上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.12 着陸態勢。
松坂に続き岩村もポスティングでメジャー行きが決まりましたね。日本のメディアでは連日松坂の入札額と競り落とした球団について騒がれています。アメリカではどうなんでしょう。WBCが始まる前に「メジャーで注目されている日本人」として名前が挙がっていた2人ですから、そこそこ騒がれてはいるのでしょうか。松坂も岩村も日本を代表する野球選手ですから、少しくらいは騒がれていてほしい気もしますが…。さすがにこんな極東の選手がそこまで知名度があるとは思えませんね
まああと数日もすれば全てが明らかになる(?)はずです。なんでも松坂はレッドソックス入りとの噂がESPNで流れているようなのですが、ここに来て新たにエンジェルスも話題に食い込んできた模様です。ESPNの情報ってそんなにあやふやなものなのでしょうか??レッドソックスに来てくれたら日本でレッドソックスの中継が増えるはずなので、個人的には大歓迎です(笑)。もちろん活躍してくれなきゃ困りますが…。でもエンジェルスが落札したという噂が信憑性を増してきたような気もしますね。なのでそこまで期待はしていないです。
岩村はどうなんでしょう。岩村に関してはまだ全くといっていいほど情報が入っていません。やはりアメリカン・リーグなんでしょうかね。まあどのチームに入るにしても、彼らについて次何か書く時カテゴリーは「野球:MLB」になるんですね。来季はどこのユニフォームなんでしょう。

最近はほんとにメディアでよく日本のスター選手のメジャー流出だの、日本のプロ野球が廃れるだのと騒いでいますが、まあしょうがないですよね。野茂がメジャーに行って以来、メジャーリーグがほんとに身近になってきていますからね。これについては今度書いていきたいと思っています。(今度今度って言っておいて書いたためしがない私ですが…。) 個人的にもやはりメジャーの野球の方が観ていて楽しく感じますし、日本のプロ野球には物足りなさ(TV中継の解説とか、放映時間とかも。差はメディアにあり?!)を多々感じてしまいます。かと言って、今騒がれているように誰でもメジャーへ行ってしまうのもどうかと思ってしまうのも確かであります。メジャーへ行きたいのなら、やはり何かしらの条件をつけて、それをクリアした選手しか行けないようにしなくてはいけないかもしれませんね。でもこれも難しいよなぁ。
ただこの流れで日本人の野球のレベルが落ちてしまうようなら(メジャーリーガーも含めて)、その時は日本のプロ野球界はほんとに何か考えなくてはいけなくなるでしょう。もちろんそれはWBCの結果に反映してくるはずです。日本のプロ野球を離れた選手には、日本でプレーしている選手よりさらに日本の野球のことを考えていてもらいたいものです。(バスケの田臥のようにね) 日本を代表する選手として、そして日本の野球のさらなる発展を意識していて欲しいですね。オレがオレがになってしまったとしたら、日本の野球は潰れていくでしょう。

