上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.28 Good Teams Win.
ちょっと最近はいろいろあって…、更新サボり気味で申し訳ございませんでした。反省の意味も込めて、本日2度目の更新(といっても1回目の続きでしかないのですが…)!主に個人的にちょっと気になったチームの試合についてです。

タンパベイ・バッカニアーズ@ダラス・カウボーイズ
38-10でホームのカウボーイズが完勝。
ダラスは日曜にジャイアンツが負けたということで、これでNFC東地区で単独首位。同地区のライバルがまっさかさまに落ちているというのを考えてもダラスは優位かもしれないですね。QBローモは大先輩ロジャー・ストーバックやトロイ・エイクマンの記録(一試合5TDパス)をプロ先発5試合目にして、やってのけました。とんでもない選手なのかもしれません。チームもD♯が安定し始めていて、今やスーパーボウルを狙えるチームといえるかもしれないですね。
バッカニアーズはRBキャデラック・ウィリアムズとQBブルース・グラッドカウスキーの成長に賭けるしかないようです。

デンバー・ブロンコス@カンザスシティ・チーフス
アローヘッド・スタジアムでの伝統の一戦はホーム・チーフスが19-10で勝利。
ブロンコスはこの日もQBジェイク・プラマーが不発。今シーズンの出来を考えると「不発」という表現では間違いかもしれないですが…。この日はO♯の生命線でもあったラン・オフェンスも不発。これではブロンコスは勝つことが非常に困難なものになってしまいますね。また、ブロンコスのマイク・シャナハン・ヘッドコーチは数日前に次の試合では能力の高いとの呼び声の高いルーキーQBジェイ・カトラーを先発すると明言しました。新しい風と共にプレーオフへ進むのか、それとも来シーズンに向けての練習期間となってしまうのか、ブロンコスにとってはここ数週間は大きな転換期となる模様です。
チーフスは復活したQBトレント・グリーンがこれといった活躍はなかったものの、RBラリー・ジョンソンが見事勝利へと導いてくれました。ここに来てD♯が見事に成長を遂げた感もあり、プレーオフへ向けチームはいい状態に仕上がっていますね。

マイアミ・ドルフィンズ@デトロイト・ライオンズ
サンクスギビング・デイの恒例でもあるライオンズの試合。結果はドルフィンズがアウェーの中27-10で完勝。
ドルフィンズのQBジョーイ・ハリントンが古巣との初の試合で誰にも文句を言わせないような活躍を見せ、チームを逆転勝ちへと導きましたね。ライオンズから追い払われたハリントンはこの日に賭ける意気込みがかなりあったのでは。試合終盤にはチームメイトからゲータレードかけられてましたね(笑)。微笑ましかったです。とはいえ、チームとしても4連勝を飾ったマイアミは今リーグでも屈指の好チームです。最後までプレーオフ争いをしてくる可能性もあります。
ライオンズはこれで21世紀に入ってからはずっとシーズン負け越しが決まったのでしょうか?本格的にチームを立て直す必要がありますね。

ピッツバーグ・スティーラーズ@ボルティモア・レイブンズ
地区首位のレイブンズが今季初の連勝を飾っているスティーラーズをホームに迎えた一戦。結果はレイブンズがスティーラーズを一瞬も寄せつけず、27-0で完封勝利。
レイブンズはホームとはいえ、前年の覇者に勝つのは簡単ではなかったはずです。それを完封で飾るというのは圧巻の一言。チームはこれで5連勝。はっきりとAFC北地区の優勝が見えてきましたね。プレーオフでも深いところまで行きそうな感じにも見えてきたかもしれません。
スティーラーズはこれで今季7敗目。確率的にはまだプレーオフも可能性はありますが、AFCのレベルを考えると実質アウトということになりましたね。厳しいことを言うと、近年稀に見るほど不満の残るディフェンディング・チャンピオンです。ターンオーバーが一向に減らないというのはQBだけでなく、チーム全体に責任があるのかもしれません。

