上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.16 Welcome to Boston.
いや~なんやかんやで発表が数日遅れた松坂争奪戦。結局最高額を提示したチームは我がボストン・レッドソックスでしたね~。いや~おめでとう!
が、しかし!60億円って…。欧州のサッカー事情じゃあるまいし…。いくらなんでも高過ぎだろ…!というのが僕の率直な意見であります。60億ですよ。日本のプロ野球界で選手の一年間の年棒を一番払っている巨人ですら総額30数億円程だそうです。松坂を売った金で巨人なら2年間もつんです(表現が不適切でした…すいません)。そんな高額のお金をたった一人の投手のために費やすレッドソックス。日本ではかなり浮いちゃっています…(アメリカでも浮きそう…)。一部の人にはなんというかえげつない感じにすら見えちゃっているかもしれません。まあそこまではいかないとしても、国民柄、レッドソックスに対してはあまり好印象ではないでしょうね(苦笑)。
でもこれで日本のメディアもヤンクス側からの目線ではなくなるわけです。(なんかある番組ではあからさまにレッドソックスを目の敵にしてるのもあったからねぇ。ひどい話ですよ) それがなくなるだけでも少し気が晴れます。あれ?人間小さい?まあ何はともあれ、来年のレッドソックスは松坂を始めとしてみんなにがんばってもらいたいものです。松坂にとっては大変なプレッシャーとも戦わなければならないメジャーのルーキーイヤーとなりそうです。まっ松坂はプレッシャーには強いはずなので逆にそれをモチベーションに変えるでしょうね。個人的には松坂は日本のプロ野球界(国際試合とかを除く)ではなんかいまいちだったと思っていたのですが、メジャーでは思う存分暴れてほしいと思います
これでレッドソックスに入らずなんてことがあったらどうしましょ。

p.s. 松坂が日本ナンバー1の投手か…。斉藤和己を忘れちゃダメですよ~
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。