p.s. なんだか内容が薄いな~。井川もメジャーなのかな。とりあえずリトル・マツイの二の舞だけは避けてもらいたいですね
スポンサーサイト
本日2度目の更新です!
日本シリーズが終わって数日が経ちました。今になってちょっとシリーズ(というか第5戦)を振り返ってみたいと思います。
偏った観方をすれば、単純に今年の日本シリーズは中日の自滅という形であったかもしれませんね。10/27にも書いたように決してそんなことはなく、日ハムが中日に自分の野球をさせなかった面が大きかったとは思うのですが…。ただ、中日のプレーや戦術にはTVで観ていても疑問に思えるようなものが多かった気がします。
今や野球もWBCやオリンピックなどの国際大会への関心が高まってきています。そして高まっているからこそ、日本のスター選手たちのメジャーへの流出が勢いを増してしまっているとも言えるのかもしれません。しかし、WBCで優勝した日本代表メンバーの中にはメジャーリーガーが2人しかいなかったように、チームの大半は日本のプロ野球でプレーしている選手達でした。おそらくこれからも日本の野球の代表は日本でプレーしている選手を中心に作っていくものだと思われます。
そして、だからこそ、今後の日本のプロ野球には期待したいのです。これからますます大きくなるであろう国際大会に出場するチームの基盤となる選手達が日本でプレーしているはずだからです。ところが、日本一を決めるはずの日本シリーズで疑問に思えるプレーや戦術が見られるのです。それが残念でなりませんでした。
特に今年の日本シリーズで一番疑問に思ったシーンは、第5戦8回裏の中日の守りの場面でした。スコアは3-1で日ハムリード。中日のマウンドには前の回からの続投で久本がいました。なぜここで絶対的な守護神である岩瀬をあげなかったのかが全くの疑問でした。中日にとっては9回の攻撃のためにいい流れを作らなくてはならない場面、絶対に1点も許してはならない場面です。別に久本が信頼のない投手というのではなく、チームの核であり、一番信頼のある岩瀬をこういった場面で出すことにこそ意味のある場面なのです。ここで出さなくては岩瀬もただのベンチウォーマーに過ぎません。クローザーをチームの流れを作る役目にすることも必要だったのでは。実際ここで久本が稲葉にダメ押しのソロホームランを浴び、試合後新庄はそのホームランで勝利を確信したとコメントを残しています。事実上、勝負の行方を決定付ける1点でした。それくらい大事な1点だったのです。その1点をチームで一番信頼の置いている投手以外が打たれたのでは、監督が試合の流れを読めていなかったと言われても仕方がありません。(仮に8回に岩瀬を上げ、9回表に同点止まりに終わったとしても岩瀬続投でも構わない場面でした。第1戦に1回しか登板していないことですし…。まあつまりはシリーズを通して一度も岩瀬を試合の流れを作る役目として使わなかったということですね。)
それ以外にも中日の攻撃で、同点の場面でノーアウトのランナーが出た場面、ただ単純に送りバントをするといったシーンもその試合にはありました。シリーズを1勝3敗からの(勝負でも流れでも)ひっくり返しを狙うチームとしては少し単純過ぎであったように感じました。他に何か一つのプレーで流れを変えてしまうようなギャンブルにも似た攻撃が必要だったのでは?短期決戦では自分の野球ができるまで、ミスをしても悠長に普段通りやっていては間に合いません。こうして見てみると中日は逆転を狙うチームの戦い方を全くできていなかったように思えます。落合流といえばそれまでなんですが…。
まあこうした小さな(?)ミスが目についた今年の日本シリーズでした。海の向こう、メジャーリーグのワールドシリーズではもっと目に見える大きなミスが目立っていましたが…。個人的にはこういったミスの種類の違いが日本とアメリカの野球の(one of…)違いだとも多少思っているのですが…、、それについてはまた近日アップする予定です。今日はこんなところで。また明日!
日本ハム・ファイターズが44年ぶりに日本一の座に輝きましたね。いや~おめでたいです。特に日ハムファンというわけではないのですが、新庄は昔から好きだったので、日ハム応援していました。(今年はマリンスタジアムに観にも行ったしね♪ロッテ応援と新庄を一目見るため。)
今シーズンが始まる前、一体どれだけの人が日ハム優勝を予想していたでしょうか?全くのゼロではなかったにしろ、ゼロに限りなく近い人の数だったのではないでしょうかね。地元・北海道のファンだって本気で優勝を信じていた人は少ないのでは。思い返せばシーズン序盤から中盤に差し掛かる頃、新庄が試合後のヒーローインタビューのお立ち台で引退宣言をした時から新庄は日ハムの力に何かを感じていたのかもしれませんね。あの時メディアに向かって少し照れながら「日本シリーズに出て引退したいですね」みたいなコメントを残していましたから。その時は半分冗談だったのかもしれませんが、シーズンが進むにつれ、日ハムの選手達がチームの成績と共にどんどん自信をつけていき、冗談がどんどん現実的なものになっていったように思えます。
そしてシーズン終盤、一見シーズン1位の座が厳しいように思われた頃からの日ハムの戦いには目を見張るものがありました。このチームはプレーオフこそ2試合しか戦いませんでしたが、今考えてみるとシーズンの終盤からプレーオフと同等な戦い方をしてきたのでしょう。1位になるためには絶対に負けられない戦いというのを繰り返し、またその戦いをものにしてきた日ハムの選手達の自信は昨年リーグ5位に終わったチームのそれだったとは想像しがたいものがありました。シーズン中にどんどん成長していく様が見て取るようにわかるチームでしたね。

