)
 A bit too late? ようやくディフェンディング・チャンピオンとして恥のない戦い方ができるようになった。大いに悔やまれるシーズンではあるが、AFCのプレーオフ・ピクチャーを変える実力があるのはこのチームだけだ。
14.フィラデルフィア・イーグルス(8-6,18)
 マクナブを忘れさせてくれるQBを雇ったのはイーグルス・フロントの今季最大のファインプレーだったろう。あと一つ勝てばプレーオフが確定。だが、最後の2戦は非常に厳しい戦いとなる。まずは次週@DALで最終決戦。

15.テネシー・タイタンズ(7-7,15)  いろ~んな勝ち方をしてくれる♪
16.ニューヨーク・ジャイアンツ(7-7,10)  痛い、痛過ぎる…。
17.カンザスシティ・チーフス(7-7,14)  先週の敗戦が重い…。
18.アトランタ・ファルコンズ(7-7,12)  まあ5割チームだよね。
19.バッファロー・ビルズ(7-7,21)  気づけば5割。
20.セントルイス・ラムズ(6-8,25)  完封?!レイダースなら納得…。
21.サンフランシスコ・49ers(6-8,26)  1試合で大きく成長。
22.マイアミ・ドルフィンズ(6-8,19)  やっぱりハリントンはハリントン…。
23.ミネソタ・バイキングス(6-8,20)  勝てばチャンスあっただけに…。
24.キャロライナ・パンサーズ(6-8,22)  期待とは裏腹に…、、終焉か?
25.グリーンベイ・パッカーズ(6-8,24)  勝ったのにランクダウン。
26.アリゾナ・カージナルス(4-10,23)  まだまだだな…。
27.ワシントン・レッドスキンズ(5-9,28)  勝利した相手は結構いい。
28.クリーブランド・ブラウンズ(4-10,27)  あと一つ何かが足りない…。
29.タンパベイ・バッカニアーズ(3-11,32)  グルーデン久々の笑顔だったが…
30.ヒューストン・テキサンズ(4-10,29)  ああいった敗戦はいただけない。
31.オークランド・レイダース(2-12,30)  最下位でもいいが…
32.デトロイト・ライオンズ(2-12,31)  先週は私が間違っていました…
今週は僕のパワーランキングでも大きな変動がありました。ここにきて強いと思われていたチームが意外と強くないんじゃないか?と思えるような戦いぶりが多く見られます。ので、今週は少しいじってみました。プレーオフ争いをしているチームは太文字です。

1.サンディエゴ・チャージャーズ(11-2,1)
 2季ぶりの地区優勝を決めた。チームも7連勝と波に乗っている。が、このチームの本当の怖さは勢いだけではないところにある。現時点ではスーパーボウルに最も近いのはこのチームだろう。今後はD♯に注目したい。
2.シカゴ・ベアーズ(11-2,5)
 So SPECIAL!! このチームのスペシャル・チームは本当に特別らしい。1stラウンド・バイを手に入れたベアーズの次なる目標は第1シードのみ。QBグロスマンの復調にも期待したい。オフェンスに注目。
3.ボルティモア・レイブンズ(10-3,6)
 Back in 2000 mode. レイブンズも地区優勝は秒読みの段階だろう。少なくとも1stラウンド・バイは手に入れたいところ。それが実現すればスーパーボウル制覇も夢ではない。ベテラン陣の怪我にだけは気をつけたい。
4.インディアナポリス・コルツ(10-3,2)
 Are they that good? 今週の敗戦ではプレーオフチームにすら見えなかった。D♯はFSのボブ・サンダースが戻ってくれば大丈夫というのは楽観的過ぎるかもしれない。次週対CIN戦は絶対に負けられない。
5.シンシナティ・ベンガルズ(8-5,7)
 最高の状態になるには最高のタイミングだろう。プレーオフがしっかりと視野に入ってきた。が、次週から今季最大の山場がやってくる。まずは次週@IND戦、負けたら終わりという気持ちでやるしかない。
