上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はひさしぶりにメジャー話題でいこうかな。日本でも今やおなじみとなったニューヨーク・ヤンキース。先発9人の年棒を合わせると200億円を超えるといった超豪華ライナップのチームですね。今年は松井がケガというアクシデントもあって例年ほどヤンキースの情報は日本のニュースでもやっていないのかな。それでもちょくちょくやっている方だから日本人がいかに松井を好きかっていうのがよくわかる気がします。まあ日本でいう巨人みたいなチームですからね。何かと話題には事欠かない球団です。
メジャーではヤンキースのみで選手生活を送ったという選手が優勝リングを持っていないというケースはごく稀なんです。まあそれもそのはず、26回のワールドシリーズ制覇を成し遂げているわけですから。ちなみに次に多いのはセントルイス・カージナルスとオークランド・アスレチックスの9回だから、いかにヤンキースが群を抜いているかがわかりますよね。まあそんな話はさておき…、今年のヤンキースはケガ人続出のわりにここまでは非常によく戦ってきました。
外野では松井とシェフィールドが長期離脱。共に3割、30本、100打点以上をコンスタントに叩き出す選手ですから、普通のチームなら今頃プレーオフのはるか圏外にいてもおかしくないはずです。さらに内野でも若手の(これからスターになるであろう)ロビンソン・カノーもケガで離脱。そんなレギュラーが3人も抜けた中で現在アメリカンリーグ東地区で2位のレッドソックスに2ゲーム差をつけての首位。最近のレッドソックスの失速にも助けられているものの、ヤンキースの戦力を考えると立派な成績です。
そしてそれに加え、3人の選手達の復帰がもうすぐそこまできているという首脳陣からすれば嬉しいニュースも入ってきています。しかしそれでも不安なのか、名物オーナーのスタインブレナーはトレード期限間近に今年も動いたのです。昨年のオールスターのホームランダービーでぶっちぎりの優勝を収めたボビー・アブレイユ外野手をフィリーズから獲得。(アブレイユは実際はHRバッターではないものの確実に3割、20本を超える中距離バッター。しかし今年は2割8分台と苦しんでいる。) もちろん戦力を考えるとヤンキース以上の補強をしたチームは他にいないでしょう。しかし、この補強はここまで戦ってきた選手達に信頼をおいていないともとられかねないものだったのも事実。現に今年のヤンキースの躍進(とも言える)を支えてきたのは、主力のケガによって出番が回ってきた若手のメルキー・カブレラやアンディー・フィリップスといった選手でもあったのだから。ヤンキースは彼らの勝負どころで活躍なしして今の地位はなかったはずです。
それでももちろん松井やシェフィールドが戻ってくれば彼らはまたベンチスタートとなります。これで本来のチームに戻るだけです。しかし、アブレイユの加入ははっきりいって今のヤンキースに必要不可欠なものではなかったのでは。外野は松井、デーモン、シェフィールドといったただでさえ豪華なものなのに、そこへアブレイユがどんな役割を果たすのかは予測不能です。(シェフィールドが1塁をやる可能性もあるらしいが。) さらにはここまでチームを支えてきた「ケミストリー」が今後どうなるかもわからなくなってしまうのでは

スタインブレナーは「これでペーパー上はさらに良いチームになった」と言っています。しかし野球は単なる寄せ集めでは勝てないものです。仮にプレーオフへとは進めたとしてもワールドシリーズ制覇まではいかないでしょう。それは誰よりもここ数年それを繰り返しているヤンキース自身がよくわかっていることのはずなのに。まあ何はともあれ、今年のヤンキースはこのメンバーで戦うことが決まったわけであります。残り50試合前後を全く違うチームで戦うことになったも同然のヤンキースがプレーオフ、ワールドシリーズへと進めるかどうかに注目するのも面白いかもしれませんね。まずは今月中旬(8/18~21)、4日間で5試合をこなすこととなるボストン・フェンウェイ・パークでのライバル対決が地区優勝への最初の山場となることは間違いないでしょう。