キャロライナ・パンサーズ@ワシントン・レッドスキンズ
レッドスキンズが大方の予想を裏切ってパンサーズに17-13で競り勝ちました。
レッドスキンズは前の試合でプロ初先発(出場)をしたQBジェイソン・キャンベルが結構いい評価を受けていますね。パス成功率こそまだよくはないものの、レッドスキンズファンには来年以降を期待させてくれるような選手のようです。
パンサーズは心配していたことが的中してしまったようです。QBジェイク・デロームの調子が上がっていないということです。チームは徐々に調子を上げてきたかのように見えましたが、チームの要であるQBのポジションの選手が悪ければ勝つのは大変です。そろそろデロームがなんとかしなければさらに落とし穴にハマっていってしまうかもしれません。

オークランド・レイダース@サンディエゴ・チャージャーズ
チャージャーズの圧勝が予想された試合でしたが、第4Qまでレイダースがリードする展開となりました。しかし、結局終わってみればチャージャーズが21-14で勝利。
チャージャーズはこの日も(毎週毎週…)RBラデイニアン・トムリンソンが大活躍。2つのTDランと1つのTDパス。すごいとしか言いようがないです(笑)。まさに Single-handedly にレイダースから勝利をもぎ取った感がありましたね。しかし、ここへ来て今までほとんど話題にも上がらなかったある疑問が浮上してきました。それはQBフィリップ・リバースの経験の浅さ。実質ルーキーと同じようなリバースの経験の無さは、これからプレーオフに向けての重要な時期に最も心配になってくるはずです。今はLTが大車輪の活躍で勝利を手にすることができていますが(リバースも素晴らしい活躍を見せていますが)、毎回そうとはいかなくなるでしょう。今後のリバースに注目です。
レイダースは今季9敗目。長いシーズンはまだ5試合を残しています。O♯での決定力の無さが解消されないかぎり、勝ち星を重ねることはなさそうです。なんとかやっていってほしいものです…。


と、今週の試合はとりあえずここらへんで。まだまだ他の試合も行われたのですが…。しかも試合内容についてはほとんど触れていません…。手を抜いたわけではないのですが、それぞれのチームについて思ったことなどを中心に(というかそれだけ?)書いてみました。今週は全体的によりよいチームが勝つという結構波乱の少なかった週だったように感じました。個人的に今ノッているチームだな~と思っているのはダラス・カウボーイズ、ボルティモア・レイブンズ、シンシナティ・ベンガルズ、マイアミ・ドルフィンズらのチームです。今後もちょっと注目です。
スポンサーサイト
2006.11.28 Week 12 Results.
シカゴ・ベアーズ@ニューイングランド・ペイトリオッツ
ウィーク12最大の注目カードとなったこの対戦。リーグ最小失点のベアーズとリーグ2位のペイトリオッツ。ディフェンシブな試合が予想された試合は前半からターンオーバーでボールを奪い合う試合となりました。先取点の持つ意味合いが非常に大きいと思われたこの試合、最初にチャンスを作ったのはベアーズでした。しかし、ペナルティで先制と思われたFGが取り消され、その後に蹴ったFGは今度はペイトリオッツのシーモアがブロック。その後はお互いがチャンスを作るも、お互いターンオーバーが出てしまい、先制点は遠いものとなってしまいました。しかし第2Q中盤にようやくペイトリオッツがTDで先制。その後お互いがFGを一本ずつ決め、互角の試合展開のままハーフタイムへ。
後半に入っても試合は相変わらず互角に進みました。そして第4Q突入直後、ベアーズがついにTDで追いつきます。しかし、ここで冷静になったのがパッツのQBブレイディ。直後のドライブで滅多に見せないランでファーストダウンを更新(その後滅多に見せないパフォーマンスも…)。結局そのドライブでTDを取り、その後のベアーズの反撃をFGの一本に留め、17-13でペイトリオッツの勝利となりました。
結局この試合は両チーム合わせて9個のターンオーバー(NE5、CHI4)が出るというある意味では乱打戦となった試合でした。ベアーズはQBグロースマンが3つのインターセプト(3つともアサンテ・サミュエル)を喫してしまい、不安定さが露骨に表れる結果に終わってしまいました。ブロンコスに続きQB交替論が浮上しているとの噂も…。D♯のビッグプレー能力にはやはり凄まじいものがありましたが、敗因としてはO♯で先制できなかったことと、TDまで行けないという決定力の無さといったところでしょう。ベアーズとしては勝てた試合だったのでは。
一方のペイトリオッツは今季初とも言える強豪チーム相手の勝利。WR、TE、さらにはRBマローニー、ディロンが共にファンブルをするなど、決して納得のできる内容ではなかったものの、こういったチーム相手に勝利を上げれたというのは非常に大きかったのでは。特にD♯は安定していいパフォーマンスを披露しています。しかし、パッツはこの日LBでベテランのジュニア・セアウが骨折で途中退場。この日の勝因としてはリードを一度も許さなかったことと、圧倒的不利と言われていたスペシャル・チームの活躍でしょう。

