上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、徐々にサッカーW杯の開幕が迫ってきましたが(今日も「勝手にW杯勝手にGL突破予想!パート2」載せました!)、それより一足早くNBAファイナルがダラスにて開幕です。ダラス・マーヴェリックス対マイアミ・ヒート。共にファイナル初出場。これは1971年以来の出来事なんですね。そして共にオフェンスが持ち味のチーム同士。ひさしぶりにファイナルでコンスタントに100点を超えるゲームが観れるのではないでしょうか。
ここで訂正。
先日(3日)のブログでファイナルが6日に始まると書きましたが、全くのウソです。8日の木曜日(日本時間だと9日の朝10時かな)開幕です。
今日はダラス・マーヴェリックスの選手たち等を少し自分なりに分析してみたいと思います。
今年ついにただのプレーオフ常連チームからチャンピオンシップを狙えるチームへと変貌しましたね。チームの核はキャプテンでもあるノビッツキー。彼の活躍なしに優勝はありえません。Oではゴールへのアタックを中心に効果的にアウトサイドのショットも必要でしょう。バックコート陣はテリー、ハリス。テリー(チームで2番目のスコアラー)の活躍も必要不可欠です。ハリスは2年目の選手。持ち前のスピードでヒートのガードをあわてさせることができればいいのでは。Dはウェイドをどう抑えるのかが重要であり、かつ絶望的でもあるような。。
FWはハワード、ノビッツキー。ハワードはカンファレンス・ファイナルでの活躍を維持したいところ。彼の攻撃の能力は高いです。ノビッツキーは一試合も調子が悪くてもガンガン攻めなくてはいけないでしょう。
そしてC(センター)はダンピエーとジョップ(ディオプかな??)。ダラスのCは攻撃力はあまりないが、ことDに関しては結構力強いのでは(特に相手がシャックのような選手なら)。もちろんCの役割はシャックを止めることだけに集中されるでしょう。ダンピエー、ジョップ、場合によってはヴァン・ホーン、Ilunga-Mbenga(解読不可能)、ノビッツキー?!もシャックにつくのでは。誰がつくにせよ合計4つの体と24個のファウルをフルに使ってシャックを止めにいくべきです
最後にベンチ。スタックハウス、ヴァン・ホーンがメインになるのでは。スタックハウスはベンチスタートとはいえ、試合の半分以上出場する選手です。彼の得点力もかなり重要です。ヴァン・ホーンは身長のわりに器用な選手(器用すぎてこれといった武器があまりないのも事実)。彼はネッツ時代にファイナル経験があるのが強み。他にもダニエルズ、グリフィン、アームストロングらもいるが少量の出場に限られるでしょう。
全体的に見てもマブスは若い選手が多いです。ノビッツキー、スタックハウス(微妙か?)、ヴァン・ホーン以外はプレーオフ自体経験値が少ない。ファイナル経験者はヴァン・ホーン一人だけだし。(ヒートもファイナル経験者が少ないのは朗報かもしれませんね。)ただ今年のプレーオフはそういった経験値をかなり上げさせるものだったとも思います。OもDもアグレッシブに行くことが第一条件でしょう。「マブスらしさ」をファイナルでみせてくれることを期待してます。

明日はマイアミ・ヒートを分析してみます。
赤でハイライトされている2国が僕のGL突破するであろうと予想するチームです。

グループC
・アルゼンチン
コートジボワール
セルビア・モンテネグロ
・オランダ

死のグループですね。どの国も初戦の入り方が大事ですよね。アルゼンチン、オランダのどっちかはコケるような気がします。ヘタすりゃ両方もありえる。ってなわけで大穴狙いでこの2国(笑)。オランダの若手(&国内リーグの選手)中心っていうチーム構成もひっかかるんですよね。みんな上手いけど。アルゼンチンも若い(というか主力がW杯経験がない)ですよね?カギを握るのはセルビア・モンテネグロ。堅守を誇るチームにどこが勝利を収めることができるかです。コート・ジボワールも何か起こしそうですし。

グループD
メキシコ
・イラン
・アンゴラ
ポルトガル

この2強は堅いでしょう。メキシコ。意外とサッカー大国。GLでは手堅く突破するためのサッカーをするでしょう。前回大会ポルトガルのGL敗退を予想し見事的中させた私ですが、今回は突破するんじゃないかなぁ。たぶん。イランのGL突破は厳しいでしょう。アンゴラは全く未知。日本代表ともやったけど、冬の日本での試合は参考にならんだろうし。初戦のポルトガル戦で勝つことができたら決勝Tまでいけるのでは。厳しいとは思いますが。
どもっ!今日からブログのデザインも日本代表応援モードに切り替えてみました!06年の06月の06日.....不吉だったかしら.....
さてさっそく「私の勝手にグループリーグ突破予想!」グループA&Bをお届けします。