ここ数年日本シリーズを制してきたチームは、「勢い」があったとよく言われます。これらはどうも「勢い」だけで勝ったというニュアンスを含めての言い方をされがちですが、「勢い」というものは作るのも殺すのも自分次第です。特にシーズンで最も重要なこの時期に勢いを作ることはそう容易いことではないことは、過去2シーズンのソフトバンク(旧ダイエー)を見てもわかります。しかし、今年の日本ハムは長いシーズン―長期戦―を勝ってきたチームだけが揃うプレーオフ―短期決戦―という舞台の中で、この「勢い」を自ら作り出したチームでした。そんな今年の日本ハム・ファイターズは真のチャンピオンであると言えるのではないでしょうか。

最後に―、今年で引退してしまう新庄。やはり残念です。パフォーマンスについては賛否両論でしょうが、新庄のように何をやっても(それこそ野球以外でも何でも)様になってしまう選手はそうは出てこないでしょうね。日本シリーズでも立派に活躍していましたし…。彼のような「スター」がいなくなると日本のプロ野球界も少し寂しくなってしまいますね。それでは今日はここらへんで。
p.s. 9回表の中継は新庄映し過ぎでしょう…。点差を考えてもまだ優勝が決まったわけではなかったのですが…。新庄の最期とはいえ、もっと中立的な立場から放送しないと
2006.10.26 Time to Step-up !!
日本シリーズも今夜で終わりを迎えるかもしれません。北海道での第5戦、日ハムが王手をかけ、中日が崖っぷちに立たされての試合になります。海の向こうのメジャーリーグのワールドシリーズも日本シリーズとほぼ同時に進行していたのですが、今日(現地時間だと昨日か)予定されていた第4戦が雨のため順延となってしまいました。カージナルスにとってはこのポストシーズン3回目の雨天中止ですね。これでは慣れっこになってしまいますね。
さて、なぜここでメジャーの話をしたのかと言いますと、なんだか日本もアメリカも同じような試合をしているな~と思ったからであります。なんというか、どちらか一方のチーム(敗戦チーム)の打線が完全に沈黙してしまっているといった印象です。まあ盛り上がりに欠けるとまでは言えないまでも(?)、両シリーズでもう少し迫力のある打撃や試合展開を観たい気持ちでおります

まあそれはそうと、今夜日本シリーズ第5戦であります。ここ数試合の流れから言うと日ハムが今日で優勝を決めてしまいそうですね。選手達もがんばっていますし。打線は森本切り込み隊長を筆頭にみんながヒットを打っています。投手陣もどうやら今の中日打線の元気のなさでは捕えられようがなさそうな感じです。
その中日はというと、どうにもこうにも復調しそうもありません。なぜ今この状態に陥っているのか…、不明であります。日ハムの方が試合感覚は鈍っているはずなのですが…。中日はどうも過去(52年ぶりの優勝だの、一昨年の雪辱だの…、)のことに関して気負いしているように感じます。それに比べ、日ハムの選手達は実にのんびり、実に楽しそうに試合を楽しんでいます。ここまでの両チームの差はこのチームの雰囲気の差と言えるのではないでしょうか。
ここ数年、セリーグの覇者はパリーグのプレーオフ制度を勝ち抜いてきたチーム相手に霞んで見えてしまっています。来年からセリーグもパリーグと同じ制度のプレーオフを実施するそうですが、すでに遅れを取っているように見えるセリーグ。今年の日本シリーズが今夜あっさり終わるようなら、さらに数年パ高セ低の状態が続くかもしれません。今夜の試合はそんな意味合いも含めて、セリーグの代表である中日が意地を見せなければならない試合のはずです。それでは試合観戦したいと思います!