p.s. 僕はレッドソックスファンであります。も~ゴー・ソックス!ですよ
スポンサーサイト
2006.08.07 甲子園開幕!
甲子園が開幕しましたね~。初日からいきなりの好カード、横浜対大阪桐蔭もあったことで球場は満席にも近かったとか。ちょっと試合はあんまり観れなかったんですけど、初日は大量得点が続いた模様ですね。
開幕試合となった白樺学園対高知商ではまさに乱打戦となったみたいで。序盤の白樺学園は同じ北海道の駒大苫小牧に負けていられないといった打撃力で得点を重ねていましたね。ところがそれでも高知商はひるむことなく中盤から終盤にかけて逆転、追加点を上げ逆転勝ちを収めました。ポイントとなったのは序盤に点差をつけられた時に小まめに得点を返していったところかな。まあハイレベルな高知県の代表相手に接戦を演じた初出場の白樺学園の健闘も光ったのではないでしょうか。この試合は同じ北海道ってことで駒大苫小牧の部員が観客席で白樺学園の応援をしていたのもなんだか新鮮でしたね。
早実対鶴崎工も序盤から動きました。早実の攻撃は1回から3回くらいまで内野ゴロ(と内野のエラー)の間に3塁走者がホームインしたシーンが続きましたね。鶴崎工は序盤の守備のミスが本来のリズムに乗れなくなった大きな要因となってしまったのが残念でした。しかしこの試合で一番光ったのは早実のエース斉藤だったのでは。3回くらいまでしか観れなかったのでなんとも言えないんですが、どうやら相手打線をほぼ完全に抑えたようで。ピンチ(と呼べるかどうかはわからないが)でも冷静に打者を抑えた模様。どちらかというと守備面(まあ主に投手)が売りの早実ですが、18安打、13点を取れる打線も絶好調ということもありこれからも注目のチームになったのではないかな。
そして1回戦最大の(大会序盤最大の)好カード、横浜対大阪桐蔭。7回裏からしか観れなかった…残念。なので自分が観始めたシーンから。7回裏同点の場面で大阪桐蔭が1点を勝ち越した直後、5番の堀が右中間へ2ベース。そしてその後の打者にもヒットが続き、この回4点を集めて試合は6-2。横浜の春夏連覇の夢は砕け散ったように思えた直後の8回表、横浜は四死球で1点を返す。これでまだ勝負はわからなくなったかに思えたが、大阪桐蔭の打線は破壊力満点だった。8回裏スクイズで1点を追加した大阪桐蔭、その直後の3,4番の連続ホームランで勝利を確実なものとしましたね。この2者連続ホームランは圧巻の一言。特に4番中田の当たりはセンターが一瞬であきらめたかのような打球でした。試合をずっと観ていた父が大阪桐蔭の4番がすごいと何度も言っていたので、どんなもんかと思っていたら初球をホームランでしたからね~。まだ2年生っていうからまたビックリ。―とまあ感想はさておき、横浜があそこまで完敗する姿っていうのは正直なところ予想しておりませんでした。勝負を分けたのは(まあ野球というスポーツでは当たり前なんですが)タイムリーヒット。横浜は満塁時でもう一本が出なかったのが痛かったですね。6回1死満塁の場面でスクイズ失敗ダブルプレーとなったシーンがこの試合の分かれ目だったのではないかな。それでも9回にホームランなどで3点を返した横浜は立派でした。初戦で姿を消すにはあまりにもったいないチームですね。(何人か調子を崩していたので、そういう意味でももう少し、せめて調子が戻るまで甲子園で戦う姿を観たかったです。)
さて、これで2回戦のカードが新たに2つ決まりましたね。相手がわからずにいた鹿児島工は高知商との対戦が決まりました。そして今日勝った早実と大阪桐蔭。斉藤対大阪桐蔭の打線もかなり楽しみです。関東(ってか東京)出身の僕としては早実に期待したいです。ではでは、またシーユートゥモロー。

p.s. まったく関係ない話ですが、田口トモロヲ(俳優、NHKプロジェクトXのナレーターとしても知られている)っていいネーミングだと思いません?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。