6.ニューオーリンズ・セインツ(9-4,9)
 Brees for MVP?? NFCでスーパーボウルの可能性があるチームが急遽現れた。今季対NFC8勝1敗。あまり知られていないかもしれないが、NFLでナンバー1オフェンスを誇っているのはこのチームである。
7.ジャクソンビル・ジャガーズ(8-5,12)
 今季NFLで初めてコルツの弱点をあそこまでさらけ出すことが出来たチームである。ここにきて安定感を増しつつあるのも大きい。次週@TENでは必ず勝利を上げなければならない。負ければ評価は再び落ちる。
8.ダラス・カウボーイズ(8-5,3)
 少し調子に乗りすぎていたようだ。後に尾を引きずるような負けではなかったものの、地区優勝を考えるともう一つも落とせなくなってしまった。若いロモと完璧にやられたD♯がバウンスバックできるかに注目。
9.ニューイングランド・ペイトリオッツ(9-4,4)
 ここ数年続いていた12月以降に強くなるペイトリオッツというのが今季は見られない。一つの時代の終わりを告げる序曲なのだろうか。次週以降の奮起に注目したい。次週対HOU戦は圧倒的な内容での勝利が必要。
10.ニューヨーク・ジャイアンツ(7-6,14)
 今週の勝利は非常に大きかった。連敗も脱出。チームがもう一度一つになりかけている。プレーオフへ出れば脅威にもなりうる存在だろう。NFC東地区王者もまだチャンスはある。ここからは一つも落とせない。
11.シアトル・シーホークス(8-5,8)
 今週の敗戦はまだこのチームが昨年のチームに戻っていないことを証明してくれた。地区優勝はほぼ当確だけに今後はプレーオフを中心に考えてチームの立て直しを狙いたい。NFCはどこもチャンスがあるはず。
12.アトランタ・ファルコンズ(7-6,15)
 地味ではあるが連勝に成功。しかし、ファルコンズにとってはこの結果は非常に大きいものであった。次週からプレーオフ争いへ向け最後の戦いが始まる。まずはホームで連勝の止まったDAL戦。負けられない。
13.デンバー・ブロンコス(7-6,10)
 4連敗。ついにD♯にも一時の目を見張るような集中力がなくなってきたかのように見えた。QBの交替が成功したかどうかはまだ結論は出ない。が、次週@ARI(=対ライナート)で完全に結論が出ると言えるだろう。
14.カンザスシティ・チーフス(7-6,13)
 ここにきての連敗は痛過ぎる。プレーオフ争いでは実質2ゲーム差を離されてしまっている。残り3試合、まず次週@SD。厳しい相手ではあるが、負けたらシーズン終了となる。D♯の奮起に注目したい。
 
15.テネシー・タイタンズ(6-7,17)  開幕からヤング使えばよかった。
16.ニューヨーク・ジェッツ(7-6,11)  痛い敗戦。でもまだチャンスはある。
17.ピッツバーグ・スティーラーズ(6-7,19)  意地見せてくれてる…よね。
18.フィラデルフィア・イーグルス(7-6,18)  奇跡が起これば…。
19.マイアミ・ドルフィンズ(6-7,21)  やっぱ好きじゃないな~…。
20.ミネソタ・バイキングス(6-7,20)  意外といい位置つけてると思うが…。
21.バッファロー・ビルズ(6-7,22)  嫌いじゃないな、このチーム。
22.キャロライナ・パンサーズ(6-7,16)  あれ?Below Averageじゃね?
23.アリゾナ・カージナルス(4-9,27)  開幕からライナート使えばよかった。
24.グリーンベイ・パッカーズ(5-8,29)  あんたやっぱ鉄人だわ。
25.セントルイス・ラムズ(5-8,25)  バルジャーん家でみんなで集まったけど…。
26.サンフランシスコ・49ers(5-8,23)  もっと頑張らなあかん。
27.クリーブランド・ブラウンズ(4-9,24)  あ~負け越し…。
28.ワシントン・レッドスキンズ(4-9,28)  来年頑張ろう。
29.ヒューストン・テキサンズ(4-9,26)  1位指名した人誰だっけ?