p.s. …でも日ハム応援。
先日パリーグのプレーオフが終了しましたね。北海道日本ハム・ファイターズが第1ステージを波に乗って突破した福岡ソフトバンク・ホークスを破り、25年ぶりにペナントを制しました。ファイターズはその名の通り、今年は一年間を通してファンやスタッフを含めてチーム全体が一丸となって戦ってきたのではないでしょうか。
中でもやはり北海道のファンの力は非常に大きかったように思えます。レギュラーシーズン終盤に「プレーオフを北海道で!」を合言葉にしたチームは見事それに応えただけでなく、1位通過という最高の形でファンに恩返しをしたのです。そしてパリーグ制覇に王手をかけて迎えたソフトバンクとの第2戦、あのサヨナラ勝ちを呼んだのは間違いなく北海道のファン達でした。9回裏の攻撃の前、スタジアム全体が異様なまでの雰囲気になり、サヨナラの舞台を作り上げたように思えました。もしかしたらファンがファイターズの選手たちが何かをしてくれそうな雰囲気を感じ取ったのかもしれません。そうではなく、もしかしたら選手たちがただスタジアムの雰囲気に乗せられただけかもしれません。いずれにせよ、それはまさにチームとファンが文字通り一体となった瞬間だったと言えるでしょう。その結果がサヨナラ勝ちという形になったのだと思います。
ファイターズが北海道に移ってから3年、北海道は完全に野球というスポーツに魅せられているように感じられます。駒大苫小牧高校の甲子園の連覇から日本ハム・ファイターズのパリーグ制覇。どれも北の大地からの熱(なんだか鈴木宗男の顔がパッと浮かんでしまいましたが…)が生み出した偉業と言えるのではないでしょうか。


さて、日ハムは来週から中日ドラゴンズとの日本シリーズを迎えます。今年の日ハムの快進撃の象徴でもあった投手陣の出来が鍵を握りそうですね。プレーオフでは個人的に少し不安視していたリリーフ陣の出番がなかったのですが、さすがに日本シリーズでもそうなることはないでしょう。ので、リリーフ陣の活躍が必要不可欠と踏んでいます。先発ではシーズン終盤に問題を起こした金村を登板させるとヒルマン監督がほぼ明言しましたね。金村はこれで下手なピッチングは見せれないでしょうね。強い気持ちを持った投手なのでプレッシャーに負けることはないでしょう…。まあ日本シリーズについてはまた今度書いていきますね。急な締めくくりだったかな?すいません。それではまた。

