上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.16 Welcome to Boston.
いや~なんやかんやで発表が数日遅れた松坂争奪戦。結局最高額を提示したチームは我がボストン・レッドソックスでしたね~。いや~おめでとう!
が、しかし!60億円って…。欧州のサッカー事情じゃあるまいし…。いくらなんでも高過ぎだろ…!というのが僕の率直な意見であります。60億ですよ。日本のプロ野球界で選手の一年間の年棒を一番払っている巨人ですら総額30数億円程だそうです。松坂を売った金で巨人なら2年間もつんです(表現が不適切でした…すいません)。そんな高額のお金をたった一人の投手のために費やすレッドソックス。日本ではかなり浮いちゃっています…(アメリカでも浮きそう…)。一部の人にはなんというかえげつない感じにすら見えちゃっているかもしれません。まあそこまではいかないとしても、国民柄、レッドソックスに対してはあまり好印象ではないでしょうね(苦笑)。
でもこれで日本のメディアもヤンクス側からの目線ではなくなるわけです。(なんかある番組ではあからさまにレッドソックスを目の敵にしてるのもあったからねぇ。ひどい話ですよ) それがなくなるだけでも少し気が晴れます。あれ?人間小さい?まあ何はともあれ、来年のレッドソックスは松坂を始めとしてみんなにがんばってもらいたいものです。松坂にとっては大変なプレッシャーとも戦わなければならないメジャーのルーキーイヤーとなりそうです。まっ松坂はプレッシャーには強いはずなので逆にそれをモチベーションに変えるでしょうね。個人的には松坂は日本のプロ野球界(国際試合とかを除く)ではなんかいまいちだったと思っていたのですが、メジャーでは思う存分暴れてほしいと思います
これでレッドソックスに入らずなんてことがあったらどうしましょ。

p.s. 松坂が日本ナンバー1の投手か…。斉藤和己を忘れちゃダメですよ~
スポンサーサイト
セントルイス・カージナルスがデトロイト・タイガースを4勝1敗で下し、24年ぶり10回目のワールドチャンピオンになりました。いや~田口選手おめでとう!!日本での約束されたスターダムを捨て、一からメジャーやマイナーで苦労をしてきた田口が世界一に大きく貢献したということが嬉しくてたまりません。本当におめでたかったです。

先日も書いた通り今年は日本シリーズもワールドシリーズ(以降WS)も似たような戦い方になりましたが、結果まで同じになってしまいましたね。WSは非常稀に見るエラーのオンパレード(タイガースは5試合で投手が5エラー。MLB記録だそうです。)となったのが多少残念ではありましたが、まあところどころではメジャーならではの迫力のあるプレーも観られたのでは。(あれ?そうでもなかったかな…。)
第5戦ではタイガース先発のヴァーランダーが初回からいきなり3四球、さらに暴投も連発するといった派手な立ち上がりを見せ、これはどうなることやら…と思っていたのですが、初回をなんとか切り抜けた後は立ち直ったように思えました。その後カージナルスに1点を先制されましたが、4回にWS大当たりのケーシーが2ランを放ち逆転に成功。タイガースにとって痛かったのはやはりその裏の守りでのミスでしたね。モリーナ、田口に連打を浴びた直後、ピッチャーのウィーバーの打球をヴァーランダーが3塁へ悪送球で1失点。その次の打者エクスタインのショートゴロで田口が3塁から帰還(よく帰った!)。ノーヒットであっさり逆転を許してしまいました。負けられない試合の中盤でミスでリードを許す展開では苦しさを増すだけですからね。
逆にカージナルス先発のジェフ・ウィーバーはこの日も素晴らしかったですね。今ポストシーズンはほんとによく投げていました。シーズン途中にエンジェルスから放出された選手がここまでやるとは…。さて、話を試合に戻して、と。この日のウィーバーは先頭打者を1度も塁に出さない投球を見せました。特に味方が得点を取った直後は、ほんとに丁寧に先頭の打者を打ち取っているように思えました。結局タイガースはウィーバーが降板した9回までほとんど反撃の糸口さえ見つけることができずに試合は進んでいきました。そして迎えた9回、ケーシーの2塁打などで意地は見せましたが、ALCSであれだけ打っていたオルドーニェスらが倒れ、得点を上げることなくゲームセット。

