上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NBAも開幕から3週間ほどが経ちました。全チームが大体10試合から12試合を消化しましたね。シーズン序盤出遅れたチームとスタートダッシュに成功したチームとがはっきりと分かれたのでないでしょうか。
昨年の今頃と比べると今年はだいぶ変わったという印象を受けます。特にウェスタン・カンファレンスでは大きな変化が見られるのでは。一方イースタン・カンファレンスでも、昨年はシーズンの半分くらいが終わった頃に3敗目を喫したデトロイト・ピストンズが今年はすでに5敗(7勝)をしています。スタートダッシュには失敗してしまったようですね(ベン・ウォーレスがどれだけすごい選手だったかがわかります…)。

では今日は少し気になったいくつかのチームを中心に書いていきます。
まず最初にNBAファンなら誰しもが驚いている今年のユタ・ジャズ。昨年プレーオフを逃しているこのチームが、現在11勝1敗でリーグトップの勝率です。一体何がそんなに変わったのか?はっきり言ってあまりにノーマークだったものでよくわかりません…。ロスターも昨年とそんなに変わりはないと思うのですが。ただ一つ言えるのは、若手の多いこのチームのほとんどの若手が大きく成長したということです。特に今のチームの躍進を支えているのはガードのデロン・ウィリアムズ。2年目の彼は現在まさにオールスター級の活躍を見せています。もう一人の柱はフォワードのカルロス・ブーザー。ブーザーは昔から将来を期待されていた選手の一人でしたが、今年ついにNBAのパワーフォワードでトップクラス入りを果たそうとしている選手です。彼が安定してきたからこそ今年の今の成績があるのでは。他にはまたしても怪我をしてしまいましたがリーグ屈指のディフェンダー、アンドレイ・キリレンコ、高い得点能力や確実性を持っているメーメット・オクヮーらのセンター陣。ガード陣には今やベテランとなりいい味を出しているデレク・フィッシャー、フォワードも出来、(意外にも?!)得点能力の高いマット・ハープリング、将来期待されている(?)ウィリアムズと大学時代チームメイトだったディー・ブラウンなど、若手とベテランがうまく噛み合っているチームです。もちろんジェリー・スローンHCの影の活躍も見逃せないですね。
他にはイースタン・カンファレンス・サウスイースト地区で首位を走っているオーランド・マジック。昨シーズンの終盤突如として頭角を現したチームです。結局昨年は中盤までの悪成績が響きプレーオフは逃してしまいましたが、今年はその経験を活かしていますね。センター/フォワード弱冠二十歳ののドワイト・ハワードはこれからのNBAを代表するセンターになるのではとの声も多いです。ベテランのグラント・ヒルも昔ほどの爆発力はないもののチームをうまく牽引しています。その他にも今年の世界選手権で活躍を見せたガードのカルロス・アローヨ、若いジャミール・ネルソン、バスケセンスのあるヒード・ターコルーなど、チームに必要な役割をきちんとこなせる選手の多いチームとなっています。今後のマジックにも期待したいです。
クリーブランド・キャバリアーズも今年は好調なスタートを見せました。今やNBAの顔ともなったレブロン・ジェームズはチームリーダーとしても大きく成長しています。ガードのラリー・ヒューズが怪我で欠場している最近のキャブスですが、チームは昨年のように勝ち星を落とすということは(昨年はヒューズがいないと勝てなかった)今のところないようです。パワーフォワードのドリュー・グッデンも堅実なプレーでチームに貢献しています。(デーモン・ジョーンズもそこそこ目立っている!) このチームにとってのグッド・ニュースはヒューズがそのうち復帰してくることもそうなのですが、センターのイルゴースコス(ファースト・ネーム省略、笑)がまだ本調子になっていないという点もあります。彼が本調子に戻ればさらに危険なチームになるかもしれません。
さらにロサンゼルス・レイカーズも現在好調です。コービー・ブライアントのワンマンチームだったレイカーズも、今年はそのコービーが手術明けでまだ本調子ではありません。しかし、それが逆にチームにいい影響をもたらしました。昨年はコービー以外1試合で10本以上のシュートを打つ選手は誰もいないような状況だったチームですが、今年はフォワードのラマー・オドムが確実にステップアップし、チームを率いているという姿勢が見られます。もう一人のフォワードのルーク・ウォルトンもミスの少ないプレーでチームのハート的な存在になっています。19歳のセンター・アンドリュー・バイナムは今後さらに成長する選手ですし(生ける伝説カリーム・アブドゥル・ジャバーに直接指導してもらっているらしい)。コービーも怪我の功名か、シュート・セレクションが昨年よりよくなっています。今のままチームが成長を続ければシーズンが終わる頃にはさらに怖いチームになっているかもしれません。

と、またまた長くなってしまいました…。本当はスタートダッシュに失敗したチームについても書く予定でしたが、今日はここらへんで。NBAもあらためて群雄割拠の時代に突入か!と思わせるような2006-07シーズンの幕開けです。しばらくは上のチームに注目したいと思っています。それではまた!今度はもっと深いところまで触れていきたいと思っています!

今週の注目チーム:ダラス・マーヴェリックス。開幕4連敗の後7連勝!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。