30.オークランド・レイダース(2-11,32)  D♯陣えらいよね。
31.デトロイト・ライオンズ(2-11,31)  レイダースにもきっと勝てん…。
32.タンパベイ・バッカニアーズ(3-10,30)  初(逆)クラウン!!
今週からパワーランキングを超個人的から個人的にワンランクダウンです。やはりなんだかんだで成績重視になってしまうので…。といきなりどうでもいい説明からですが、今週もランキングをどうぞ!今週は先週の上位陣、特に太文字(プレーオフ争い)のチームによる勝ち星の取りこぼしが多く見られました。ので、順位に大きな変動があります!

1.サンディエゴ・チャージャーズ(10-2,3)
 今年リーグで唯一安定した戦いをしているのでは。早くも今年のMVPはLTに決定だろう。次週から始まる3連戦(DEN、KC、@SEA)が今年最後の山場となる。LT以外の誰かがステップアップしなくてはならない。
2.インディアナポリス・コルツ(10-2,1)
 All over again ?今年はあと4試合でチーム状態を上げる期間が十分にある。だが次週から始まる2連戦(@JAX、対CIN)は本気でいかないと痛い目に遭う可能性もある。O♯の奮起に期待。
3.ダラス・カウボーイズ(8-4,6)
 Looking "SUPER" Good. 多少のことでは今の歯車が狂うことはなさそうだ。D♯が今の調子を保てればプレーオフの深いところまで行くのは確実かもしれない。次週はホームでしっかりNOを叩きたいところ。
4.ニューイングランド・ペイトリオッツ(9-3,4)
 Are they that good ?不思議なチームである。経験上このチームはもっと調子を上げるかと思ったが、そうでもないらしい。次週@MIA戦で今週失敗したモメンタムを作りたいところ。が、簡単な相手ではないはずである。
5.シカゴ・ベアーズ(10-2,5)
 やはりD♯とスペシャル・チームはリーグ一のようだ。しかし、O♯がここにきて長いトンネルに入ってきてしまった感がある。早いところホーム・フィールド・アドバンテージを確保したいところ。グロスマン、グロスマン…
6.ボルティモア・レイブンズ(9-3,2)
 O♯の抱える問題が解消されない限り、プレーオフではそこまでの脅威にはならないかもしれない。次週@KCは大きな試合となる。先週の完敗がどうこのチームに影響するか。連敗だけは避けなければならない。
7.シンシナティ・ベンガルズ(7-5,10)
 O♯が本来の姿を取り戻した瞬間、D♯が安定し始めた。今このチームとは誰もやりたくはないはず。プレーオフへ出れば非常に怖いチームだろう。次週OAK戦でしっかり勝ち、翌々週からの試合(@IND、DEN)に備えたい。
8.シアトル・シーホークス(8-4,9)
 ハセルベック+アレキサンダー=勝利。という方程式が今年も当てはまっていると考えてもいいのだろうか。まだ完全ではない2人の今後の復調がチームの命運を握る。次週@ARIではしっかり勝たなければならない。
9.ニューオーリンズ・セインツ(8-4,11)
 今週のような勝利はチームに自信をつけさせてくれるだろう。特にRBブッシュには大きかったはず。が、残り4試合、これからが非常に厳しい戦いになる。何度も書いたが、連敗さえなければプレーオフが見えてくる。
10.デンバー・ブロンコス(7-5,8)
プレーオフ争いから脱落しつつある。それでも大きく順位を下げないのはD♯に安定感があるから。しかし、それもO♯の奮起がなければ悪循環に飲み込まれるだろう。次週@SDではO♯がなんとかしなければならない。