こうしてカージナルスはレギュラーシーズンたったの83勝(78敗)というWS史上最低の勝率でワールドチャンピオンとなったのであります。カージナルスはこのポストシーズン、非常にチームの状態が悪かったチームでした。シーズン最後の10試合で2位のアストロズに7、8ゲームほど差を縮められ冷や汗をかきながらポストシーズンに入ったのです。そんな状態だったチームがワールドチャンピオンになるには並大抵の結束力では達成できなかったはずです。ALCSの7試合でチームの柱であるプーホールズがたったの1打点しか叩き出さなかったにも関わらず勝ったというのがカージナルスのチーム力をよく表していたのではないでしょうか。伏兵と見られていたモリーナや田口らの活躍も必要不可欠でした。最後は、誰かが調子を下げれば他の誰かが調子を上げる、といった最高の形で―優勝チームの必要条件を満たして―優勝を成し遂げたのであります

p.s. シリーズMVPにはエクスタインが選ばれましたが、個人的にはローレンにあげたかった…!2年前も苦しんだだけに…。
2006.10.24 All Eyes On KENNY.
2006 World Series

デトロイト・タイガース 1-1 セントルイス・カージナルス

海の向こうのメジャーリーグのワールドシリーズでも1勝1敗のタイになりましたね。初戦を元気のない姿で落としたタイガースは第2戦は早くも負けられない戦いとなりました。その大事な試合での先発はケニー・ロジャース。このポストシーズン未だに失点ゼロの41歳はこの日も絶好調でした。キレのある球をびしびし投げていましたね。試合は初回に前日の9回にホームランを打ったモンローがこの日も先制のホームラン。さらに1点を追加して、試合序盤からタイガースが主導権を握りましたね。この日のロジャースには2点でも十分くらいでした。タイガースは5回にも1点を追加し、3-0で9回を迎えることができました。8回を投げたロジャースは被安打2の四死球が3つと最高の出来だったように思えます。9回に出てきたジョーンズがカージナルスに一打逆転のピンチを作られてしまいますが、結局試合は3-1でタイガースの勝利。1勝1敗で舞台はセントルイスに移ることになりました。

この日試合開始から注目を集めたのはケニー・ロジャースでした。そのわけは―利き手についている妙な汚れでした。野球のルールでは投手が油やら何かしらの物質を手につけて投球することは禁止されています。それが投球にいい影響をもたらすからです。まあ違うスポーツで言えばドーピングのようなものですかね。しかし、この日先発したロジャースの左手には明らかに何かがついていました。それも初回から。それだけでなく、このポストシーズン、ALDS からALCS で投げた試合でもその手についている汚れが確認できたのです。
この試合では結局審判にその汚れについて指摘をしに行ったカージナルスのラルーサ監督によって、ロジャースが2回のマウンドに上がる前にその「何かしらの汚れ」を落とすように言われただけで終わりました。ロジャース側も手には土がついていただけだと言っていたようです。まあつまりは初回以降はロジャースの手には何もついておらず、彼の好投にはほぼ何も関係はなかったという結果になったのですが(この試合に限ってはね。)、試合結果とは関係なく、なんとなく腑に落ちないものが残ったような気がします。はたしてあれはただの土の汚れだったのか、はたまたオイルなどの物質だったのか。この件についてはワールドシリーズ中はどうやら何も大きな動きはなさそうです。

まあ何はともあれ、これでロジャースはこのポストシーズン3試合で先発して23イニングを無失点というとんでもない記録を作っています。手についていたのが、何であるにせよ、今のロジャースを打つのはかなり大変な仕事になりそうです。シリーズが長引けばあと1試合投げそうですね。田口は第2戦は出番なしでしたが、次戦からまた活躍してほしいですね。それではまた。
ナショナル・リーグ・チャンピオンシップ
ニューヨーク・メッツ 3-4 セントルイス・カージナルス

