上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.09 Mavs Take Game 1
NBA Finalsが開幕しましたね!
Game 1
ダラス・マーヴェリックス 90 - 80 マイアミ・ヒート

マブスが第4Qにヒートを突き放して勝利となりました。いやそれにしてもマブスは底力をつけましたね。第1Qはひどい内容でしたが結果的には勝利を手にするのですから。
マブスのスターティング・メンバーはデビン・ハリスではなくシーズン中スターターだったDのうまいエイドリアン・グリフィンに戻してきましたね。やはりジョンソン監督はD重視できましたね。先日100点を超す試合をみれるのではと書いていましたが、どうやらそれも実現はあまりなさそうです。両チームともOが持ち味ではあるものの、考えてみれば隠し味がDでした。ラーメン屋と一緒で隠し味が勝負を分けますね
第1Qはヒートが70%以上のFG成功率で31点を上げ8点のリードを奪いましたが、ハーフタイムまでに(というか前半終了間近の数分の10-0のランだけで)マブスが逆転まで持っていきましたからね。地の利といえばそうなんですがしっかり逆転するのは言うほど簡単ではないです。特にテリーの前半だけで20得点は素晴らしいの一言です。そしてびっくりするのがそんなテリーが第3Q得点はおろか1本もシュートを放っていないところ。そんな彼の第4Qでの活躍がなければ今日の勝利はなかったでしょう。Oではノビッツキーが不調でも要所でスリーを決めたり、相手を引きつけながらのアシストなどもあり、テリー中心に取るべき選手が点を取った感じでしょうか。DはゾーンDが思いの他的中したのでは。ローテーションもしっかりやって、シャックを自由にさせなかったのも大きいです。ジョップ、ダンピアーらは非常によい働きを見せてました。修正点は強いて挙げればゾーン時にはウォーカーには誰かしらチェックしとくべきでしょ。
一方ヒートの方は持続性を欠くといったチームの悪い時の流れがはっきりと出ましたね。相変わらずターンオーバーは多いですし、この戦いぶりでは優勝はないでしょう。O面ではウェイド、シャック、ウォーカー、ウィリアムズ以外はほぼ無得点といってもいいくらい。FTをウェイドとシャックしか打っていないのも気になる点。ウォーカーはいい働きをしていたが、もう少しインサイドでファウルをもらうような強引さも必要では。それ以外でももう少しベンチを含め得点を上げなくては。D面では相手のカットインに対してもう少し激しくチェックにいくべきでしょう。おそらくそこは修正してくるはず。ノビッツキーに対してはいいDができていたので、基本マンマークでついてノビッツキー以外の選手達を波に乗せない様要チェック。両チームとも第2、第3の選手たちがファイナルの勝負の行方を分けます。

Play of the Game:第3Q終盤のウェイドの2人の間を抜けてからのノビッツキーの上からのダンク.....の直後のマブスのオフェンス。ダンクの3秒後にヒートのゴール下でレイアップをファウルされた場面(ハリスの速い運びからスタックハウスへだったかな?)。マブス側に悪い印象を残しそうなプレーを一瞬で忘れさせたのでは。

次の試合の見どころ:ジョップ。Oでボールを持った時の浮き足ぶり。
スポンサーサイト
赤でハイライトされている2国が僕のGL突破するであろうと予想するチームです。

グループG
フランス
・スイス
韓国
・トーゴ

フランスの優位は堅いかな。ジダンの最終章も楽しみです。ただシセの離脱にチームががっかりしてるのが心配(前回もジダンのケガでみんな動揺しまくってたしなぁ)。韓国かトーゴ迷います。初戦で決まるでしょう。韓国は前回大会の成績のため、GL敗退では国に帰れない?かも??かなりのプレッシャーを受けてるのも事実でしょうが、そういった状況に強いのも確か?!国民性というか。トーゴは初戦の韓国戦に勝てば可能性は十分にある(五分五分でしょう)。スイスはGL突破は比較的楽と考えているのでは。欧州予選でも同組だったフランスとの初戦でつまづく(そのまま波に乗れず)と予想。

グループH
スペイン
ウクライナ
・チュニジア
・サウジアラビア

こんなこと言うのも変ですが、最も影の薄いグループかなと。欧州ではグループFも似たような印象かもしれんが。スペインはこれ以上ないくらい組み合わせに恵まれたのでは。チュニジアは意外と強い可能性もなくはないが、ウクライナが予選の時のように戦えばウクライナに勝利するのは厳しいでしょう。ウクライナはW杯での経験のなさが不安。シェフチェンコが活躍すればGL突破はできるでしょう。サウジ。アジア勢の躍進を決定づけるためにもがんばってほしいが、、厳しいよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。