上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Divisional Weekend

ニューイングランド・ペイトリオッツ 24 @ 21 サンディエゴ・チャージャーズ

試合からはしばらく経ってしまいましたが、少し自分なりに分析してみたいと思います。いくつかポイントを先に挙げてからそれについて書いていくつもりです。

・ターンオーバー
まずこの試合のキーポイントとしてはターンオーバーだったと思います。SDが4つ、NEが3つ、とプレーオフの深いところまで来たチームの戦いとしては少し多かったような気もします。キーだったのはターンオーバーから来る失点。NEは3つのINTを喫しましたが、それによる失点はゼロ。それに対しSDはパント時のファンブルなど、NEオフェンスを続行させる形になったターンオーバーが多かったです。特に第4QのNEの4thダウン時でのINT直後のファンブルは試合の流れを大きく変えるものとなってしまいましたね。

・試合展開
これは僕の偏った観方だったとは思うのですが、どうもこの試合は最初からSDがやりたかった試合展開ができなかったと思いました。まあ前半に2つのTDを上げたところまではうまいこと行っていたとも思いますが…。SDのやりたかった試合展開、それは決して試合終盤までもつれるような肉弾戦といいますかどちらの意地が最後まで持つか、といった試合ではなかったはずです。ゲームプランが最初からそうだった可能性はほとんどないでしょうが(接戦になると考えていたのでは?)、できれば自慢の攻撃力で点差を広げておきたかった(最低でも2ポゼション差)、というのが本音だったと思います。実際、この試合が終盤を迎える頃には2ポゼション差以上ついていても全くおかしくなかったのでは。
そうならなかったのはNEの選手たちとSDの選手たちの集中力の差とも言えるミスでした。ミスというのはパーソナル・ファウルや先に書いたパント・リターン時のファンブルなどです。
・対応力 (上からの続きです)
こういったミスによって、試合は大きな差がつかず、SDとしては嫌な感じ、NEとしてはなんとか1ポゼション差にとどまることができたように思えます。こうなると様々な勝ち方を知っているNEの方が有利でした。というのは、この試合は残り時間7分を切ってからは試合の展開が目まぐるしく変わりました。
SDは1点差に詰め寄られていた第4QにNEにはショックの残るようなTDを上げ8点差とし、優位な立場で試合を進めることになりました。そして迎えた例の4thダウンのギャンブルであの想像もつかないようなミスがあったのです。あのプレーにこそ、両チームの対応力の差があったと思いました。SDとしては、あのINTは落とすべきでした。まあD♯の選手としては反射的にキャッチをしてしまうのはわかります。しかし、もしキャッチをしたとしても相手のタックルだけは食らってはいけませんでした。どんな時であれ、フットボールは「何が起きてもおかしくはない」のです。逆にNEは「何が起きてもおかしくはない」ことがわかっていたのです。つまり、あそこでパスがINTされてもおかしくはなく、またINTされた後に相手のファンブルを誘うことだって「起きたっておかしくはなかった」のです。それを見事に実践したのがNEのWRトロイ・ブラウンというNE一筋のベテランだったのです。
あのプレーは、日頃から常に「何が起きてもおかしくはない」という考えの下でプレーをしていたからこそ、起こったプレーだったと思います。偶然なんかではなく、間違いなくNEの選手による対応力が生んだプレーでした。

・経験値
これこそがこの試合を大きく分けたものだったかのようにも思えるのですが、どうでしょう。これを言ったら元も子もないでしょうかね…。でも先のトロイ・ブラウンにしたって、DBというポジションの経験があってこそのフォース・ファンブルでした。直接的に経験が活きたというのはあのプレーくらいでしょうが、間接的には多くあったと思います。上に書いた試合展開なんかは、NEの選手全員がどんな試合展開になってもいいように戦えていたのに対して、SDの選手たちは必ずしも同じ集中力を持っていたとは思えませんでした。こういった集中力の統率などは、プレーオフなどの厳しい世界で戦って初めて身につくものだったりもしますからね。

・第3、第4の男
これは意外と大きかったのかな?と思っている要素です。第3、4の男というのはチームにいるスター以外の選手のことです。そういった選手の活躍がNEには見られ、SDには見られなかった、ともいえるかもしれません。まあスタッツだけで判断してしまうのも乱暴なのですが、この試合SDオフェンスはランもレシーブもLTがトップ。レシーブではゲーツが2番目に多いレシーブ・ヤーデージでした。まあいつも通りといえばいつも通り(さらにいつも通りやれば大抵勝てるのも今年のSDでしたが…)なのですが、もう少し他の選手たちがステップアップしなくてはいけなかったような気もしますね。
NEオフェンスでいうと、スターというスターは今年はブレイディくらいしかいないのですが…、そのブレイディはこの試合は不調でした。まあ最後はらしさを見せてくれたと言えるかもしれませんが、NEの場合はシーズン中あまり活躍を見せなかった選手が頑張りを見せましたね。特にシーズン中は若手育成に力を注いだからか、ベテラン選手の活躍はそこまで目立ちませんでした(怪我もあったけど)。ところが、プレーオフに入るとWRブラウン、TEグレアム、RBフォークなど、元スターだったり、一度もスター扱いをされたことのない選手が大きく貢献するようになりました。この試合を決定付けたのもWRコールドウェルといった昨年までSDに在籍し、そこでは控えだった選手のビッグプレーでした。
まあSDとしては最後までトムリンソンにおんぶに抱っこだったという印象が多少残ってしまいました。LTは最後までアンストッパブルだったという点を考えると、やはりSDには第3、第4の男のステップアップが必要だったのかもしれません…。


