上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日2度目の更新!
今日は甲子園で準決勝の2試合が行われました。昨日の準々決勝で好投手・駒谷を擁する福知山成美を相手に延長10回に勝ち越しホームランを放ち、接戦をものにした初出場・鹿児島工。そして日大山形・青木相手に苦しみながらも終盤にとらえ逆転で準決勝進出を決めた早稲田実。今日の第2試合ではこの両者の戦いがみられました。
早実はここまで4試合をほぼ一人で投げ抜いてきたエース斉藤が準決勝のマウンドへ。一方の鹿児島工は同じくここまでほぼ一人で投げてきたエース榎下をベンチスタートさせ、下茂を先発させました。試合は初回から動きましたね。早実は1回表1死、死球と死球のランナーをおいて4番後藤が先制の3ランホームランを放ちました。エース斉藤への負担を最小限にしたいという気持ちの表れだったのかもしれませんね。ここ数試合は中盤から終盤にかけての逆転勝ちが続いた試合になっていたので、追加点を取らせてはいけないピッチングが続いた斉藤の負担は大きかったと思われます。観ている側からしても斉藤の疲労度はかなりのものだったように思えました。しかし、斉藤はこの試合周りの心配を全て吹き払うようなピッチングを見せました。3回に初ヒット(ランナー)を許した後にエラーも出て1死1、3塁のピンチはあったものの、そこは三振とピッチャーゴロで抑え、その後は危なげないピッチングを続けました。打線はその後打ちあぐねたが、2回と8回に追加点を上げることに成功。結局終わってみれば無四球、3安打完封で斉藤の見事な力投ぶりが光った試合となりました。これで早実は26年ぶりの夏の甲子園決勝戦の舞台に進出することが決まりましたね。明日はどんな試合を見せてくれるのか非常に楽しみであります。

そして第1試合では3連覇を狙う駒大苫小牧と強打の智弁和歌山の対戦がありました。共に爆発力のある打線を持つ両チームの戦いは、予想通り序盤から激しい打ち合いになりました。初回に1点を先制された駒大苫小牧はその裏すぐに反撃に出ます。相手のエラーなどもからみましたが、この回に4本の長短打を集めて4点を奪い早くも逆転に成功。しかし智弁和歌山もすぐに2点を返し、1点差へ。その後1点を取り合った両チームでしたが、5回に駒大苫小牧が追加点を上げ、試合は7-4、3点差に。
試合の流れもそこからがらっと変わりました。この試合は共に先発投手にはエースを持ってこずに始まりましたが、序盤から打ち合いになったため、両チームとも2回にはエースを上げる展開となりました。そして中盤までは序盤の(点の取り合いのような)流れが続いていたものの、中盤以降は投手戦となりましたね。特に駒大苫小牧のエース田中はピンチになると気迫を前面に出し打者を打ち取っていました(さすがエースだよな~)。智弁和歌山のエース竹中もヒットは許すも失点は最小にとどめていたのではないでしょうか。しかし、試合は田中の気迫の前に智弁和歌山は帝京戦で見せた驚異的な粘りを発揮できずに、王者相手に敗れていきました。しかし、今年も智弁和歌山は甲子園の舞台でその実力を大いに発揮したと言えるのではないでしょうか。帝京との準々決勝は歴史に残る大熱戦でした。

