上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AFCに引き続きNFCです。
日本時間明日の昼にもサーズデイ・ナイト・フットボール、サンフランシスコ・49ers@シアトル・シーホークス戦の結果が出てしまうので、NFCのプレーオフ・ピクチャーも今日アップしちゃいます。

  NFC               勝敗   Div.  Conf.
1.シカゴ・ベアーズ        11-2  4-0  9-0
2.ニューオーリンズ・セインツ    9-4  4-1  8-1
3.シアトル・シーホークス      8-5  3-2  6-4
4.ダラス・カウボーイズ       8-5  2-3  5-4
5.ニューヨーク・ジャイアンツ    7-6  3-1  6-3
6.フィラデルフィア・イーグルス   7-6  3-1  6-3

7.アトランタ・ファルコンズ      7-6  3-2  5-4
8.ミネソタ・バイキングス       6-7  2-3  6-4
9.キャロライナ・パンサーズ     6-7  3-1  4-6

NFCの順位表です。先週と変わったのはSFとSTLの西地区組が揃って可能性がなくなったくらいで、実質的には変わっていません。現在のチーム力や残りの対戦相手を考えると8勝のプレーオフチームというのが現実味を帯びてきました。

第1シード争い
ベアーズはすでに第2シード以上を確保しました。残り3試合で2敗以上しなければ第1シード確定です。残りの対戦相手を考えるとベアーズの第1シードは現段階でも確定と言ってもいいかもしれません。唯一チャンスがあるのはセインツ。ですが、上に書いた通り可能性はほぼないでしょう。
第2シード争い
この争いはセインツシーホークスカウボーイズの3チームに限られています。勝ち星で一つ上を行くセインツはカンファレンス内の成績でも優位な位置にいます。実質残りの対戦成績を考えるとセインツが2敗以上を喫した場合にのみ、シーホークスとカウボーイズにもチャンスが回ってきます。とはいえ、セインツも@NYG戦と死に物狂いでくるかもしれない対CAR戦が残っているので悠長にはしていられません。シーホークスはホームでのSD戦、カウボーイズはアウェーでのファルコンズ戦とホームでのイーグルス戦が山場となるはずです。第2シードはジャイアンツとカウボーイズが鍵を握っているかもしれませんね。もう一波乱ありそうな予感がしています。波乱があった場合は10勝の第2シードが現れるやも…??(やはりセインツを信用し切れていないのだろうか…。)
ワイルドカード争い
混戦模様のワイルドカード争いですが、実質現在7勝6敗までのチームに絞られたといっても過言ではありません。おそらく9勝7敗というのが一つの大まかなラインでしょう。そうするとジャイアンツイーグルスファルコンズの3チームのうちいずれか2チームが2勝を上げるとカンファレンス成績などを考えても現在6勝のバイキングスとパンサーズは厳しくなるでしょうね。
注目したいのは東地区です。現在首位のカウボーイズを含めてジャイアンツとイーグルスにも地区優勝の可能性が残されています。首位のカウボーイズは地区内での成績が悪いので勝敗で並ばれてしまった場合ワイルドカード(第5、6シード)に回る可能性もあります。残りの試合を考えるとイーグルスはアウェーでNYGとDAL、ホームでATLとの対戦があり楽ではありません。カウボーイズはおそらく次週のアウェーファルコンズ戦が一番大事な試合になるはずです。そのファルコンズも残り3試合全てがプレーオフ争いをしているチームとの対戦です。不安定なチームというのを考えると厳しいかもしれないですね。不気味なのがジャイアンツです。ホームでのPHI、NOを連勝、さらに最終戦@WASも勝てば地区優勝も狙えるはずです。
そして本当の意味でワイルドカード、いろんな意味で(ある意味ジャイアンツより)不気味な存在なのがバイキングスです。ランD♯で記録的な活躍を見せているこのチームのオフェンスが機能し続けることが出来た場合、ひょっこりプレーオフに顔を出している可能性もなくはないのでは…。まあ来週の今頃はキレイさっぱり消えている可能性もなくはありませんが(笑)

