上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日2度目の更新。サッカー編。

日本クロちゃんと引き分けてしまいました。これでGL突破という目標がほぼ確実に断たれてしまいましたね。
試合前はなんだかんだでやはりテンションも上がり、期待もふくらみ、興奮状態で試合開始を迎えたわけなのですが、残念ながら終わってみれば不満ばかりが残ってしまいました。初戦のオーストラリア戦ほど失望感、虚無感でいっぱいになるといったことはなかったものの、やはり初戦同様なんともいえないイライラ感に襲われました
一夜明けてできるだけ冷静に試合内容を振り返ってみようと思います。まず昨日の試合は勝たなければいけない試合でした。数字上は昨日の試合は引き分けでもまだ可能性が残されていましたが、もしそうなれば次のブラジル戦に勝たなければいけないわけであります。選手達はもちろんクロアチア戦は絶対に勝たなければいけない試合だと認識していたと思います。確かにオーストラリア戦よりは攻撃的になっていました。決定的なチャンスもあり得点を予感させる時間帯、プレーも多少はありました。しかし、そこで決めることができなかったのが日本のFWの弱点であり、日本のチーム全体の弱点でもあります。
今大会を通してみてもやはり得点を入れた選手の大半はFWです。何も今大会に限らず、サッカーというスポーツはいつの時代もそういうものですよね。ではなぜ日本のFWはここまで決定力がないのか?これにはFWだけでなく現代の日本のサッカーの資質が大きく関係しているのだと思います。もちろん一番の要因はFW自身の積極性のなさ。何がなんでもシュートを打って相手ゴールをこじ開けてやるんだ、という気持ちのなさですね。まずシュートを打たない、とりあえずパスコースを探すFWが日本には多いです。そして日本は長所である組織力から攻撃を組み立てるのですが、攻撃的MFもなぜかシュートよりパス先行の考えの選手が多いです。日本の選手達はなぜか「キレイ」に相手ディフェンスを崩して、「キレイ」なシュートを打ちたがります。それは観ている側からもプレーしている側も「キレイ」な崩しからの「キレイ」なシュートの方が気持ちいいでしょう。でもそんな「キレイ」なゴールなんてものははっきりいって一試合で1回あるかないかではなく、数十試合で1回あるかないかではないだろうか。今W杯でもそんなゴールは今のところ2、3といったところです。それも世界の強豪国、優勝しても誰も驚かないような国々がたまにしか魅せることのできないものです。そんな「キレイ」なゴールをいつまでも決めようとする日本のサッカー、選手たちに大いに不満を覚えます。ゴールとは「キレイ」なものより泥臭いものの方が多いものです。
つまりこの日本の弱点を克服するには基本からの建て直しが必要なのでは。もっと気持ちを前面に出し、体ごとゴールを決めるような泥臭さを持ってプレーが必要だと強く感じます。

さて話を昨日の試合に戻します。いきなりですがはっきり言わせていただきます。三都主は試合に出すべきではありません。素人が観ていても彼の動きの質には失望させられます。サッカーを知らないのではと思ってしまいます。Dをしっかりこなさなきゃいけないポジションで彼を使い続けるジーコにも同じことが言えます。昨日のクロアチアのような高さのある選手が多い相手に対して、サイドから簡単にクロスを上げさせる(しかもそれをただ見ているだけの)DFが世界のどこにいますか?日本にしかいません。昨日の試合での一番の不満は三都主でした。これ以上は公共の場ではとても…
他にはDFのクリアボールを処理する際の余裕のなさ、残り10分を切ってからの体力と根性のなさ。疲れているのはわかりますが、そういった時こそ根性を見せるべきでは。そもそも日本が世界と戦うにはそこが一番の長所なのでは?どれも中途半端です。まあ不満はここまでにして最後は良かった点で締めくくりたいと思います。
まず神降臨。川口最高でしたあのPKを左手一本で止めることのできるGKが世界にどれだけいるか。やはり大舞台に強い川口はW杯に欠かせません。間違いなく今大会日本のMVPですよね。中田英も素晴らしかったと思います。ミドルもよかったし、後半疲れていてもがんばって走っていましたね。やはり攻守において存在感たっぷりでした。後半から出場した稲本もよかったです。DでもOでもいいところに顔を出していましたし、やはり世界の選手たちと当たっても負けない体の強さは必要だと感じました。体は世界と戦う上での基本ですね。中村は要所で巧さを見せていました。体力のなさが目立つけど。

