上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AFCに引き続きNFCのプレーオフ争いについてもです。こちらもまた読みづらく+わかりづらいかもしれませんが…。

NFC
                   勝敗   Div.  Conf.
1.シカゴ・ベアーズ        10-2   4-0  8-0
2.ニューオーリンズ・セインツ    8-4   4-1  7-1
3.シアトル・シーホークス      8-4   3-1  6-3
4.ダラス・カウボーイズ       8-4   2-3  5-3
5.ニューヨーク・ジャイアンツ    6-6   3-1  5-3
6.フィラデルフィア・イーグルス   6-6   2-1  5-3

7.アトランタ・ファルコンズ      6-6   2-2  4-4
8.キャロライナ・パンサーズ     6-6   3-1  4-5
9.サンフランシスコ・49ers    5-7   2-2  4-5
10.ミネソタ・バイキングス     5-7   1-3  5-4
11.セントルイス・ラムズ      5-7   2-4  4-5

NFCの現在の順位表はこのようになっております。
プレーオフ争いはおそらく現在6勝6敗以上のチームまでではないでしょうかね。とはいえ、現在勝率5割のチームがさらに負けていくようだと5勝7敗のチームまでチャンスが出てくる可能性もあるので、一応載せておきました。
第1シード争い
ここはベアーズダントツ有利です。2ゲームのリードとさらにカンファレンス内での成績でもNFC相手には負けなしと、数字上はNFCを完全に支配しているように見えます。他にチャンスがあるとしたら、セインツとカウボーイズの2チームでしょうが(シーホークスは直接対決で負けているためないでしょう)、残り4試合で奇跡でも起こらない限り厳しいです。
第2シード争い
ここの争いは結構見ものでしょう。セインツ、シーホークス、カウボーイズの3チームは現在地区の2位に2ゲーム差以上離していますので、第2シード争いはこの3チームに絞られたといっていいでしょう。ただセインツは残り試合(@DAL、@NYG、CAR戦など)でプレーオフ争いをしているチームとの直接対決が多く残っています(それもアウェーで)。ので勝ちを計算できる試合が少ないという点を考えると厳しいかもしれません。カウボーイズも残り試合(対NO、PHI、@ATLなど)でプレーオフ争いをしているチームとの対戦が多くあります。ホームゲームが多く残っているのは好材料といえるのでは。こうなると若干優位かと思われるのがシーホークスです。残り4試合中3試合が勝率5割以下のチームとの対戦です。おそらくカウボーイズとシーホークスの両チームの争いになるのでは。
ワイルドカード争い
上にも書いたように数字上は現在11位のラムズにまでチャンスはあります。が、おそらく現実としては8位のパンサーズまでしか可能性はないように思えます。
NFCのワイルドカード争いは今後かなり白熱する展開となりそうです。というのも今季最後の1ヵ月、直接対決のオンパレードとなります。現在5位のジャイアンツはパンサーズ、イーグルス、セインツと対戦。6位のイーグルスはジャイアンツ、カウボーイズ、ファルコンズと対戦。7位のファルコンズはカウボーイズ、パンサーズ、イーグルスと対戦。8位のパンサーズはジャイアンツ、ファルコンズ、セインツと対戦。と、こんな風に書いてもただわかりづらくなるだけのような試合が多く残されているのです。全てのチームがこれからの一試合一試合、負ければジ・エンドとなるかもしれないですね。個人的にはお互い直接対決以外に残された1試合で負けるようなことがあれば終わりと言えるのでは、と思っています。つまりジャイアンツとイーグルスはレッドスキンズに、ファルコンズはバッカニアーズに、パンサーズはスティーラーズに、負ければ終わりなのでは、と考えています。改めて残りのスケジュールを考えると…、ジャイアンツとファルコンズが若干有利のような気がしなくもないです…。が、こればっかりは直接対決を見てみないとわからないですね。いや、NFLファンにとってはたまらないほどの、そして稀に見る混戦模様の12月になりそうです。2年前のように8勝8敗のチームが2つプレーオフへ出たとしてもおかしくはないですね。
スポンサーサイト
2日間ほどサボってしまいました…。ちょっと雑ですが、AFCのプレーオフ争いについて書いていきますね。

AFCのプレーオフ争いは現在このようになっています。

AFC
                       勝敗   Div.  Conf.
1.インディアナポリス・コルツ       10-2  3-1  7-1
2.サンディエゴ・チャージャーズ     10-2  3-1  8-2
3.ボルティモア・レイブンズ         9-3  3-1  6-2
4.ニューイングランド・ペイトリオッツ    9-3  4-1  5-3
5.シンシナティ・ベンガルズ        7-5  4-1  5-3
6.ニューヨーク・ジェッツ          7-5  3-1  5-4

7.ジャクソンビル・ジャガーズ       7-5  1-3  4-4
8.カンザスシティ・チーフス         7-5  3-1  3-5
9.デンバー・ブロンコス           7-5  3-2  7-3

今年のAFCのプレーオフはおそらく、残り4試合の現在、上の9チームに絞られたと言っていいでしょう。それぞれの地区で首位を走っているチームが地区2位のチームに2ゲーム差以上をつけているという点などを考えるとコルツ、チャージャーズ、レイブンズ、ペイトリオッツの4チームはプレーオフはまずほぼ間違いないでしょう。

第1シード争い
この争いは、現在地区首位を走る4チームに限られたと言っていいでしょう。中でもコルツとチャージャーズが有利です。ここではAFCのカンファレンス内での成績がモノをいいますので、コルツ(AFC相手に1敗)が残りを全勝すれば文句なしで第1シード確定です。
第2シード争い
おそらくこれが地区首位の4チームでは一番大きな争いになるのでは。目下2位のチャージャーズは直接対決でレイブンズに負けているので、もし勝敗で並ばれるようなことがあれば第2シードも失いかねない状況にいます。SDに対して有利なレイブンズは残りのスケジュールが意外とあなどれないものとなっています。4チームの中でカンファレンス内成績が最も悪いペイトリオッツは残り4試合中3試合の相手が負け越しているチームですが、アウェーの試合が多く残っています。もっとも今年リーグで唯一アウェーで負けなしのペイトリオッツにとっては悪くはないかもしれません。コルツも下手をすればこちらの争いに加わる可能性も十分あります。
ワイルドカード争い
そしてWC争いが間違いなく今後のNFLで最も熱い戦いとなります。現在WC争いでトップのベンガルズは残りのスケジュールが厳しいもの(@IND、@DENなど)となっています。WCで2位につけているジェッツはNFL全体で見ても最も楽なスケジュールを残しています。逆にジャガーズは最も厳しいもの(IND、NE、@KCなど)になっています。チーフスも決して楽なものではありません。最終戦のJAXとの直接対決で決まる可能性も十分にあるでしょう。ブロンコスは自力でWCを勝ち取る可能性が最も低いといってもいいかもしれません。boltsさんの運営しているチャージャーズとパドレスを応援するBlogで興味深い情報が書かれていますのでチェックしてみて下さい。
個人的には現在、ウィーク13が終わった時点での第6シードまでの6チームがプレーオフにそのまま行くのでは?と感じています。順位には多少変動が出てきそうですが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。