p.s. あっ、今日のタイトルに特に意味はありません。北海道にいるってわけでもないです…。ただなんとなく。あ~あ~あ~あ~♪
2006.10.02 All Set.
どうもです。またしばらく更新ができずすいませんでした。
先日、私約7ヶ月ぶりに本格的な運動をしてきました。大学時代に所属していたバスケサークルでひさしぶりのバスケを楽しんできたのです。意外にも(バスケを始めてからこんな長期間バスケから離れたことがなかった身としては)全く動けずといったこともなく(?)それなりにやることができて(?)一安心でした。でも体力の衰えぶりには我ながら驚かされ+苦しめられました…。あと足のマメにも…。そして翌日の全身筋肉痛にも…。え~つまり全体的に考えてみると「ヤバイ」の一言です。安心のアの字も出ません。10日後には(プロフィール下段にある)FCにゃんきーすも復活をするので、それに向けてもう少し体力をつけなければ…。
とまあ雑談はさておき、今日はひさしぶりに日本のプロ野球について。もうそこそこ日が経ちましたが、パリーグでは日ハムが見事に1位通過を決めたようですね。前年プレーオフにも出れず、下馬評でも高くなかったチームとしては最高ですね。個人的にもちょっとうれしかったです。まあプレーオフで勝たなければ何の意味もないシーズン1位の肩書きですから、これからが本当の勝負でしょう。それでは時期的にも少し(あまり詳しくは書けそうもないのですが)パリーグのプレーオフ進出チームについて書きます。
1位、日本ハム・ファイターズ。球界一のエンターテイナー新庄の引退はどうやら本当のようですね(あの大袈裟な?パフォーマンスとかを見ると)。ちょっと前まではどうせ「現役復帰」というものをやってみたいんだろうとか(期待を込めて)思っていたのですが…。チームとしてはやはり今一番勢いがあると言ってもいいでしょう。シーズン最後の金村の言動はいい影響があるとは思えませんが…。もし金村という選手がチームメイトに愛されるような人柄であったなら話は別かもしれませんが。(金村を日本シリーズで投げさせよう!みたいな雰囲気になるかもしれないってことね。) チームの生命線でもある中継ぎに関してはあまり不安視されていませんが、僕は少しここに不安があるように感じます。経験がない選手が多いという点と、武田(久だったっけ?)などが絶好調だった頃に比べて少しバテてきているかな~という点です。プレーオフでは打線の集中力がモノを言いそうですね。全体的に見ると、既に1勝しているという条件はかなり大きいです。が、プレーオフでは何かが起こるといった雰囲気のパリーグでは何が起きるかほんとにわかりません。キープレーヤーはシーズン中もそうだったと思える稲葉。
2位、西武・ライオンズ。シーズン終盤の立場的にも最も優位だったです。ところがそんな大事なところでの戦いぶりはかなりお粗末だったのでは。経験のある選手が多くいるのにこの結果では…。非常に予想しづらいチームです。今年の西武は例年以上にムラがありますね。戦力的には、松坂で勝てなければ終わりでしょう。と言いたいところですが、一昨年もそうだったようにそうなるとも限りません。投手陣の調子に関係なく、カブレラと和田が絶好調になればかなり手強いはずです。総合力では西武が半歩有利な気もしますが、松坂、西口、カブレラ、和田などの主力頼りでは勝てないでしょう。キープレーヤーは許銘傑(プレーオフ、出るよね?)。先発が崩れればフル回転も?!
3位、ソフトバンク・ホークス。6連敗と最悪な形でシーズンを終えてしまいましたね。SBの課題は明確です。ずばりバッターが打てるか打てないかでしょう。今シーズンは投手陣だけでプレーオフを勝ち取ったと言っても過言ではないかもしれません。先発投手陣の層の厚さや安定感などは日本球界でもピカイチですからね。まあ中継ぎに若干の不安がありますが。問題の打線では、大村、川崎、ズレータ、松中らの活躍はもちろんのこと、それ以外の選手の奮起が必要でしょう。まさに「奮起」でしょう。若手の選手ががんばってほしいですね。しかし、勢いで日本シリーズへ!という姿は想像できないですし、実現しそうもないです。なので、せめて好調、もしくは普通の調子をキープしてプレーオフを乗り切るしかないでしょう。キープレーヤーは6、7番打者。カブレラとかそこらへんの選手ですね。退院したとはいえ、体調が気になる王監督に最高のプレゼントを渡すシーンも見てみたい気もします。

