上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.22 First Ring
本日3度目の更新です。バスケ編。

NBA Finals Game 6
ダラス・マーヴェリックス 92 - 95 マイアミ・ヒート

マイアミ・ヒートが2連敗の後4連勝して初のNBAチャンピオンに輝きましたね
昨日は用事があってヒート優勝の瞬間を中継で見ることができなかったのであります。勝つことも大体予測がついていただけにかなり残念です!何が?といえばウェイドの初優勝シーンが見れなかったことが一番残念です。3年前ウェイドのプレーを初めて観た時、久しぶりにNBAで主役になれる男が出てきたと直感しました。初優勝まではもう少しかかるかと思っていましたが、シャックの加入も助かって、24歳という若さで初のファイナルMVPに輝きましたね。
ファイナルでのウェイドはまさにアンストッパブルでした。彼ほどEXPLOSIVENESS(爆発力)という言葉がフィットする選手は今までにもそうはいなかったのではないかと僕は思います。ドライブする時の彼はスピード、パワー、ボディーバランスといった全ての面で他を圧倒する力を持っています。ミドルレンジのシュートも得意ですし、これからもっとアンストッパブルになっていくのではないでしょうか。(Dも集中すれば超一流モノです。)そして彼はこれからは「NBAの顔」となっていくであろうと感じています。
今年のファイナルでは稀にみる見事な、かつはっきりと目に見えるターニング・ポイントがありましたね。第3戦の第4Q、残り6分強といったところです。(6月14日のブログで少々書いていますので、もし興味があったら読んで下さい分かり易いかどうかは不明) もしあの試合をマブスがそのまま勝っていたら、もしあの時シャックがFTを決めていなかったら、もしあの時審判がシャックのファウルを取っていたなら、とスポーツでは禁断のたらればを繰り返してみましたが、おそらく全く違った結末になっていたことでしょう。マブスからみればこの現実はかなり厳しいものとなってしまいましたが、(非常に残念ながら)そのたらればの一つに自分たちではどうしようもないものも含まれていたことが大きな敗因(の一つ)になったことも事実でしょう。まあそんなことも含めてのスポーツですから、単純に今年のマブスは優勝に値しなかったと言うべきでしょうか。(一度ヒートにいってしまった流れを取り戻せなかったことが一番の敗因でしょう。)マブスは来年以降も優勝を狙えるチームですから、今年の経験を活かして来年またチャレンジしてくることを期待しています。
話をヒートに戻して― 今回の優勝はシャック以外のヒートのメンバーにとっては初優勝でした。アロンゾ・モーニング、ゲイリー・ペイトンらのベテランにとっては悲願のリングを手にすることができたわけであります。個人的には特にモーニングの優勝は非常に嬉しいことでした。ホーネッツ時代から好きな選手の一人でしたから。Zo!!おめでとーっ
肝心の試合を観ることができず、ここで試合内容について語ることができないのが残念です再放送やらないかな。 これで今年のNBAが幕を下ろしたわけでありますが、来年のNBAではどんなことが起こるのか今から楽しみであります
これからもNBAネタについて書いていく予定でいるので、当ブログを読んで下さっているNBA好きの方々、どうぞ楽しみにしていてください!(なんだかブログ自体終わりを迎えるみたいな空気、文章になってきましたがそんなことはありません。)
スポンサーサイト
グループC 最終順位 勝ち点
アルゼンチン 
オランダ 
コートジボワール 3
セルビア・モンテネグロ 0

予想は全外れアルゼンチンは強さと決定力の高さが目立ちました。ブラジルに次ぐ優勝候補といっていいでしょう。オランダも優勝候補の一つ。速さとうまさ(と若さ)でどこまで上がっていけるかに注目したいです。コートジボワールは先制点を上げることが出来ればまた違う結果になったのでは。この組以外なら間違いなく決勝Tへ行けたでしょう。セルビア・モンテネグロ。W杯本戦では欧州のチームにはなぜか予選時とは異なるチームになる国が毎回現れる。それが今回はセルビア・モンテネグロだったのでは。

グループD 最終順位 勝ち点
ポルトガル 9
メキシコ 4
アンゴラ 2
イラン 1

この組は予想的中。まあ無風と言われていた組でしたが。ポルトガルは予想以上の結果になったように思われます。決勝Tは1966年イングランド大会で3位になった時以来なんですね。デコの活躍なしにオランダ戦に勝利はないでしょう。メキシコは予想以上に苦しい戦いになりましたね。サポーターも勝ち点4での突破は若干失望したのでは。これからも厳しい戦いになることは必至です。アンゴラはあとアフリカ特有の試合中の集中力の持続力のなさが致命的になったのでは。次回も参加できるかは不明だが、こういった国が現れたことでアフリカのレベルが上がることは確かでしょう。イランはこんなところでしょうかね消化試合となった最終戦も必死に戦っていたのは(当たり前とはいえ)素晴らしいことです。
グループA 最終順位 勝ち点
ドイツ 
エクアドル 
ポーランド 3
コスタリカ 0

結局このグループの試合はほとんど観ないで終わってしまいました。僕の予想ではドイツとコスタリカだったのですが、コスタリカ、、無残!エクアドルはFWの決定力が最初の2戦では光ってましたね。ポーランドは初戦のエクアドル戦が全てでしたね。開催国ドイツ!試合を重ねるにつれてよくなっていますね。やはり強いです。決勝Tではいい流れでなくなった時にいかに戦うかがポイントとなるでしょう。エクアドルは守る時間が長くなると思われるので、カウンターの切れ味勝負かな。

グループB 最終順位 勝ち点
イングランド 
スウェーデン 
パラグアイ 3
トリニダード・トバゴ 1

予想的中!やったねまあ予想は簡単な組でしたが。イングランドはオーウェン帰国だそうですね。あまり調子良くなかったからそんな痛手ではない気がするのは僕だけでしょうか?絶好調なら痛すぎる話ですが。スウェーデン戦ではまたしても勝てなかったものの、首位突破を決めれたということで気にすることではないでしょう。(スウェーデンとはもう当たらないだろうし。)スウェーデンは苦労したが決勝T進出。1回戦のドイツ戦ではいい勝負になるのでは?パラグアイは紙一重でGL敗退。2敗は両方とも引き分けに持ち込めた試合だっただけに残念な結果に。トリニダード・トバゴは最下位だけど、善戦したというべきかな。初出場で勝ち点を取れたのは立派です。(実力的にはアジア5位のウズベキスタンといい勝負のチームだと考えれば!)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。