上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.13 落胆。
日本負けましたね。
昨日は試合終了後、しばらくはなんとも言えないイライラ感が残ってしまい、直後の試合のハイライトやニュースなどで日本代表の話題になるとチャンネルを変えるといった幼稚的な行動をとってしまいました
それにしても痛過ぎる敗戦です。同点まではしょうがないとして、逆転はいただけない。3点目なぞ言語道断同点に追いつかれて気が動転しちゃった模様です。得意のギャグです。あまりのくだらなさに怒りを覚える人も多いかとは思いますが、僕も昨日の日本代表のふがいなさには少なからず怒りを覚えてしまいました。後半39分までは選手達はほんとによくやっていました。まあ追加点のチャンスを潰すことはありましたが。いやだからこそ昨日の試合の敗因はジーコにあると思うんです。
まず第一に「監督として試合を観ていたのか?」という疑問が頭に浮かびます。後半の中盤くらいからはカウンターがチャンスになるといった日本の流れになっていましたよね。そこで疲労を見せたFWをなぜ代えないのか。監督としてピッチサイドにいるならばそれを事前に把握して(というかあの暑さの中で後半体力が落ちるのは誰でもわかること)早めに相手にとってはいやな動きをする大黒と交代させるべきなのでは?しばらくしてから交代はあったもののなぜ柳沢に代わって小野なのか。そんなシステムを試合で試したことはあったのか?もう1点を取りにいくのか、1点を守りにいくのか、戦術に一貫性がないというか…全くわからなかったです。結局そのどっちつかずで、後手後手へと回った監督の采配が敗戦へと繋がったのではないだろうか。
僕は昨日のオーストラリア戦で、日韓W杯直後からの日本代表に対する胸の奥底にしまってあった不安のようなものがやっと表面に、目に見える形となって表れたように思えました。そうです、ジーコに対する不安です。監督として全く実績のないジーコでしたから。
そういった不安がくしくも一番大事な大会、いや一番大事な試合で答えが出たような気がします。選手達の独創性や実力を信頼、評価してくれる点は良いのですが、まだまだ日本代表はブラジルのようにほっておいても勝利を手にするような選手が揃っているわけではありません。まだまだ「戦術」というある程度の「型」にしばられるという事が日本には必要なのではないかと思います。いってみれば一人ひとりの選手にはっきりとした仕事、役割を与えることです。日本はそういう与えられた仕事はしっかりするといった国民性を持っています(少し話は逸れますが、サッカーと国民性って大きく関係していると思いませんか?)。現に日本の特徴といえば良くも悪くも「組織力」ですから、だったらはじめから長所をさらに伸ばす「戦術」を取り入れるべきだったのでは。繰り返しになるようですが、選手たちだけでは「組織力」には限界があります。ジーコがそういった「組織力」を磨くよう指揮してきたとは思えません。

え~結局ジーコへの不満、愚痴のオンパレードとなってしまいましたが 監督を責めるのは簡単ですし、とりわけサッカーというスポーツには監督批判、更迭という事態は多く見られます。しかし、どのスポーツも選手たちがやるものですし、監督の采配が直接勝敗を左右することはそんなに多くはありません。つまり最終的に勝負を分けるのは他の誰でもなく選手たち自身です。ですがチームを作るのは監督です。監督なしにチームは成り立ちません(成り立ったとしても長期的ではないはず)。勝負はチーム作りから始まるものです。選手間の信頼感、また監督への信頼感が揺るぎないものであればあるほど、勝利への道がより鮮明に見えてくるものではないでしょうか。
最後に安西先生。
「何が起きようとも揺らぐことのない―――断固たる決意が必要なんだ」
  「スラムダンク」 第25巻 より
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。