昨日の試合はゲーム7にふさわしい緊迫した試合になりましたね。メッツのレフトのエンディ・チャベスの超ファインプレーや、またまた同じようなところに9回にヤディアー・モリーナの決勝ホームランが出たり、9回裏満塁でカージナルスキラーのカルロス・ベルトランに打席が回ってきたりと…、歴史に残る試合だったと思います。(最後のベルトランの見送り三振は残念だったけど。ウェインライトがいい球投げましたね。) 田口の打席を見ることができなかったのも残念ではありましたが、ワールドシリーズで見ることができるというのはまた楽しみであります。
試合を振り返ってみると、序盤で両チームが1点を取った後はどちらも追加点を取れるチャンスがありながらも無得点…という感じで進んでいきました。特に6回裏のメッツの攻撃は四球やエラーなどカージナルスにとっては痛いミスが続き、1死満塁と絶好のチャンスでした。しかし、そこでホゼ・バレンティンが三振、チャベスがセンターフライに終わり無得点に終わってしまいました。6回の攻撃は、表のカージナルスの攻撃でスコット・ローレンのホームラン性の当たりをチャベスが完璧なタイミングで飛び好捕してダブルプレーに仕留めた直後の攻撃だったのです。メッツはそれで波に乗れそうな雰囲気だっただけに悔やまれますね。
しかし、この試合のターニング・ポイントだったと思われるのは8回のメッツの攻撃でした。8回裏に先頭だったベルトランが四球で塁に出た後の攻撃です。このランナーを帰せばカージナルスの攻撃はあと9回の1回のみ。ここでメッツはそれに備え、クローザーのワグナーもブルペンで肩を慣らし始めました。しかし、続くカルロス・デルガード、デービッド・ライトが連続三振に倒れ、ショーン・グリーンは1塁ゴロに倒れてしまいました。ノーアウトのランナーを出しながらも、そのランナーを2塁にすら進めることなく攻撃を終えてしまったのです。(まあフローレスが最高のピッチングを見せていたのも事実ですが。) 僕はメッツの試合を観るのはポストシーズンに入ってからが初めてだったのですが(それも数試合のみ)、現地の解説者によればメッツは試合終盤に入ってノーアウトのランナーが出た場合、シーズン中は必ず何か(エンドランやら盗塁やら)を仕掛けていたそうです。少なくともランナーを次の塁に進めるために何かを試みるのがメッツの今シーズンの戦い方だったようです。それがこの大事な場面で出来なかったというのは―結果論ではありますが―やはり何かがおかしかったということでしょう。
そのシーンを観ていて、ああこれはカージナルスが一つ勝利を盗めるかなぁと思った矢先でした。(2勝3敗から第6戦をホームで勝ったチームは第7戦を11連勝中という事実があったので…。) 9回1死で打席にはローレン。ローレンはポストシーズン不調が続いていたのですが、前の打席ホームラン性の当たりを打ち、この打席でもファウルを続けて(しかも結構いい当たり)粘りを見せていました。そんなローレンがここでヒットを打ったのです。ここでははっきり言ってまだ得点の匂いはしなかったのですが、次の打者のモリーナが初球のゆるい(甘いコースに入ってきた)チェンジアップを思い切りよく叩き、打球は高く上がり、そのままレフトのフェンスを越えていったのです。シーズンたったの.216、6本しかホームランを打っていない男がこの大事な試合で決勝ホームランを打ったのでした。
メッツは9回の裏に文字通りシーズンをかけた意地(いじと書いてプライドと読む!)の攻撃を見せましたが、表のカージナルスの2点は大きすぎました。観客もどことなく意気消沈気味に見えましたし、満塁になるまでは本気で奇跡を信じるということにまでは至らなかったように感じました(スタジアムにいたわけでもないのにこう言うのもなんですが…)。カージナルスは9回に出てきたルーキーのウェインライトがいいピッチングを見せていました。あの場面で冷静に投げれる新人の投手は世界にどれだけいるでしょうか。満塁にはさせてしまいましたが、あれはメッツの打者が意地を見せたといえるのでは。特にカーブは完全にメッツの選手にはタイミングを合わさせていませんでしたね(ストレートが伸びていたからでしょうか?)。最後のベルトランを見逃し三振にしとめたシーンでは、2-0からあそこにカーブが来るとはベルトランも全く予想していなかったように見えました。
さて、これでメジャーリーグも残すところワールドシリーズのもとなりましたね。NLは2年ぶりにワールドシリーズに戻ってきたカージナルス。2年前はボストン・レッドソックス♪にスウィープを喫しており(しかも4試合で一度もリードすることなく終わったシリーズでした)、その屈辱を晴らせるかどうか見物でございます。一方ALのデトロイト・タイガースは今シーズンダメ虎の名前を一気に返上したチームです。両チームともポストシーズンに入ってから勢いを味方につけたチーム。というのも今年のWSは史上初、オールスターブレイク以降を負け越してシーズンを終えたチーム同士の戦いなんだそうです。今年はどんな勝負が観られるのか楽しみです。下馬評ではホーム・フィールド・アドバンテージを持つタイガースが有利だそうです。マイケル・ヤングに感謝(笑)
ナショナル・リーグ・チャンピオンシップ
ニューヨーク・メッツ 3-3 セントルイス・カージナルス