11.ニューヨーク・ジェッツ(7-5,13)
 未だ多くの疑問が残るが、プレーオフへ向け大きな脅威になってきている。残りの対戦相手を考えても優位な立場にあると考えていい。QBペニントンとD♯が調子を保てば一月には嫌なチームになっているだろう。
12.ジャクソンビル・ジャガーズ(7-5,15)
 やっとアウェーで強いジャガーズを見れた。次週、対IND戦を含め残りの対戦相手はどこも厳しい。ここまでの取りこぼしが最後に響いてくる可能性は高い。が、実力はあるチーム。あなどれない。
13.カンザスシティ・チーフス(7-5,7)
 今週は非常に痛い敗戦だった。こういう敗戦があると昨年の二の舞になりかねない。次週対BAL戦は絶対に勝たなければならない試合となる。D♯がマクネアを止めることができるかが大きなポイントだろう。
14.ニューヨーク・ジャイアンツ(6-6,16)
 今週敗戦もランクアップ。QBマニングに復活の兆しが見られた。今週は相手が悪かっただけ。が、今後は結果が何より大事になる。次週、まず第一関門として@CAR戦。負けたチームがシーズンエンドとなる。
15.アトランタ・ファルコンズ(6-6,19)
 チーム全体が復活を予感させる内容だった。アウェーでの逆転勝ちはモメンタムを掴むのにはちょうどいい。次週@TBでさらに勢いをつけなければならない。プレーオフを目指すなら勝つことが第一条件。
16.キャロライナ・パンサーズ(6-6,12)
 ここにきての連敗は非常に痛い。シーズン最後にアウェーで大きな山場(ATL、NO)があるが、それ以前に崖っぷちに立たされてしまった。QBデロームの勝負強さというものが今年は見られない。次週はMust Win Game.

17.テネシー・タイタンズ(5-7,21) フィッシャーHCに3000点。
18.フィラデルフィア・イーグルス(6-6,24) まだ死んでない。
19.ピッツバーグ・スティーラーズ(5-7,22) 上位陣を荒らしましょう。
20.ミネソタ・バイキングス(5-7,25) 意外とPO狙える位置。
21.マイアミ・ドルフィンズ(5-7,14) 次週も頼むよ!
22.バッファロー・ビルズ(5-7,20) そんなに弱くないよね。
23.サンフランシスコ・49ers(5-7,18) ここから頑張れば来年に繋がる。
24.クリーブランド・ブラウンズ(4-8,29) 非常に大きな勝利だった。
25.セントルイス・ラムズ(5-7,17) 終焉。今週はラムズか…。
26.ヒューストン・テキサンズ(4-8,28) あと2つ勝ちたいなぁ。
27.アリゾナ・カージナルス(3-9,31) いい時は強い…かな。
28.ワシントン・レッドスキンズ(4-8,23) 勝たなきゃダメだった。
29.グリーンベイ・パッカーズ(4-8,26) 途中よくなりかけたけど。
30.タンパベイ・バッカニアーズ(3-9,27) 試練の刻。
31.デトロイト・ライオンズ(2-10,32) レイダースよりは…。
32.オークランド・レイダース(2-10,30) やっぱすげえ弱いかも…。
今週も順位に大きな変動があります。今シーズンもそろそろ終盤に入ってくる頃ですね。プレーオフへ向けて一瞬も気が抜けない時期です。今週もいくつかのチームがほぼ終わりを告げられたような格好になりました。さてさて、来週はどうなるのやら。と、先のことはひとまず置いておいて、とりあえず今週のランキングです!