NFCはこんなところです。パンサーズについては触れていませんが、来週は触れるかもしれません。最後は本当にNFCのワイルドカードみたいにグダグダなプレーオフ・ピクチャーになってしまいましたが、すいませんでした…。
スポンサーサイト
今日は週を追うごとに激化するプレーオフ争いについてです。ウィーク14が終わり残り3試合を残して時点で、プレーオフの可能性が残っている(もしくはもう決めている)チームは25チームもあります。あくまで数字上はということですが、これはシーズンが16試合制になってからは2番目に多いのだそうです。そう考えるとやはり近年はどのチームの実力も均衡してきているということなのかもしれませんね。
さて、まずはAFCから。

  AFC                  勝敗   Div.  Conf.
1.サンディエゴ・チャージャーズ     11-2  4-1  9-2
2.インディアナポリス・コルツ       10-3  3-2  7-2
3.ボルティモア・レイブンズ        10-3  3-1  7-2
4.ニューイングランド・ペイトリオッツ   9-4  4-2  5-4
5.シンシナティ・ベンガルズ        8-5  4-1  6-3
6.ジャクソンビル・ジャガーズ       8-5  2-3  5-4

7.ニューヨーク・ジェッツ          7-6  3-2  5-5
8.カンザスシティ・チーフス        7-6  3-1  3-6
9.デンバー・ブロンコス          7-6  3-3  7-4

今季も10勝を上げたチームがもしかするとプレーオフへ進めず、といったことが起こりそうな気配がぷんぷんとしています。プレーオフ争いをしているチームは先週と変わらずこの9チームです。

第1シード争い
チャージャーズが勝ち星で一歩リードしました。次週ホームのチーフス戦で勝てばさらに一歩第1シードが近づきますが、その後のアウェー・シアトル戦は厳しい戦いとなるはずです。まだまだコルツレイブンズもチャンスがあります。脱落したのはペイトリオッツ。仮に勝ち星で並んだとしてもカンファレンス成績をさらに下げてしまったNEはチャンスがなくなりましたね。
第2シード争い
この争いもチャージャーズコルツレイブンズの3チームに限られたと言えます(理由は上記と一緒)。ペイトリオッツの第4シードは確定と言ってもいいかもしれません。ということで、コルツが2位をキープするのか、チャージャーズが落ちるのか、あるいはレイブンズが浮上するのか。ファースト・ラウンド・バイという大きな条件を勝ち取るための戦いも激化必至です。今のチームの調子を見る限りはコルツが3位に落ちる可能性が高い気もします(次週CIN戦が勝負でしょう)。が、予想するにはあまりにも難しいので控えておきます…。
ワイルドカード争い
先週7勝で並んでいた5チームの内、今週勝ち星を手に入れたのはベンガルズとジャガーズの2チームのみでした。おそらく10勝がプレーオフの大まかなラインになると思われますので、負けた3チームは大きく一歩後退してしまったと言えるでしょう。中でもジェッツは格下(正確にはそうでもないが…)相手に痛過ぎる敗戦でした。これでアウェーでも2勝(MIN、MIA)を上げる必要が出てきてしまいました。チーフスは次週SDとアウェーでの対戦があることを考えると現時点ではさらに半歩後退していると言えるかもしれません。ブロンコスは現在9位ですが、同地区のチーフスより成績が上になった場合さらに浮上する可能性があります。ウィーク16のベンガルズとのホームでの一戦の結果がAFCのプレーオフの行方を大きく左右することになりそうです。そのベンガルズは現在5位ですが、次週@IND、翌々週@DENとアウェーで大きな連戦を控えています。連敗してしまえばドロップアウト(ファイナルアンサー??)になる可能性もあります。ジャガーズはNEとホームで、KCとアウェーでの対戦が残っています。特にウィーク17の最終戦のKCとの直接対決は全米中が注目する一戦になるやもしれません。
もし10勝が本当にワイルドカードのラインであるならば、ジェッツ、チーフス、ブロンコスの3チームはもう完全に負けられなくなりましたね。特にカンファレンス成績の(ずば抜けて)悪いチーフスは1敗した時点でシーズンエンドになるでしょう。現在5、6位のベンガルズとジャガーズも残りの対戦相手が非常に厳しいので、ワイルドカードは本当に目が離せないものとなりそうです。最後までもつれて第6シードは9勝7敗まで下がりそうな予感がしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。