赤でハイライトされている2国が僕のGL突破するであろうと予想するチームです。

グループA
ドイツ
コスタリカ
・ポーランド
・エクアドル

開催国ドイツは組み合わせにかなり恵まれましたね。まずドイツの1位突破は堅いはず。このグループは日本の入っているF組と同じで2位を3チームで争う形。僕は北中米カリブ海のサッカーが結構好きなのでコスタリカを押してみました。エクアドルはホーム以外だとあまりかなと思いまして。ポーランド、知っている選手がいないからというだけかもしれませんが、どうしても決勝Tで戦っている姿が想像できないのであります。先日クロアチアにも勝ったみたいですが。

グループB
イングランド
・パラグアイ
・トリニダード・トバゴ
スウェーデン

この2強でまず間違いないのでは。スウェーデンが初戦のトリニダード・トバゴ戦で勝利を上げれなければわかりませんが。2強以外で可能性があるとしたらパラグアイ。堅守が健在という前評判だし、得点を許さなければ=勝ち点なので。初戦のスウェーデン戦で勝ち点を取ることができれば可能性が出てくるのでは。イングランドはスウェーデンに相性がよくないのが唯一の不安要素。最初の2戦で勝ち点を取りこぼせば危険信号?!トリニダード・トバゴはおそらく今W杯で最も弱い国の一つでしょう(失礼極まりない話ですが…)。
ドイツW杯開幕まであとわずかですね。どうなるんだろう。かなり楽しみです。今回はW杯での僕が期待する点や優勝候補などについて書こうと思います。
まず僕が今回のドイツW杯で一番期待してるのは、言うまでもなく日本代表の活躍です。なんせ中田ジャパン(こんな言い方聞いたことありませんが、中田が代表で核となってからの日本代表のことです。)にとって集大成の大会だからであります。中田だけでなく今の日本代表で試合によく出てる選手達はもうかれこれ5,6年は一緒にやってるのでは。そんなわけで今大会はチームとして最も熟しているのではないでしょうか。だからがんばってほしいです。
期待その二、近年のサッカーはW杯よりもUEFAチャンピオンズリーグの方に選手たちが力を入れているようにも見受けられますが、それをなんとか覆してほしいです。(まあ4年に一度の大会に毎年気合い入れてやるのも不可能ですが。。)おそらく今回の大会はそうなるのでは?というのも欧州の強豪国で代表引退をしていた選手たちが欧州予選で代表復帰して母国をW杯へ導くといった粋なことをしてくれたからです。フランスのジダン、マケレレ、チェコのネドベド、ポルトガルのフィーゴらかな。小さな子供たちにとってはW杯は特別であってほしいもんね。
期待その三、ずばりアジアの躍進。日本だけでなく、イラン、韓国、サウジもがんばってほしいです。前回大会の韓国のベスト4、日本の決勝T進出がまぐれではなくアジアの国も実力をつけてきていると世界に知らしめてほしいです。まあそれに加え、次回大会から予選でオーストラリアもアジア予選に加わるので、W杯本戦でのアジア枠が減ってしまったらきついというのもあります。せこい考えですいません。

なんだか長くなりそうなので優勝候補については明日以降に書かせていただきますね。

そして、欠かせないのは……、

やはり今回も、私の勝手にW杯グループリーグ突破予想!と題した個人的予想をさせていただきます。グループA~H。なんだったらグループWくらいまで予想しちゃいます。…はい、すいません。明日からこの予想も載せていきます。
NBA カンファレンス・ファイナル
ウェスタン・カンファレンス 第6戦
ダラス・マーヴェリックス 102 - 93 フェニックス・サンズ

マブスが後半18点差をひっくり返しての逆転勝利。これでヒートとともに初のファイナルへの進出を決めましたね。前半はかなりひどい内容でハーフタイム時に12点のビハインド、ところが後半は選手たちがアグレッシブに攻撃を仕掛け見事逆転。後半だけでサンズに21点もの差をつけてましたからね。ひどい内容の試合をしていても勝利を手にすることができる。強いチームの証でしょう。(今年のマブスはシーズン中も20点差以上を逆転勝利したことが数試合あった。)
今年のマブスは今までのマブスとは一味も二味も違います。ロスターが変わったのもありますが、プレースタイルもかなり変わりました。ファイナル進出の最も大きなカギとなったのは、前にも話した通りエーブリー・ジョンソン監督の下でDを強化を図ってきたこと。そしてこれも前にも話しましたが、ノビッツキーの変化。彼はほんとに変わりましたね。OでもDでもフィジカル面で大きく成長(というかもともとあった能力を開花させたというか)しました。間違いなくチームのMVPはノビッツキーです。リーグMVPを獲っていてもおかしくないです。
さて、これで今年のNBAファイナルの両チームが出揃ったわけでありますが、今年はどんな勝負を繰り広げてくれるのでしょうか!個人的に応援していた2チームがカンファレンス・ファイナルで負けてしまったのは残念ですが、ダラス対マイアミ。なかなか楽しみであります!

