上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.25 Rough Weekend.
どうもです。先週の週末は普段ヒマなことこの上なしの僕にとってはかなり忙しいものとなりました。まあほんとに忙しい人からすれば大したことはないのですが…。土曜日は大学時代の友達の結婚祝いパーティーに行ってきました。僕の身近な友達の中では結婚第一号でした。おめでとうパーティーもよかったよ~☆

さてさて、この時期(NFL開幕後)になると毎週月曜日はなぜか忙しくなるのです。まあそんなこともないんだけどね。それでもNFLがどうなったかは気になるので自然と情報を集めてしまうのであります。つまりそれをまとめる=忙しくなるってとこかな。まあこんなこと(どうでもいいことともゆう)をくどくど書いているのもなんなので、先に進めていきますね。

先週はタイトル通りNFLでもなかなか荒れた模様です。結果がどうとかということではなく、どちらかというと内容がということかな。あっ乱闘とかがあったわけではないですよ。簡単に言えば、マンデーナイトの1試合を残して他の13試合でアウェーのチームが10勝3敗という成績を残したということです。まあ対戦カードを見ればこの結果はさほど意外なものではないんですけどね。ただ今年はWeek 1もたしかアウェーチームが結構な勝率を残していたような…。
先週の試合の他の注目点はといいますと、2勝同士の対決や2敗同士の対決が多かった点でしょうか。あれ?そうでもないかな?まあとりあえず注目の2勝同士の対決から!
 ジャクソンビル・ジャガーズ@インディアナポリス・コルツ。ここ数年間両者の対決は7点差以上開いたことがないそうです。そして今年もどうやらそうなったそうです。前半はほぼ完全にジャガーズペース。オープニングドライブにタッチダウンで先制し、前半は先週スティーラーズをシャットアウトしたD陣がコルツオフェンスを封じ込めましたね。しかしパントリターンで追いつかれスコア上は前半で並ばれました。ところが後半開始早々、コルツが目を覚ましました。開始3分でQBペイトン・マニングからTEダラス・クラークへのタッチダウンパスが通り逆転。これで気分的にも少し楽になったのか、試合を有利に進めることに成功しました。第4Qにもタッチダウンを決め、差を14点に広げ、その後タッチダウンを返されるもそのまま21-14でコルツが勝利。
この試合は内容ではジャガーズの方がよかったといえるのでは。QBレフトウィッチの2つのインターセプト、パントリターンTDを許したこと、FGを2つ外したことは十分過ぎる程の敗因ですが…。しかしラン・オフェンスでコルツを圧倒し、ボール支配率もコルツを完全に上回っていました(前半は30分のうち24分強!)。コルツのOを止める一番いい方法は攻撃させる時間を少なくすることですから、それをやってのけたという意味は小さくはないはずです。さらにジャガーズD陣はNFLでも屈指のものかもしれません。タッチダウンを許した2つのドライブ以外はほぼ完璧に抑えていました。
一方のコルツはその2つのタッチダウンドライブ以外はあまりいいところがありませんでした。とはいえ、こういったコルツの得意としない(とされている)試合展開でも勝利を手にするコルツはやはり強いですね。こういったいわば苦手な展開でも勝てるという自信を確固たるものにすれば向かうところ敵なしといった状況になるかもしれないです。
 もう一つの無敗対決は(やっぱ2試合しかなかった…) シカゴ・ベアーズ@ミネソタ・バイキングス。この試合はNFC北地区の優勝争いにもつながりそうな大事な一戦でしたね。このブログで栄えある第1回パワーランキングで1位に輝いているベアーズが波に乗りつつあるバイキングスと激突。試合の方はといいますと、終始ディフェンシブだった模様です。もしくは両チームともOに先週までの勢いがなかったか。ベアーズのQBはこの試合までQBレイティングで目下リーグトップでしたが、この試合で2つピックオフされ、レイティングのトップもおそらく陥落したことでしょう。2つ目は接戦で迎えた第4Q、自陣の奥深くで取られそのままリターンTD。それが相手唯一のタッチダウンとなり、逆転を許してしまいましたね。結局残り2分を切ったあたりにベアーズがTDを決め逆転勝ちを収めましたが、厳しい試合でしたね。そのドライブはバイキングスQBジョンソンのファンブルから始まりましたから。
ベアーズはなんとか勝利しましたが、バイキングス戦では昨年と同じような課題が見えましたね。Dの破壊力に比べOがあまりに貧弱という課題です。まあそれでもアウェーで同地区の相手を下したのは大きいです。バイキングスはNFL屈指のDを持つチーム相手に(オフェンスで)TDを上げることができませんでした。しかし、終盤のミスがなければ勝てたという点を考えれば、今年のバイキングスはそこそこ周囲を驚かせる力を持っているかもしれません。

まあ今日はここらで、また明日にでも。そいでは。
060923_1843~01.jpg

友達の結婚祝いパーティーで。
暗かったので画質もあまりよくありませんが。デジカメじゃないのに画質を気にする自分が情けないような気もするけど…。
ひる、はるちゃん、本当におめでと~☆(例のごとく彼らにもこのブログの存在をまだ教えていません…)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。