う~ん、やはりうまくまとまらなかったです…。読みにくいとは思いますが、最後まで読んでくださってありがとうございます。
そしてペイトリオッツファンの皆様、おめでとうございます。僕もこんなに嬉しい勝利は久々だったので、思わず一日中顔がニヤけてしまいました。←今も続いているかも…。まああれだけ強いチームを敵地で倒せたというのはSB制覇した頃もそんなになかったので(あの頃は文句なしに一番強かったので)、しばらくはこの余韻に浸りたいと思います。来週はインディアナ…、日本での中継はNFCのチャンピオンシップとのことです…。では最後にSDについて―。
今年のSDは個人的にはいつかこけるだろう、とも思っていたのですがここでこけましたか。やはりマーティがいけないのでしょうか…。確かに疑問の残るプレーコールは多々ありましたが…。来年も残っているのですかね。あっそういえば試合終了時にLTがめずらしく激怒しているシーンがありましたが、あれはNEの選手数人がミッドフィールドでショーン・メリマンのダンスを踊っていたからだそうです…。侮辱にあたる行動は避けてもらいたいですね。
スポンサーサイト
Divisional Weekend

ニューイングランド・ペイトリオッツ 24 @ 21 サンディエゴ・チャージャーズ

 事実上の決勝戦。とまで言われたこの一戦は予想通り激しい展開となったようですね。日本でも中継され(ケーブルですが…)たのですが、それを観れず…、で近いうちに録画放送されるだろうと思い、更新は試合を観てからにしよう!と考えていたのですが、どうやら放送も明日以降のようなので今日アップすることにしました。(中継は観れなかったのですが、携帯でESPNのサイトで随時経過をチェックしてました)
個人的な感想などはまた次回アップする予定ですが、まずは試合のおおまかな(??)内容を書いてみました。かなり雑だと思うのですが…。