ニューヨーク・ジャイアンツ@テネシー・タイタンズ
ヴィンス・ヤング率いるテネシー・タイタンズはこの日ホームでニューヨーク・ジャイアンツと対戦。序盤からターンオーバーが多発したタイタンズは第4Q突入時までに21-0とリードを許す苦しい展開。しかし、第4Q開始間もなくジャイアンツのQBイーライ・マニングがインターセプトを喫し、そこから試合の流れが大きく変わりました。残り9分半でタイタンズはこの日初めてのTDを奪ったのをきっかけに試合は完全にタイタンズペース。4分後に再びTD、そして試合時間残り残り44秒でついに同点に追いついたのです。しかし、残り時間44秒、FG圏内へ進むには十分な時間がジャイアンツには残されていました。ところがここでイーライが痛恨のインターセプト。逆に今度はタイタンズが少ない時間で着実にFG圏内へ。結局49ヤードのFGをタイタンズが決め、24-21。近年稀に見る大逆転勝利をタイタンズが収めました。
その逆転劇を演出したのはやはりタイタンズのルーキーQB、ヴィンス・ヤング。この日第4Qのヤングはテキサス大時代の彼そのものでしたね。タイタンズD♯の勝負所での活躍も光りました。一方敗れたジャイアンツはこれで3連敗。マニング弟は試合の流れを完全に相手へ移してしまったり、決定的なミスを連発してしまいました。他の選手達も勝負所でアンネセセリー・ラフネスなどのひどいファウルをやるなど、プレーオフを狙うチームには見えませんでしたね。プレー的にも精神的にももっと大人にならなければならないようです。

ジャクソンビル・ジャガーズ@バッファロー・ビルズ
ビルズが終盤のジャガーズの反撃を食らうも試合最後のFGで勝ち越し、27-24で勝利。
ビルズはこれで連勝、成績も5勝6敗とし、5割まであと一歩のところまで来ています。最近ではビッグプレーが攻守、さらにはスペシャル・チームにもよく出ていて、波に乗っているといった印象を受けます。
一方のジャガーズはこれで今季アウェー4敗目(1勝)。ホームとアウェーでは完全に違うチームのようです。QBガラードがもっとうまく試合をコントロールしないといけないですね。

ニューオーリンズ・セインツ@アトランタ・ファルコンズ
同地区対決、共に連敗中。こうして迎えたこの試合は両チームにとって今シーズン最も大事な試合となりました。結果は31-13でアウェー・セインツが勝利。
これでセインツは対ファルコンズのシーズン・スウィープに成功しましたね。QBブリーズはこの日も試合開始早々から爆発。349ヤードを投げ、2つのTD。試合を序盤から優位に進めることができたのは彼のおかげでしょう。この試合を落とせば、プレーオフがかなり遠のいてしまう可能性が高かっただけにこの勝利は非常に大きなものだったはずです。
ファルコンズはこれで4連敗。プレーオフへ向けてはかなり厳しい敗戦となってしまいましたね。レシーバー陣がことごとくパスをドロップしたというのもあって、QBヴィックはこの日は怒りが治まらないようでした。(謝罪も発表していました…。) チームは崩壊状態にあるといっても過言ではないかもしれません。ただし、この状況を乗り越えれば強くなりそうな気がしなくもないのですが…。厳しいですかね…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。