さて、これで決勝戦のカードが決定いたしましたね。北北海道・駒大苫小牧対西東京・早稲田実。王者・駒大苫小牧がここまでくるとは…。そして早実がここまで成長したとは…。両者の実力を考えると意外ではないのですが、個人的には意外なマッチアップになったように思えます。駒大苫小牧が73年ぶりの夏・3連覇を達成できるかどうか。はたまた、それを阻止し、早実が夏初優勝を飾るのか。いずれにせよ、この夏一番実力のある2校の熱い戦いが観られそうです。では明日を楽しみにして♪
スポンサーサイト
今日はロッテ対日ハムをマリンスタジアムで観てきました。生まれて初めてパ・リーグの試合観戦で楽しみにしてたってのもあって開始3時間以上前に千葉マリンスタジアムに到着。そこからヒマと暑さとの戦いが数時間ありましたが、球場に入ってからは選手達の試合前のウォーミングアップを見ることができて、退屈せずに過ごせました。リラックスしてたり、真面目にバッティング練習していたりで選手によって様々でしたね~。こればっかりはテレビじゃ観ようもないので球場へ足を運ぶしかないよね。バレンタイン監督は試合開始直前までエキサイトシート(のような席)のファン達にサインを書いてましたよ。ああいう姿勢は素晴らしいですね。
さて、試合は熾烈なプレーオフ、3位争いをしている両チームの直接対決3連戦の初戦でした。4ゲーム差で3位日ハムを追うロッテとしては絶対に負けられない初戦。そんなわけでホームのロッテファンは試合開始前からだいぶ気合いが入っていました。といってもいつもそうなのかもしれませんが(いやむしろいつもそうなんだろうな)。試合はといいますと先発はロッテ・小林宏と日ハム・立石で始まりました。日ハムは1回に簡単に2アウトになりながらも3番、目下パの本塁打王・小笠原が小林宏の(…たしか)初球をいきなりバックスクリーン左へ(…たぶん)ライナーで運び先制しました。26号、お見事でした。ロッテも2回にウィルソン、今江の連続2塁打で同点に追いつき、中盤までは日ハムは動きなし、ロッテは小さなチャンスを何回か作りながらも得点には至らず…みたいな展開が続きました。しかしその均衡を破ったのはロッテ8番二塁手の青野のソロホームランでした。正直言いますと誰だ?!って感じだったのですが、とりあえず盛り上がりました。青野選手には失礼極まりないですが…、これで覚えたので勘弁してやってください。
その後なのですが、日ハムは1回くらい満塁のチャンスになったっけか。ってな感じの試合でして、チャンス(おっと、ロッテファンなので)ピンチらしいピンチもなく、小林宏は8回2アウトまで力投。そしてランナーを3塁においた場面で藤田と交代となりました。試合はその時点では2-1だったのでピンチといえばピンチだったのですが…、そこを替わった藤田が簡単に抑えたのでそんな印象はなかったです。結局その裏の攻撃にWBCで我らが日本代表の正捕手を務め、世界のベストナインに選ばれた里崎がソロホームランを放ち追加点!さらにヒットと死球などで1点を追加して最終回へと入りました。
そこからが本日のメインイベント。小林雅英登場であります。ここまで積み上げてきたセーブの数はプロ入り8年で199、史上3人目(大魔神・佐々木とヤクルト・高津に続く)の200セーブまであと一つと迫っていた守護神の登場でありました。スタジアムはもはや小林一色となっていました。小林雅はこの日も投球前にいつものようにピッチャーマウンド後方、2塁ベースの手前まで歩いていき、帽子を取って祈り(??)を捧げていました。先頭の小笠原を三振に取り、セギノールにフェンス直撃の2ベースを打たれるも、その後の2者からも連続三振を取りゲームセット。記念すべき通算200セーブは全てのアウトを三振で取る試合での達成となりました。最後の三振を取った時はもう拍手喝采でしたよ。僕自身も前日の試合で小林雅が200Sへ王手をかけたことを知っていたのでこの試合での達成を(ものすんごく)期待していたので嬉しかったです。
そんなわけでロッテにとっては(より)大事な初戦を勝利で飾ることができました。もっともこの3連戦は3連勝しなくてはプレーオフが本当に厳しいものになってしまうので、明日からまた気合いを入れ直してほしいところです(言われなくともやると思いますが…)。がんばれマリーンズ!
060818_2118~01.jpg

小林雅英が登場したシーン。
ってこんなんでわかるか!!
060818_1459~01.jpg

これは初代WBCの優勝カップ。
3日間だけマリンスタジアムで見れるのだそうです。ラッキーでした。
ちなみに僕は成田空港まで凱旋帰国を見に行った男です。一人で…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。