p.s. なお来週からドイツW杯が開幕するため、できるだけW杯と同時にNBA Finals の方も更新していきたいと思っています。いろんな情報や得意の予想なども載せていくつもりです。NBAが終わるまで怒涛の2週間、乞うご期待!どうぞよろしくお願いします
2006.06.03 HEATing up!!
NBA カンファレンス・ファイナル
イースタン・カンファレンス 第6戦
マイアミ・ヒート 95 - 78 デトロイト・ピストンズ

こんな感じでヒートがチーム創設18年目にして初のファイナルへの進出が決まりましたね。個人的には意外な結果になりましたが、今のヒートはかなり強いです。シャックが昨年チームに加わってから突如タイトル・コンテンダーへと変わったわけでありますが(シャックが来なくても数年後にはそうなる気もしましたが)、2年目のプレーオフ、この時期になって一気に真の実力を発揮し始めたのではないでしょうか。
というのもヒートは今年NBAで最も戦力補強をしたチームの一つでした。ゲーリー・ペイトン、ジェイソン・ウィリアムズ、アントワン・ウォーカー、アロンゾ・モーニング、ジェームズ・ポージーらといったどこのチームにいってもスターターで活躍できる選手達を一気に集めたのですが、シーズンの序盤からどこかそれぞれの選手がチーム内での自分の役割を演じ切れない(もしくは理解できない)ことが多く、それに加え二本柱の一人であるシャックの怪我などもあり、シーズン途中から名将パット・ライリー監督を再雇用したもののチームとして機能することがなくプレーオフに進んだのであります。
しかし監督がチームを一つにまとめたのか、選手たち各々がまとまろうとしたのか(まあ両方でしょうが)、ここにきてついに理想とした「チーム」になったのであります。おそらくこうなったのはシャックの影響が大きいと思います。彼はヒートに移籍してからずっと「ヒートはウェイドのチームだ」と言い続け、若いウェイドを精神的に支え続け(プレーに関してもウェイドのプレーの幅を広げさせたのでは)、自分の得点やプレー時間の少なさといった自分の不満を口にしてチームを分裂させるようなことはしなかったからである。身長216センチ、体重150キロの巨躯でかつてのような暴れん坊のような活躍は自分から控え、34歳の年齢というベテランぶりを活かして、チームを内外部から支えたシャック。チームのMVPはウェイドと言うが、本当のMVPは14年目の新しい面を見せたシャキール・オニールと言えるのではないでしょうか。
ヒートは現地時間6日(火)にサンズーマブスの勝者のホームでNBAファイナル第1戦を迎えます。ひさしぶりのニューフェイス同士のファイナルになるんですね(シャックはそうでもないが…)。なかなか楽しみです!アツい戦いを期待しましょう
2006.06.02 Raja Bell's Return
今日は近くの成田空港まで夜の飛行機を見に行ってまいりました。大学の友達と…男3人で…まあ周りはカップルがやっぱり多かったですね。空飛ぶ飛行機(なにやらおかしな表現ですが)を間近で見るとそりゃあもう圧巻の一言です。それにしてもなぜあんな物が飛べるのかはいまだに信じられません。僕にとっては永遠のテーマともいえるべき現象です。(永遠に悩んでろと言われてしまいそうですが。。)携帯カメラで撮ればここにも載せれたのですが、カメラの存在自体忘れてました。


さて、話は変わりますが今日から6月ですね。あっ、もう2日になっちゃいましたが。今年の6月はサッカーW杯開幕の月。ですがNBAファンにとって毎年この時期になると気になるのはNBA Finalsですね。あと2、3試合でその舞台に上がる2チームが判明します。ここからが本当の戦いといってもいいんです(川平慈英風)!

ウェスタン・カンファレンス・ファイナル
昨日の夜サンズ対マブスがテレビでやってたので少し観ていたら、なんとびっくり!ラージャ・ベルが戦線に復帰してるじゃないですか!結構重い怪我なのかなと思っていたのでほんとビックリでした。彼はサンズに必要な選手です。サンズはナッシュのチームだけれど、チームのハートはベルです。ミスの少ないプレーと厳しいDでチーム全体を盛り上げる選手なのです。
そんなベルの戦う姿勢がチームに影響してか、第5戦は今までにない大差のゲームとなりましたね。(マブスは今年のプレーオフでは5点差以上で負けたことがなかった。) 第3Qの途中までは接戦だったのに、2点差に縮まったのを最後にサンズがそこから第4Qの終盤までに一気に25点差に広げてました。やはりサンズはスリーが入ると波に乗りますね。バルボーサもすごかったけど、第4戦のヒーローはディアウ。彼、派手なダンクもできるんですね大差が開いたシーンではサンズのDも頑張ってたからっていう見方もあるけど、マブスのオフェンスが急に崩れたっていう感じに見えたかな。次の試合の序盤でもそのリズムを引きずるようであれば危険ですね。
これで2勝2敗のタイ。次の第5戦はいうまでもなく重要な試合。お互いに第4戦の最後は主力を休ませることができたので、両チームそこそこリフレッシュできたのでは。よってかなりアツい試合展開が予想されます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。