1.インディアナポリス・コルツ(10-1,2)
 5年連続二ケタ勝利。ついにいくつもある課題に本気でとりかかることになったらしい。まず手始めにランO♯から。結果は一目瞭然。定着させたいところ。次週からアウェーで同地区対決。甘くはない相手のはず。
2.ボルティモア・レイブンズ(9-2,4)
 レイ・ルイスが復帰しD♯がほぼ完璧状態に戻った。しかし次週から今シーズン最大の山場を迎える(@CIN、KC)。チームは上昇気流に乗っているが、O♯がうまく機能しなければ非常に厳しい戦いとなるかもしれない。
3.サンディエゴ・チャージャーズ(9-2,3)
 9勝2敗、地区首位、O♯はリーグ一。スーパーボウルの話題もちらほら出ている。しかし、若いQBリバースにとってはここからが本当の戦いとなる。厳しい未知の域でどれだけ自分を保てるか、それに尽きる。
4.ニューイングランド・ペイトリオッツ(8-3,6)
 やっと実力のあるチームに勝つことができた。しかし、内容は決して喜べるものではなかった。D♯はリーグでも屈指の実力。O♯ではこれといった武器がないのが大きな問題。このチームはこれから強くなるはず。
5.シカゴ・ベアーズ(9-2,1)
 アウェー3連勝はならなかったが、リーグ全体に実力は十分に示したはず。D♯はリーグでダントツと言えるだろう。プレーオフへ向けて、今後の戦い方は十分に理解しているチームのはず。
6.ダラス・カウボーイズ(7-4,7)
 現在NFLで最も不気味なチーム。2001年のNEと同じ道を行く可能性も十分にありえる。次週は最高のタイミングで同地区のライバル・NYG戦。地区優勝を狙うなら、絶対に落としてはならない試合となる。
7.カンザスシティ・チーフス(7-4,13)
 PITに大敗したのが遠い昔の話に思える。地区優勝、プレーオフを考えると今後の勝利の取りこぼしは致命傷になる。QBグリーンが本調子に戻れば非常にやっかいなチームになるはず。
8.デンバー・ブロンコス(7-4,5)
 ついにQBカトラーの腕に託されることになった。次週から対SEA、@SD戦を控えるブロンコスにとってこれはギャンブルとも言える行為かもしれない。カトラーはいきなり正念場となる。
9.シアトル・シーホークス(7-4,10)
 RBアレキサンダーに続き、QBハセルベックもついに復帰。ハセルベックはまだまだだが、アレキサンダーが05モードに入ってきたかもしれない。次週@DEN戦は2人にとって大事な大事な試合となる。
10.シンシナティ・ベンガルズ(6-5,12)
 現在AFCで最も波に乗っているチーム。残りのスケジュールは厳しいが、一つも落とせないはず。次週はまずホームで首位レイブンズを迎え撃つ。負けたらシーズンが終了すると言えるだろう。
11.ニューオーリンズ・セインツ(7-4,14)
 このチームほど毎試合を懸命に戦っているチームは他にいないだろう。連敗をアウェーで止めたことは大きい。次週ホームのSF戦は必ず勝たなければならない。息切れだけが心配なところ。
12.キャロライナ・パンサーズ(6-5,8)
 プレーオフを完全に視界に捉えたと思いきやレッドスキンズに粘り負け。D♯は安定している。が、O♯にキレが見られない。QBデロームにとっては調子を上げる時期は「今」ではないのかもしれない。
13.ニューヨーク・ジェッツ(6-5,15)
 このチームの売りはしぶとさ。そこらへんのチームなら完全に負け越しているはず。次週アウェーのGB戦もしっかり勝ち星を取りたいところ。まだまだ地区優勝もあきらめてはいないはず。

14.マイアミ・ドルフィンズ(5-6,18)怖いねぇ。非常に怖い。
15.ジャクソンビル・ジャガーズ(6-5,9)やっぱ不安定。
16.ニューヨーク・ジャイアンツ(6-5,11)ひどい…。
17.セントルイス・ラムズ(5-6,21)あっさり味なチーム。
18.サンフランシスコ・49ers (5-6,17)RBゴアはすごい。
19.アトランタ・ファルコンズ(5-6,19)ヴィックまじ速えぇ…。
20.バッファロー・ビルズ(5-6,23)しぶといバッファロー。
21.テネシー・タイタンズ(4-7,22)予想大的中!フィッシャーHCいいよ~(笑)
22.ピッツバーグ・スティーラーズ(4-7,16)終焉。
23.ワシントン・レッドスキンズ(4-7,29)意外とタフなチーム。
24.フィラデルフィア・イーグルス(5-6,20)あてもなくパタパタパタ…。
25.ミネソタ・バイキングス(5-6,28)おっ勝ったんだ。
26.グリーンベイ・パッカーズ(4-7,24)ファーブは引退だろうなぁ。
27.タンパベイ・バッカニアーズ(3-8,26)経験、経験、永遠、、?
