上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
決勝T開始に伴いまして先日(6/24参照)恒例のMy Pick!!をやらせていただきましたが、その結果が出ました。皆さんも少しは試合結果の予想をしていたのではないでしょうか?それではかなりいい結果でしたのでウキウキ気分でお送りいたします。

ドイツ 2 - 0 スウェーデン
アルゼンチン 2 OT 1 メキシコ
イタリア 1 - 0 オーストラリア
スイス 0(0) PK (3)0 ウクライナ
ベッカム 1 - 0 エクアドル
ポルトガル 1 - 0 オランダ
ブラジル 3 - 0 ガーナ
スペイン 1 - 3 フランス

予想結果は7勝1敗なんとスイス対ウクライナ戦以外は的中しましたよ(驚)!あれ?そんな驚くことでもない?たしかにそんなに難しくはなかったかも…いやだがしかし!ポルトガルとフランスの勝利を当てれたのはよかった!おもしろいもので、こうやって予想してみると応援していなかったチームでもなんとなく応援して観てしまうものなんですよ。我ながら小さい人間だとも思いますが…まあゴール数の予想は全はずれで終わったのですが、さすがにゴール数までは…。。
というわけで今回は幸運にもこのような結果となりました。次回も「ベスト4予想」を載せていくつもりです。このMy Pickに関しては(もっといえばこのブログも?!)完全なる自己満足です。…が、これを読んで下さった皆さんも意見、予想などがあればコメント欄に残していってくださると嬉しいですそれではまた次回!
スポンサーサイト
フランス対スペイン戦は素晴らしい試合となりました。決勝T1回戦の中では間違いなくベスト・ゲームだったように思えます。
フランスはこの試合にかける強い思いがはっきりと目に見えた試合でした。ここでジダンを引退させるわけにはいかないという思いが。対するスペインもいつになく気持ちのこもった試合を見せてくれたように思いました。しかしスポーツとは勝ちたいという気持ちの強い方が勝つとよく言いますが、この試合に関してもその気持ちの差で結果が分かれたのではないでしょうか。
フランスは攻撃面では序盤からロングボールを多く使うといった多少単調な感はありましたが、そんな中ジダンがボールを持つと少しリズムが変わるといった試合運びをしていましたね。守備面では前線からのプレッシャーもかけ続け、ボランチやDFも1対1では負けることなく、非常に守備意識が高かったです。この試合ではスペインに思い通りにさせたことはほとんどなかったのでは。
スペインも今大会を通してチームとして一体感を保った非常にいいチームだったと思います。守備面では最終ラインを早めに上げることを徹底していましたね。攻撃に関しても前線の選手が孤立してしまう場面など全くなく、2列目3列目から選手が上がってきて(多くはなかったけれども)チャンスを作っていました。しかし先制のPKを決めたまではよかったものの、フランスの守備能力の高さ相手には、ボールキープはできていたものの決定的なチャンスは一試合通して1つ2つだけしか作れなかったように思えます。
試合は結局きわどい判定で得たFKからヴィエラが頭で押し込んだゴールが決勝点となりました。気になったのは結果的にフランスの同点ゴールとダメ押しゴールとなって表れたスペインの守備の問題点。この2つのゴールはスペインが最終ラインを高く上げた後、フランスの2列目からの飛び出しによるものでした。両方最終的にはGKと1対1の場面を作られての失点。日韓大会の日本代表のフラット3の欠点と同じですよね。今大会を見ていて思ったのは最終ラインを極端に上げるチームが少ないという点です。まあ多くても一試合で数回しか見たことがなかったのですが、この試合のスペインは結構何度も上げていたように思えます。その結果何度もオフサイドを取っていたのも事実ですが、やぶられた時のことを考えると(負けたら終わりという状況の中では)かなりのリスクを伴っていたのでは。フランスの3点目はまあ攻撃に人数を割いている中での逆襲でしたからしょうがないものの、1点目の時や他にも数回抜かれたら失点というシーンが多かったように思いました。
まあこの試合はフランスの強さが目立った試合だったのでは(スペインも強かっただけに)。かつての輝きを取り戻したかのような印象も少し受けました。こんなに強いフランスを見たのは日韓大会直前以来でした。これでジダン最終章の続きがまだ観れるわけでありますが、次はブラジルとの対戦。非常に厳しい戦いになるでしょうが、この試合でみせたようなフランスをまた観せてくれるよう期待しています。


ブラジル対ガーナ戦では王者ブラジルの余裕を感じさせられました。なんだかブラジルというチームは点を取りたければいつでも取れるんじゃないかと思うほど。そして今大会のブラジルは守備意識も実はかなり高いです。攻撃面では点を獲りにいく時は確実に、守備面では失点の危険性がある時はしっかり人数も増やして、といったように局面局面でしっかりと仕事をしています。全世界が期待しているブラジルのサッカーはいまだに魅せることができずにいますが、今大会のブラジルチームには全世界が期待している(??)ブラジル「優勝 -結果-」の期待に応えようとしているのでは、とふと感じた試合でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。