ナショナル・リーグのチャンピオンシップはゲーム7が行われることになりました。今日行われたGame 6 でメッツが4-2でカージナルスを下したためです。
今日の試合もなかなか緊迫していたのでは。印象としては(ハイライトしか見ていないのにこう言うのもなんですが…)カージナルスがどうしても得点圏のランナーをホームに帰せなかったといったところでしょうか。メッツはレイエスが先頭打者ホームランを打ったのが大きかったですね。しかし、この試合はやはりカージナルスの拙攻や小さなミスが大きく響いた感がありました。2アウト未満で3塁にランナーがいたのに得点できなければ勝つ可能性は低くなってしまうのは当然ですからね。
カージナルスにとって特に痛かったのは7回裏のメッツの追加点でした。2死ランナー1塁から、レイエスにヒットを打たれランナー3、1塁とされたシーン。ここで1塁ランナーのレイエスに軽々と2塁を盗塁させたのは痛かったように思えました。セカンドもショートもベースカバーに入る素振り(そぶり)すら見られなかったです(2死ランナー1塁だった時はあれだけ気にしていたのに…)。次のロドゥーカのヒットで2点追加されたわけです。結局決勝点となったのは3点目でしたが、9回に田口の2点タイムリー2ベースで1点差、さらにランナーが2塁にいる状況になったと考えると4点目は大きな1点だったのは言うまでもないですよね。
メッツは負けたら終わりだったG6をルーキーのジョン・メインに託さなければならないという厳しい状況でした。しかし、ふたを開けてみれば、メインがこれまでの人生で最も重要な(と思われる)試合で見事なピッチングを披露。レイエスの活躍も大きかったのですが、この試合に関してはMVPはメインだったでしょう。これで第7戦 -Decisive Game- へとシリーズを延ばすことができました。第7戦ではオリバー・ペレスが先発とのこと。メッツの投手陣も苦しいな~(汗)。
一方のカージナルスはエースのカーペンターに託したが敗戦。明日はジェフ・スッパンが先発予定。第3戦で勝ち投手となって自らもホームランを打っていて気分的にもノッているはずです。打線も2日続けて悪いということはこのポストシーズンではまだないので明日爆発とは言わないまでも少しは打てるのでは?極めて楽観的ではございますが、力を入れて応援していないチーム同士の試合ともなればこんなもんです…。あれ?適当過ぎる?
今日も田口はクラッチヒッターぶりを魅せてくれましたね。この調子だと明日もここぞという時に代打という形で出てきてくれそうですね。まあ本人も言っていたように田口が試合に出ないというのがチームにとって一番いい結果が出ている時なのだそうですが…。明日はどんな形であれ出番がありそうです。NLCSはこれで4年連続7戦までもつれたことになるんですね。明日もいい試合になりそうな予感。そいでは乱文失礼いたしました。ちゃお!
2006.10.16 Reset & All Set.
ナショナル・リーグ
ニューヨーク・メッツ 2-2 セントルイス・カージナルス
今日行われた第4戦は12-5でメッツが猛打で制し、シリーズも2勝2敗のタイになりましたね。メッツは連敗中にいまいち元気のなかった打線が今日そのうっぷんを晴らすかのような活躍。特に3、4番のベルトラン、デルガドの両カルロスが、2人で7打数5安打うち3ホーマーで7打点の大暴れ。さらに5番のライトもホームランを打ち、下位打線もそれぞれ打点を記録する活躍ぶりでした。ここまで当たってしまうとカージナルスはお手上げでしょうね。
そのカージナルスはというと今日は出てくる投手全員が打たれてしまいました。明日以降に影響がなければいいのですが。田口は今日も途中から代打で出てきてまたまた安打を記録。得点に繋がることはありませんでしたが、いい状態をキープしていることは間違いなさそうですね。カージナルスは基本的には守りのチーム。今日はポストシーズンをここまで頑張ってきた投手陣が崩壊してしまったのが敗因。明日の第5戦はこのシリーズホームでの最終戦。負け越してニューヨークに行くことは許されないので、必勝態勢で行くでしょう。明日は第1戦を黒星になるも好投したウィーバーが先発か?