28.ヒューストン・テキサンズ(3-8,27)オイラーズが懐かしい。
29.クリーブランド・ブラウンズ(3-8,25)エドワーズブッチ切れ。
30.オークランド・レイダース(2-9,30)弱くはない…んだと思うんだが。
31.アリゾナ・カージナルス(2-9,31)ライナートは着実に経験を積んでいる。
32.デトロイト・ライオンズ(2-9,32)……。
個人的な予想はだいぶ当たったウィーク11でした(左の下の方に載せています)。一番の驚きはチャージャーズがデンバーで勝利したことでしたね。思っていた以上にチャージャーズが強いみたいです。(コルツに勝ちそうなチームですが、ブロンコスには弱いと思っていました…。)数週間後ホームでまたブロンコスに勝った時はもっとランクを上にやらなければ…と今からちょっと準備しています。それでは今週のランキングをどうぞ。
一応どこよりも早いNFLパワーランキングにしているつもりです(笑)

1.シカゴ・ベアーズ(9-1,2)
 アウェーで連勝。D♯から試合を組み立てる能力はリーグ随一。スペシャルチームもいい。課題はあるがそれを打ち消す力がこのチームにはある。次週@NEでアウェー3連戦を終える。厳しい戦いとなる。
2.インディアナポリス・コルツ(9-1,1)
 負ければ叩かれるのは当たり前。だが今シーズンのコルツはいくらでも叩かれる要素がある。最重要課題は、ランを止めること。そしてランを攻撃の武器の一つにすること。必ず修正しなくてはならない。
3.サンディエゴ・チャージャーズ(8-2,4)
 現在NFLで最も力があるチームといっていいだろう。RBラデイニアン・トムリンソンはNFL史上最高の選手かもしれない。シーズン終盤にもう一度山場がやってくる。それまでは一つも勝ち星を落としたくはない。
4.ボルティモア・レイブンズ(8-2,5)
 今週のホームATL戦、前半はひどかった。しかし、後半は圧倒。確実に成長が見られる。あと一皮剥ければさらに怖いチームになる可能性も。次週ホームでのPIT戦は用心して戦う必要がある。
5.デンバー・ブロンコス(7-3,3)
 リーグ最小失点のD♯をもってしてホームでSDに逆転負け。精神的に堪える敗戦だった。しかし、早くも今週木曜にはKCで伝統の一戦。負ければチームの士気は1週間内でがくんと落ちてしまうかもしれない。
6.ニューイングランド・ペイトリオッツ(7-3,8)
 中堅クラスより下のチームはこのチームとは絶対に戦いたくないだろう。連敗のショックは全くなかったようだ。次週ホームのベアーズ戦でエリート相手にも勝てるということをリーグに示さなくてはならない。Must-Win Game。
7.ダラス・カウボーイズ(6-4,12)
 QBローモはここまでいい選手だったのか。この落ち着きぶりはデビュー数試合目の選手のそれではない。残り6試合中4試合をホームで戦える。チームのムードも上り調子。NFC東で急遽優勝候補へ?!