LT in CHARGE
結果からいうと、24対21でペイトリオッツが逆転勝利を収めたようです。試合は序盤から両チームのD♯が迫力満点。共に試合を通じて7回ずつパントを蹴るというフィジカルな試合でした。そんな試合は両チームのオフェンスが決め手を欠いていた第1Q、ペイトリオッツが相手ファンブルによって起きたこの試合最初のターンオーバーを活かし、FGで先制。ところが第2Qに入ると、ここまでフィールドポジションで有利な立場に立っていたホーム・チャージャーズがRBラデイニアン・トムリンソンの2ヤードTDで逆転に成功しました。その後も両チームのD♯が試合を支配する展開が続きましたが、前半終了まで3分を切った時点でトムリンソンが(やはり)爆発。58ヤード・ランで一気にNE6ヤード地点へ。次のプレーでもう一人のRBマイケル・ターナーが6ヤードを走りTD、14-3とリードを広げます。チャージャーズとしては前半はこのスコアで折り返したいところ。
Rising Star?!
しかし、前半の内にもう一度得点を返しておきたいというペイトリオッツの気持ちの方が上でした。まずはRBケビン・フォークのランとWRジャバー・ギャフニーへのパスなどでSDテリトリーへ。その後はQBトム・ブレイディからのパスを中心に攻め、残り13秒でなんとしてもほしかった得点をTDという最高の形で上げることに成功し、前半を14-10という僅差で迎えることになりました。
D Still Alive
そして迎えた後半、立ち上がりはまたしてもD♯が存在感を見せ、両チームがパントを蹴り合います。試合が動いたのは第3Qが中盤に入りかける頃でした。ペイトリオッツQBブレイディの投げたパスがチャージャーズCBドレイトン・フローレンスにインターセプトされてしまいます。チャージャーズはこれで一気にNE32ヤード地点からの攻撃となりました。そしてそのままNE21ヤードと、一度はFG圏内へ進むことに成功しますが、その後ペナルティやペイトリオッツD♯のブリッツによるサックでFG圏内から弾き返されてしまいます。
First Mistake
結局そのドライブはパントで終わり、ペイトリオッツは自陣2ヤード地点からの攻撃となります。しかし、チャージャーズD♯も一歩も引かず、ペイトリオッツはまたしてもパントを蹴る羽目に。ところが、ここで試合が動きます。チャージャーズのパント・リターナーのエリック・パーカーがパントをキャッチミスし、ボールはペイトリオッツがリカバー。これによってペイトリオッツの攻撃が続きます。その後チャージャーズのペナルティなどもあり、さらに攻撃を進めますが、最後は決め手を欠きFG止まり。しかし、ペイトリオッツは貴重な後半最初の得点を上げることに成功しました。
Rivers IS Pro Bowler?!
その後試合はまたしても膠着状態へ。ところが、第4Qに入るとチャージャーズはTEアントニオ・ゲーツを中心ターゲットとしたQBフィリップ・リバースによるパス・オフェンスが機能しだします。リズム良く攻撃を進め、最後は再びRBトムリンソンがエンドゾーンへ走り、1点差に詰め寄られていたチャージャーズは21-13とペイトリオッツを突き放すことに成功しました。実はこのドライブの直前、ペイトリオッツはSD41ヤードまで進み、4th&2と微妙な距離を残したのです。今季のペイトリオッツならギャンブルか?と思っていたのですが、安全策を選択。そういった選択後のチャージャーズのドライブでのTDだったので、このTDは非常に大きいものだと感じました。
Season on the Line
残り時間は8分半、点差は8点。ペイトリオッツにとっては崖っぷちに立たされたといってもいいでしょう。しかし、そういう状況に立ってこそ実力を発揮するQBがペイトリオッツにいるのも事実。試合の流れを変えるかのようなチャージャーズのTD直後の、ペイトリオッツのシーズンを決めるであろうドライブが始まりました。ペイトリオッツはプレーオフに入ってから急遽頭角を現したWRギャフニーへのパスなどでSDテリトリーへ。さすがにブレイディだなぁ、と感じたのもつかの間、今度はチャージャーズのD♯がさすがの力強さを披露。あっという間に4thダウンとなります。奇しくもSD40ヤード付近でした。しかし、今度は選択の余地はなく、4th&5とはいえ、当然ゴーフォーのサイン。まさにペイトリオッツのシーズンがかかったプレーといえたでしょう。
Crucial Play
しかし、QBブレイディの放ったパスはこの日3つ目のインターセプトとなってしまいます。万事休すか、と思われた次の瞬間、ペイトリオッツWRトロイ・ブラウンがタックル。INTをしたマックリーはなんとそこで痛恨のファンブル。そのボールをペイトリオッツがリカバー。なんとも予想し難い形でペイトリオッツのドライブは続いたのです。ここでもう一度冷静になるチャンスを得たブレイディは難なくWR陣へパスを通し、残り時間4分40秒を残し、TDを上げます。もちろんペイトリオッツは2ポイント・コンバージョンで同点を狙い、それもRBフォークのラン(というかスナップをキャッチしてそのままランでしたが)で成功。同点に追いつきました。
Use LT...
チャージャーズとしてはショックの残る形で同点に追いつかれたのですが、RBトムリンソンを擁するチャージャーズ・オフェンスには十分過ぎるほど時間が残っていました。そして迎えた直後のドライブ。チャージャーズ首脳陣は最初こそトムリンソンのランを使いますが、直後はQBリバースのパスを選択。結果パスはインコンプリートとなり、3&アウトという最悪の結果になってしまいます。残り3分半を残し、ボールはペイトリオッツへ。
The Play of the Game
試合がかかったドライブとなるペイトリオッツの攻撃はやはりQBブレイディのパスを中心としたものになりました。まずはTEダニエル・グレアムへ19ヤードのパスで自陣34ヤードへ。その後はチャージャーズD♯が踏ん張り、3rd&10となり、両チームにとって非常に大事なプレーが訪れます。そこでQBブレイディはサイドライン際を走っているWRリシェイ・コールドウェルへのロングパス。そのパスは見事に成功、49ヤードのゲインとなり、ペイトリオッツは一気にSD17ヤード地点とFG圏内へ進みます。そこからはうまく時間を消費するため、RBコーリー・ディロンのランを多用するもチャージャーズD♯に止められ、31ヤードのFGを狙うことになりました。キッカーはルーキーのスティーブン・ゴストカウスキー。一度も第4Qでの決勝FGを蹴っていない選手でしたが落ち着いてFGを成功し、残り時間1分強を残し、ついにペイトリオッツが逆転に成功しました。
... is short
リードされたとはいえ、チャージャーズには1分というFG圏内へ進むには十分な時間が残されていました。そしてQBリバースのパス2本でNE36ヤード地点まで進むことに成功しますが、それと共に時間はなくなっていき、残り8秒で54ヤードのFGを狙うことになります。しかし、キッカーのネート・ケイディングのFGは短く、チャージャーズのシーズンはここで幕を閉じることになったのです。

Patriots moves on
こうしてAFCはコルツに続きペイトリオッツがチャンピオンシップへと駒を進めることになりました。因縁の対決がまさか今年こういった形で再び巡ってこようとは…。どうやら時代が変わるのはまだ先のことのようです。一体どんな試合になるのでしょう。今から楽しみです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。