上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週は大きな転換期となりそうです。前にもそんな週がありましたが、今週はそれをはるかに越える Turn-around Weekend となりそうです。それでは今日行われた試合をいくつか。

ニューヨーク・ジェッツ@ニューイングランド・ペイトリオッツ
17-14でジェッツ。ペイトリオッツにとっては痛い敗戦となりました。この連敗で57試合続いていた(約4年間)連敗なしという記録が途絶えました。この日もミスが要所で出てしまい、ペイトリオッツとしては勝てない試合の展開。コルツ戦のショックは大きいのかもしれないですね。特にブレイディのPマニングとの直接対決での完敗というショックは思っていたより大きいのかも…。スターター2人のS(セーフティ)がケガでいなかったというのも影響があったと思われます。逆にジェッツはこれでAFC東地区でコンテンダーへと変わりました。このチームは最後まで地区優勝、プレーオフを争うことになりそうです。この2チームの後半戦の出だし、シーズンの仕切りなおしとしてははっきりと明暗が分かれる形となりました。
う~ん、それにしてもブレイディ率いるO♯の不安定さとミスの多さが気になりますね~。W3のブロンコス戦と全く同じような敗戦だったのでは。不安が的中してしまいました…。ジェッツが息を吹き返す+パッツが意気消沈…。

セントルイス・ラムズ@シアトル・シーホークス
Once Again !! この両チームの対決は再び試合終盤のFGで決着を期すこととなりましたね。そして今回も最後の最後で泣いたのはラムズ。シーホークスのKブラウンのFGで24-22でシーホークスが勝利。この両者の戦いはここ数年ほんとに接戦が多いです。両チームに大きなミスが出たり、両チームに試合終盤ビッグプレーが出たりと、どっちかのファンでなくてただのNFL好きの方にとっては絶対に面白い試合が観たいのならおすすめのマッチアップかもしれません。シーホークスのRBモーリス・モリスはこれで2試合連続100yds ラッシュ。QBセネカ・ウォーレスも地味に頑張っていますね。ラムズにとってはシーズン・エンディングの敗戦となってしまったかもしれません。今週の敗戦チームの中では一番痛いものだったのでは。

ワシントン・レッドスキンズ@フィラデルフィア・イーグルス
27-3でイーグルスの圧勝。イーグルスはやっとラニング・ゲームをやることができたのでしょうかね。この日はQBマクナブのパスの成功率が悪かったようですが、レシーバー陣のビッグプレー(ラテラル・パスとか)も飛び出したりとレッドスキンズを寄せつけなかったようです。レッドスキンズはRBクリントン・ポーティスが右手を骨折。イーグルスにとってはこの勝利で後半戦にいい流れを作れるきっかけになるかもしれません。

ボルティモア・レイブンズ@テネシー・タイタンズ
27-26でレイブンズが逆転勝利。この試合は一時は26-7でタイタンズがリードしていたんですね。QBヤングの気転を利かせたラテラル・パスもあったようです。ルーキーでこういった余裕があるといいですね。とはいえ、試合は負けたのでまだまだですが。この日のレイブンズはD♯がいまいちだった模様です。やはりLBレイ・ルイスの欠場は大きかったのでしょう。しかし、26失点したら普段は負けるはずのレイブンズですが、この日は違いました。19点ビハインドから試合終了までに20点を上げ逆転。QBマクネアはかなり気合いが入っていたようです。レイブンズの地区優勝はまずこれで決定でしょう。

サンディエゴ・チャージャーズ@シンシナティ・ベンガルズ
今週行われた試合の中では今のところこの試合が一番いい試合だったのでは。結果はチャージャーズが49-41で逆転勝利。試合は第1Qにベンガルズの3人のジョンソン(ジェレミィ、ルディ、チャド)がそれぞれTDを上げ21点をリードして始まりました。しかし、後半に入るとチャージャーズが猛反撃。ラデイニアン・トムリンソンが4つのTDを上げるなどで第4Qに逆転し、さらに突き放すという形でSDの勝利でした。いや、あっぱれです。LTもそうなんですが、SDのチーム自体にあっぱれでした。仕切り直しを図っていたベンガルズは、ほぼそれについては成功していたように思えます。O♯が今シーズン初めてといってもいいくらいにうまく機能しました。ところが、ホームでSDにO♯力で敗戦。これはもうベンガルズにとっては立ち上がれないほどのショックでしょうね。チャージャーズはこのO♯を来週デンバーでも見せたいです。

ヒューストン・テキサンズ@ジャクソンビル・ジャガーズ
テキサンズがアウェーでジャガーズを13-10で下し、シーズンスウィープを達成。この勝利でテキサンズはロード12連敗を止めましたね。ちなみに最後にアウェーで勝った時もジャクソンビルだったそうです。ジャガーズはテキサンズに苦手意識を少なからず持っているのでしょうか。QBガラードもこの日4INTといいところがなかったようです。レフトウィッチの復帰はこれでもないのでしょうか?とにかく、ジャガーズにとっては痛すぎる敗戦となってしまいましたね。テキサンズはQBカーが肩を痛めて途中退場。どんな具合なのか気になるところです。


今日はとりあえずここまでで。残りは明日書いていきますね。波乱のウィーク10、まだまだ何か起こるのでしょうかね。サンデーナイト・フットボールのベアーズ@ジャイアンツは現在ハーフタイムで13-10ジャイアンツリードです。D♯がチームを勝利へ導くのか?!それとも(D♯と比べると非力な)O♯が勝利へ繋がるのか?!後半に期待です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。