8.キャロライナ・パンサーズ(6-4,10)
 特別印象に残るわけではないが、じわじわと調子を上げてきているチーム。NFCを制するのではとの声も未だにある。シーズン終盤怖いチームになっている予感。が、QBデロームがもっと調子を上げなければならない。
9.ジャクソンビル・ジャガーズ(6-4,16)
 (注)あくまで暫定順位。MNFでジャイアンツを一蹴。このチームはやはりビッグ・ゲームには強い。しかし、それでも安心できないのが今年のジャガーズ。次週アウェー2連戦が今シーズンの鍵を握っている。不安定?or安定?
10.シアトル・シーホークス(6-4,7)
 RBアレキサンダー復帰もチームはSFで痛い敗戦。後半戦に向けてのモメンタムも一からやり直し。QBハセルベックの復帰が近いのが唯一のグッド・ニュース。ディフェンディングNFCチャンプに暗雲が立ち込めている。
11.ニューヨーク・ジャイアンツ(6-4,6)
 ここにもまたベアーズ・ショックの被害者が。しかしさらにその被害を悪化させる出来事が。ジャァグワァズ・ショック!2匹の猛獣にやられたショックを引きずるチームを若いマニングがうまく舵を取れるのか?
12.シンシナティ・ベンガルズ(5-5,18)
 背水の陣。今のベンガルズはこういう覚悟で試合に臨めている。こういったチームは強いはず。QBパーマーとWRジョンソンを中心にやっとO♯がいい形になってきた。今ベンガルズに最も必要なのは「連勝」のみ。
13.カンザスシティ・チーフス(6-4,14)
 チーフスがこの位置にいるのはQBグリーンが本調子に戻るまでのはず。そんなグリーンには木曜日にタフなテストが待ち受けている。ホームDEN戦は必ず勝たなければならない。
14.ニューオーリンズ・セインツ(6-4,9)
 何かがおかしい。2試合連続O♯はトータル500yds 以上。2試合連続ボール保持率は相手を上回っている。が、結果は2敗。問題はD♯ではなくO♯のターンオーバーの多さ。次週@ATLは勝たなければならない。
15.ニューヨーク・ジェッツ(5-5,13)
 ベアーズ戦は後半早々のオンサイドキック失敗が痛かった。我慢の試合展開でするコールではなかった。試合内容は悪くはなかったはず。残りの6試合、対戦相手は全て負け越している。全勝を狙いたいところ。

11位ジャイアンツでふざけてしまいました。すいませんでした

16.ピッツバーグ・スティーラーズ(4-6,19)  しかしビッグ・ベン不安定だな~。
17.サンフランシスコ・49ers (5-5,22)  予想大的中!プレーオフ狙えるけど!?
18.マイアミ・ドルフィンズ(4-6,21)  簡単に倒せるチームではない。
19.アトランタ・ファルコンズ(5-5,15)  やっぱ好きじゃないなぁ…。
20.フィラデルフィア・イーグルス(5-5,11)  終焉。
21.セントルイス・ラムズ(4-6,17)  なんか…ひどい。
22.テネシー・タイタンズ(3-7,31)  何かを期待させるんだよね。
23.バッファロー・ビルズ(4-6,26)  J.P.→Evans →勝利→とも限らないんだよなぁ…。
24.グリーンベイ・パッカーズ(4-6,20)  文字通り痛い敗戦。
25.クリーブランド・ブラウンズ(3-7,23)  粘って粘って…いつもの…
26.タンパベイ・バッカニアーズ(3-7,28)  勝ったけど弱いと思ってしまった…。
27.ヒューストン・テキサンズ(3-7,24)  勝ち試合を落としちゃあ…。
28.ミネソタ・バイキングス(4-6,27)  ランD♯はまだいいんだね。
29.ワシントン・レッドスキンズ(3-7,25)  ひどくなってきてるよね…。
30.オークランド・レイダース(2-8,30)  成績ほど弱くは無い…と思う。
31.アリゾナ・カージナルス(2-8,32)  裏天王山勝利。
32.デトロイト・ライオンズ(2-8,29)  裏天王山敗北。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。