う~ん、やっぱり1位の日ハム(1勝からのスタート)有利でしょうかね。西武-ソフトバンク戦の勝者がいい形で次に進めれば一気に日ハムに3連勝なんてこともありえそうですが…、それではあまりに寂しいですよね。日本のプロ野球でのプレーオフは歴史が浅い分、予想しづらいです。ので今回は予想せずにプレーオフを楽しみたいと思います。中継してくれるのかな~。
今日はロッテ対日ハムをマリンスタジアムで観てきました。生まれて初めてパ・リーグの試合観戦で楽しみにしてたってのもあって開始3時間以上前に千葉マリンスタジアムに到着。そこからヒマと暑さとの戦いが数時間ありましたが、球場に入ってからは選手達の試合前のウォーミングアップを見ることができて、退屈せずに過ごせました。リラックスしてたり、真面目にバッティング練習していたりで選手によって様々でしたね~。こればっかりはテレビじゃ観ようもないので球場へ足を運ぶしかないよね。バレンタイン監督は試合開始直前までエキサイトシート(のような席)のファン達にサインを書いてましたよ。ああいう姿勢は素晴らしいですね。
さて、試合は熾烈なプレーオフ、3位争いをしている両チームの直接対決3連戦の初戦でした。4ゲーム差で3位日ハムを追うロッテとしては絶対に負けられない初戦。そんなわけでホームのロッテファンは試合開始前からだいぶ気合いが入っていました。といってもいつもそうなのかもしれませんが(いやむしろいつもそうなんだろうな)。試合はといいますと先発はロッテ・小林宏と日ハム・立石で始まりました。日ハムは1回に簡単に2アウトになりながらも3番、目下パの本塁打王・小笠原が小林宏の(…たしか)初球をいきなりバックスクリーン左へ(…たぶん)ライナーで運び先制しました。26号、お見事でした。ロッテも2回にウィルソン、今江の連続2塁打で同点に追いつき、中盤までは日ハムは動きなし、ロッテは小さなチャンスを何回か作りながらも得点には至らず…みたいな展開が続きました。しかしその均衡を破ったのはロッテ8番二塁手の青野のソロホームランでした。正直言いますと誰だ?!って感じだったのですが、とりあえず盛り上がりました。青野選手には失礼極まりないですが…、これで覚えたので勘弁してやってください。
その後なのですが、日ハムは1回くらい満塁のチャンスになったっけか。ってな感じの試合でして、チャンス(おっと、ロッテファンなので)ピンチらしいピンチもなく、小林宏は8回2アウトまで力投。そしてランナーを3塁においた場面で藤田と交代となりました。試合はその時点では2-1だったのでピンチといえばピンチだったのですが…、そこを替わった藤田が簡単に抑えたのでそんな印象はなかったです。結局その裏の攻撃にWBCで我らが日本代表の正捕手を務め、世界のベストナインに選ばれた里崎がソロホームランを放ち追加点!さらにヒットと死球などで1点を追加して最終回へと入りました。
そこからが本日のメインイベント。小林雅英登場であります。ここまで積み上げてきたセーブの数はプロ入り8年で199、史上3人目(大魔神・佐々木とヤクルト・高津に続く)の200セーブまであと一つと迫っていた守護神の登場でありました。スタジアムはもはや小林一色となっていました。小林雅はこの日も投球前にいつものようにピッチャーマウンド後方、2塁ベースの手前まで歩いていき、帽子を取って祈り(??)を捧げていました。先頭の小笠原を三振に取り、セギノールにフェンス直撃の2ベースを打たれるも、その後の2者からも連続三振を取りゲームセット。記念すべき通算200セーブは全てのアウトを三振で取る試合での達成となりました。最後の三振を取った時はもう拍手喝采でしたよ。僕自身も前日の試合で小林雅が200Sへ王手をかけたことを知っていたのでこの試合での達成を(ものすんごく)期待していたので嬉しかったです。
そんなわけでロッテにとっては(より)大事な初戦を勝利で飾ることができました。もっともこの3連戦は3連勝しなくてはプレーオフが本当に厳しいものになってしまうので、明日からまた気合いを入れ直してほしいところです(言われなくともやると思いますが…)。がんばれマリーンズ!
060818_2118~01.jpg

小林雅英が登場したシーン。
ってこんなんでわかるか!!
060818_1459~01.jpg

これは初代WBCの優勝カップ。
3日間だけマリンスタジアムで見れるのだそうです。ラッキーでした。
ちなみに僕は成田空港まで凱旋帰国を見に行った男です。一人で…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。