またまた愚痴のオンパレードとなってしまいましたが、最後まで読んで下さった方々、どうもです、そしていつもすいませんほんとはもっと明るい材料も個人的に見えたのですが、それは日本のW杯が終わってから書こうと思っています
今大会最後となる(奇跡中の奇跡でも起こらない限り)ブラジル戦では、のびのびとプレーをしてほしいですね。戦うからには勝利を目指して!そして世界を驚かせる試合をしてくれることを祈っています
スポンサーサイト
2006.06.19 WADE in Charge.
NBA Finals Game 5
マイアミ・ヒート 101 - 100 ダラス・マーヴェリックス

ヒートが延長までもつれた接戦を制して3連勝。3勝2敗と王手をかけました。今日の試合は全体的にみて、重要な試合ということもあり、どちらも手堅く(言い方を変えれば大事に)ゲームを運んでいましたね。差がそこまで開くこともなく、ファスト・ブレイクも少なく、観ている側としては少し物足りなさを感じてしまう試合でありました(僕だけかもしれませんが)。
ヒートはなんといってもウェイド。FTだけでも21点(ファイナル新記録)、合計43得点と今ファイナル2度目の40点越えをしてみせました。FGはあまり入らなかったとはいえ、特に勝負所では外しませんでした。彼を止めることのできる選手はそうはいないでしょう。シャックもいい試合をしました。FTがあいかわらず入らなかったのは致命的になりそうでしたが、それ以外ではOでもDでもかなりの存在感を示していましたね。ハズレム、ポージーはDでノビッツキーをシリーズを通してよく抑えていますし、ポージーはOでも相手からすれば痛いところで効果的なショットをいくつか決めていました。しかし他の選手の出来はいまいちだった気がします。ペイトンは勝負所でいくつかビッグ・ショットを決めましたが、それ以外は目に見えない(数字に表れない)ミスが多かったのでは。ウォーカーは第1Q以外はいいところがなかったように思えます。
しかし今日の試合に関しては要は勝利を手に入れればいいわけであります。今日悪かった点は次の試合でいくらでも修正できるようなものばかりでしたし。あとはアウェーでの2試合、今の流れを殺さずに最後までもつれる試合展開にもっていけば優勝が可能でしょう。もちろん最後はウェイドの手にボールを…
マブスは最後の詰めが甘かった。第4Q終盤のノビッツキーのFT失敗や、OT終盤でのハワードのFT2本連続失敗。ヒートがFTをことごとく外していることを考えればおあいこと言えますが、あそこはFTを沈めなければいけないところです。直接的な敗因はこの勝負所でのFT失敗と(これはどうしようもない気もしますが)ウェイドを止めることができなかったことでしょう。
しかし、この日一番のミスはOT残り2秒弱の時点でウェイドがFTを打っている時に起こりました。1本目をウェイドが決めて同点となった時にハワードが監督からの指示を勘違いしたからなのか、マブス最後のTOを要求してしまったところです。本来であれば、2本目をウェイドが決めた直後、もしくは外してマブスの選手がリバウンドを取った直後にTOを要求するものです。そうすれば(NBAルールでは)自動的にハーフラインからのボール出しになるからです。ところがこのハワードのミスによってマブスはTO明けに自陣のゴール下から通常にボール運びをしてから最後のシュートを放つはめになってしまったのです。(2秒弱の)この条件では奇跡でも起こらない限りまともなシュートは打たせてもらえません。結局試合はウェイドの2本目のFTが決まりヒートが逆転した時点で事実上終了となってしまいました。
マブスにとっては非常に痛い結果となってしまいましたね。そしてハワードにとっても非常に苦い経験となりました。途中までは素晴らしい活躍をしていただけに、チームの勝利への最後の可能性を自分が奪ってしまったという点が彼に精神的に大きくのしかからなければいいのですが。こういった大舞台でのミスは同じ舞台の上でしか返せないものです。早めに返せなければこの先(ハワードはまだまだ先が長いし)のバスケ人生の運命を変えてしまうものになりかねません(もちろん良い方にではありません)。(95年のファイナル、マジックのニック・アンダーソンがその例ですかね。)ハワードは若くていい選手ですから、ぜひ第6、7戦で取り返してほしいものです。

Play of the Game:OT残り9秒、1点負けている状況でのヒートのハーフラインからのインバウンドのプレー。ウェイドがバックコートに戻ってからボールをもらいにいったところ。最初からフルスピードに乗ってアタックできたかなと。
次の試合の見どころ:ホームコート・アドバンテージ。

なんだか後半は説明やら心配やらで当初書く予定だったものが書けなくなってしまいました。。いつもながら書いているうちに考えがまとまらなくなってしまい自身の文才の問題です。次回は6月16日の「次戦のみどころ」に書いたマブスのドリブルについて書きたいと思います。書けるような試合展開になればの話ですが
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。