上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.04 Deserves to Win.
え~ひさしぶりにやってまいりました。1ヵ月ちょいぶりかな。Things About Sports であります。今回も長々と書くと思われますが、みなさん、どうぞ最後までよろしくお願いいたします。


スポーツの世界には当然のことながら勝利と敗北が存在します。まあいくつかのスポーツの世界では引き分けという形もありますが。今回はスポーツの世界における「勝利」というものにまつわることについて個人的な意見を書いていこうと思います。
僕はスポーツ観戦(TV観戦)が好きでかれこれもう十数年にもわたってかなり真剣に(笑)観戦をし続けているのですが、長い勝負の最中に、たまに感じることがあります。それは「勝利に値するもの」と「勝利に値しないもの」という両者が存在するということです。スポーツは常に体力的にも精神的にも全力を尽くしてこそのものだと思っているので(ましてプロならなおさら)、「勝利に値しないもの」などという言葉はあまり使いたくはないのですが、確かにそう思わざるを得ない姿がTVに映ってしまう時があるのです。
スポーツでの勝負というものは基本的にはどちらがより「勝利に値する」かで決まるものです。たとえ負けたとしても勝利への執念と呼ばれるようなちょっとした精神的な差であったり、技術の差であったり、ちょっとしたミスとかで決まるものです。それは多くの場合、敗者が「勝利に値しなかった」のではなく、勝者の方がより「勝利に値した」だけのものなのではないかな。言い換えるならば、「敗者の美学」みたいなものでしょうか。少し違った意味合いが含まれてしまいますかね…。(まあスポーツ界ではこんなことはないです。実際は、敗者は忘れられるのみ…。) 敗者でも自分の持てる全ての力を出して負けたならば観ている側からすればこの言葉が当てはまるかもしれないですね。
それでは、「勝利に値しないもの」とは何か?それはずばり選手のほんの些細な行動や言動だと思うのです。これをやったから勝てなかった、これを言ったから勝てなかった、と観ている側が思ってしまうような行動や言動のことです。かなりわかりづらいので、ここからは具体的な例を挙げていきますね。

日本のプロ野球の阪神対横浜戦(甲子園球場)で数年前こういう試合がありました。8回裏2死走者なし、2-1のスコアで阪神がリードしている場面でした。打席には阪神の捕手・矢野。ここで矢野は大きなホームラン性の当たりをバックスクリーン近くに打ったのです。しかし、その日はあいにく甲子園特有のハマ風が逆風だったため、打球は途中で勢いを殺されフェンスぎりぎりで捕球されアウトになってしまったのです。問題だと思ったのは次のシーンでした。普段なら楽々とホームランになるはずだった打球でアウトになった矢野は2塁付近を回った辺りで頭を抱えて、誰の目にもわかるように悔しがったのです(一瞬横浜が一点リードしていたんだっけと思うほどだった)。結局試合はその後阪神が追いつかれ、延長12回引き分けで終了。
では問題のシーンについて―。一点差の緊迫した試合で貴重な追加点を上げれずに終わり悔しがることはわかります。そして投手の女房役でもあり、投手の負担を少しでも和らげたかったであろう矢野が人一倍悔しがるということもわかります。だがしかし、捕手というポジションであるからこそあそこは悔しさを全面に出してはいけない場面だったと思うのです。なぜか?次に出てくる投手への信頼関係の問題です。矢野本人はそんなことは全く頭になかったかもしれない。また次に出てきた久保田(当時クローザーになりかけ)は矢野のその姿を見なかったかもしれない。信頼関係にはなんの問題や影響はなかったかもしれない。しかし、チームスポーツにはチームのムードというものがあります。阪神には何の影響はなくとも、矢野のとった行動によって、横浜が追いつけるぞというムードを強めたという可能性も大いにあるのです。何がどう影響して9回土壇場で阪神が追いつかれ、その後試合が引き分けに終わったのかはわからないですが、8回裏の球場の監督と呼ばれるポジションにつく矢野がとった行動は軽率だったと思えてならないわけであります。
その他にも、2004年のスーパーボウルXXXIX、ペイトリオッツ対イーグルス。ペイトリオッツ3点リード、第4Qの中盤から終盤にかかる頃、まだ勝負はどっちにも転ぶ段階でイーグルスQBマクナブがサイドラインであきらめにも似た表情を浮かべてうなだれていたシーン(実際にはシーズン中からずっと体のいたるところの小さなケガに悩まされ、それが痛んだため、うなだれていたとのこと)。その後巡ってきた攻撃チャンスで何もできず敗戦。(のちにチームメイトだったWRオーウェンズはこのことを批判している。) 1989年の日本シリーズの巨人対近鉄。最初の3戦を全勝した近鉄の選手が第3戦終了後に「レギュラーシーズンの方がつらかったです」といった内容のコメントをインタビューで残したこと。その言葉に奮起した巨人がその後4連勝。最近では第1回ワールド・ベースボール・クラシックの2次リーグの韓国対日本戦、韓国が勝利した後ウィニング・ランをしたこと。W杯ドイツ大会決勝のジダンの頭突き(なんかこの記事に似たことを長々と書いてます 7/10参照)。などなど他にもたくさんあります。

ここで挙げた「勝利に値しないもの」の例はいずれも些細な行動や言動で、言ってみれば直接勝負の行方には関係のなさそうなものばかりです。しかしこれらが勝負に全く影響がなかったかというと疑問に思えます。もちろん必ずしもそうなるとは言えないですが、少なくとも上の例では影響したと言えるのではないでしょうか。苦しい時に苦しいという姿を戦っているフィールドで見せることや、戦う相手を尊重しないということで、勝負の行方は大きく変わってしまうと思うのです。また、これらは勝利への真摯な姿勢(勝利への集中力みたいなもの)があれば―些細なことではあっても―決してとらない行動や言動と言えるのでは。こうした行動、言動をとってしまったがゆえに彼らが「勝利に値しない」者だったと感じてしまったのであります。


またまた偉そうに書いてしまいましたが、うまく伝えることができたかどうかは全く自信がありません。わかりづらいですよね…。TVで観ていてこれじゃ勝てないよと思ったシーンについて書いてみました。イコール「勝利に値しないもの」になったわけでございます。まあ「勝者」にはこういった勝利に値しない行動や言動っていうのは見られないことは確かです。って無理矢理まとめてみました(雑)。できれば自分もそうでありたいです(元?スポーツマン)。最後まで読んで下さった方々、本当にお疲れ様でしたそしてありがとうございます。それではまた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。