アメリカン・リーグ
オークランド・アスレチックス 0-4 デトロイト・タイガース
アメリカン・リーグは今年はスウィープで終わりましたか~。プレーオフに出場した4チーム全てが均衡した実力を持っていただけに、なんだか少し寂しいです。まあシーズン終盤少し失速していたタイガースがポストシーズンに入ってこれだけ勢いを味方につけれたというのはかなりの驚きでした。あのタイガースがですよ。つい最近まで100敗以上していたチームが…。1年でこれだけ変われるということは選手達がいかに怠けていたかということでしょうか(笑)
今年のタイガースはどこからでも点が取れるいいチームに激変しました。1番から9番まで誰でも20本近く(もしくはそれ以上)のホームランを打つ選手が揃っているというのは、攻撃がどこから始まっても脅威になるということです。片寄った打線でないというのがポストシーズンに入ってから活きたのでしょう。(それでもやはり最後は4番のオルドーニェスが一人で決めましたが。) そして投手陣の成長も今年のタイガースを語る上では欠かせませんでしたね。ベテランのロジャース、新人のヴァーランダー、ボンダーマンらの先発陣に加え、セットアッパーのズマーヤやクローザーのジョーンズ。シーズンを通して強打のアメリカン・リーグで存在感を示してきました。タイガース夢のチャンピオンシップへのランはあと4勝で完結です。そのためにはシーズン中もそうであったように全員で戦わなければならないでしょう。

これでアメリカン・リーグは3年連続で4連勝で決まりましたね。04は3連敗から4連勝、05は初戦黒星の後4連勝、そして今年はスウィープ。波に乗ったALのチャンピオンはここ2年ワールドシリーズもスウィープしています。今年はどうなるのでしょう。NLCSが長引きそうなのが少し気になりますかね。それでは、だらだらと(大した内容でもないものを)書いてしまいましたがまた。
2006.10.14 It's SO Sweet !!
本日2度目の更新です。メジャーリーグのリーグ・チャンピオンシップが盛り上がってます。今日は今年初めてカージナルスの試合を観ました。特にカージナルスファンってわけではないのですが、田口は応援している選手の一人なのでなんとなくカージナルスサイドに立って観戦してしまいます。そして今日やってくれましたよ!タグ~チィ!9回表見事な勝ち越し弾。いや~素晴らしい打席でした。

ナショナル・リーグ
ニューヨーク・メッツ 1-1 セントルイス・カージナルス
今日行われた第2戦で田口が9回に貴重な勝ち越しホームラン。試合はメッツが先制、勝ち越しはするもカージナルスが2度追いつき、最後は逆転勝ちを収めましたね。ここにきてあの粘りを見せることができたのは大きいかもしれません。それを象徴するかのような9回の田口のこの試合唯一の打席でのあの粘り強さと勝負強さ。本当に素晴らしいの一言です。田口はこのポストシーズンは2打数2安打の2本塁打なんですね(今年はシーズンを通して2本しか打っていないのに…)。これだけの勝負強さを見せる選手をベンチに置いておくのはもったいないです。スターターで出る可能性も出てきたのでは。
シリーズを見てみると、これでタイに持ち込めたのは大きいです。第1戦にベルトランがホームランを打った時は今年もまたベルトランの独り舞台になるかと思いましたが、今日はノーヒットに終わりましたね。カージナルスはエースのカーペンターの不調具合がかなり気になります。あと1戦は必ず投げるでしょうから。しかしシーズン中にあまり良くなかったブルペンがポストシーズンに入って絶好調になったのは嬉しいでしょう。打線は1、2番がもう少し当たりが出なければ今後は厳しいです。一方のメッツはクローザーのワグナーを同点の場面で持ってくるといった作戦を取りましたが、それが裏目に出てしまいました。ワグナーがあれだけあっさり打たれたというのは今後に向けての不安材料でしょう。打線では5番を打つライトがもっと活躍しなければ厳しいと思われます。総合的に見るとメッツの方が有利な気がしますが、セントルイスでカージナルスがうまく波に乗れれば2年ぶりのワールドシリーズも見えてきそうです。そのためには田口をもっと使ってほしい気が…。

アメリカン・リーグ
オークランド・アスレチックス 0-3 デトロイト・タイガース
今日デトロイトで行われた第3戦もタイガースが勝ち、早くも王手をかけました。タイガースの先発だったケニー・ロジャース(42歳)は今年のポストシーズンは失点ゼロの2勝目。これまでのキャリアでポストシーズンは防御率ゆうゆう二桁台だった男とは思えないほどの活躍です。タイガースは打つべき人が打って、抑えるべき人が抑えているといった印象ですかね。まあ捕手のロドリゲスは打てていないのですが。
A'sはディビジョン・シリーズの勢いはどこへいってしまったのでしょうか。ALDSであれだけ打った4番のフランク・トーマスの不調が明らかに影響していますね。もともと投打ともにバランスよく活躍しないと勝てないチームなので、打が崩れてしまうと厳しくなってしまいますね。まあもうこれで後がなくなってしまったので、これからは一戦一戦を勝ちにいくしかないでしょう。しかしこの劣勢を跳ね返すだけの元気がA'sにあるとは残念ながら思えないですね…。


                                                    Cory Lidle R.I.P.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。