上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひさしぶりのNBAです。つい先ほどファン投票によるNBAオールスターのスターティング・ファイブが発表されました。メンバーは以下の通りです。

Eastern Conference

G ドゥウェイン・ウェイド - マイアミ・ヒート
G ギルバート・アリーナス - ワシントン・ウィザーズ
F レブロン・ジェームズ - クリーブランド・キャバリアーズ
F クリス・ボッシュ - トロント・ラプターズ
C シャキール・オニール - マイアミ・ヒート


Western Conference

G コービー・ブライアント - ロサンゼルス・レイカーズ
G トレーシー・マグレイディ - ヒューストン・ロケッツ
F ケビン・ガーネット - ミネソタ・ティンバーウルブス
F ティム・ダンカン - サンアントニオ・スパーズ
C ヤオ・ミン - ヒューストン・ロケッツ


らの10人がファンによってスターティング・ラインアップに選ばれました。
イースタンは今やNBAの顔ともなった2人のスーパースター、ウェイドとレブロンが当然の選出。オールスターといえば…のヴィンス・カーター(これもどうかとは思うけど…)がウィザーズのアリーナスに僅差で敗れ、スタメンからはもれましたね。アリーナスの今季の活躍を見れば当たり前ですかね。パワーフォワードには初のオールスターとなるボッシュ。地味にカナダでチームの大黒柱として活躍を見せています(ラプターズは地区優勝争い…一応)。そしてセンターには14年連続のオールスター選出となったシャック。殿堂入りしているレイカー・レジェンド、ジェリー・ウェストとカール・マローンと並び、連続オールスター選出の記録達成となりましたね。
ウェスタンのセンター、ヤオ・ミンは今年はレブロンに次いで全体で2番目に得票を集めました。ルーキーの頃は中国からの票が多いだけで実力としてはいまいちかな…なんて思っていたものですが、最近は名実ともにオールスター級となりましたね。でも今年は怪我のため、欠場することになるでしょう。ウェスタンは他には常連がやはり強かったですね。コービーは200万票を超え選出。マグレイディも人気は未だに衰えていないようです。フォワードにはガーネットとダンカン。この2人も「さすが」のスタメンといえるのではないでしょうか。

さて、スタメンはこれで決定です。いや、正確には怪我で出れない選手には他に代役が出てきますが、それはまた後日発表となります。ベンチ(という表現も変な話ですが、笑)に入る選手は監督たちによって選出されます。発表はまだ先の話になるかもしれません。
では、今日は他の有力候補の選手について少し書いていきます。

イースタン
センターにはオーランド・マジックのドワイト・ハワードが今季の活躍を見ても、間違いなく選ばれるのではないでしょうか。ヒートでシャックの代役をしていたアロンゾ・モーニングも根強いファンがいます(あっでももうファンの人気は関係ないか…)。今季シカゴ・ブルズに移籍したベン・ウォーレスもスタッツには表れない活躍を見せています。個人的には今年のNBAの前半は、ニューヨーク・ニックスのエディ・カリーなんかの活躍が少し印象に残っています。
フォワード陣では、ウィザーズのカロン・バトラー。彼の存在なくして現在のウィザーズの位置はありません。間違いなく選出されると思います。他には…、イースタンのフォワードは前半戦を見た限り(そんなには見ていませんが…)、ぴんとくる選手はあまりいません。インディアナ・ペーサーズのジャーメイン・オニール。個人的にはあまり好きな選手ではありませんが、高さのないイースタンでは選ばれるかもしれませんね。例年ならボストン・セルティックスのポール・ピアースの名前が間違いなく挙がるのですが、今季はピアースとしてもキャリア初の長期間の離脱をしいられています。ので、選出される+プレーできるかどうかは微妙でしょう。デトロイト・ピストンズのラシード・ウォーレス、シャーロット・ボブキャッツのエメカ・オカフォーらも微妙ですかね…。
ガード陣では、ピストンズのチョーンシー・ビラップス、ミルウォーキー・バックスのマイケル・レッド、オールスター常連のカータージェイソン・キッドらが激しく争うのではないでしょうか。他にはピストンズのリチャード・ハミルトン、シカゴ・ブルズのベン・ゴードンらも十分オールスター級の活躍を見せた前半だったと思います。

ウェスタン
センター陣ではデンバー・ナゲッツのマーカス・キャンビーを押したいですね。たまに全くといっていいほど存在感を無くすこともありますが(笑)、ディフェンス、リバウンドといった面ではリーグ屈指のセンターです。フェニックス・サンズのアマーリ・スタウダマイヤーはおそらく当確でしょう。ユタ・ジャズのメーメット・オクヮァー、ダラス・マーヴェリックスのエリック・ダンピアーらも活躍を見せていましたね。
フォワード陣は、マーヴェリックスのダーク・ノビッツキーがスタメンに選ばれていないのはおかしいくらいですね。ナゲッツのカーメロ・アンソニーはシーズン途中のけんか騒動が響いた感があります。ジャズのカルロス・ブーザー、マーヴェリックスのジョシュ・ハワード、レイカーズのラマー・オドムらは個人的にはオールスターに選んでほしい選手です(特に好きというわけではないが…)。他にはサンズのショーン・マリオンくらいでしょうかね。
ガード陣、ウェスタンはベンチも超豪華になりそうです。2年連続NBA、MVPのサンズ・スティーブ・ナッシュは間違いなく選ばれるでしょう。そしてシーズン途中からナゲッツに移籍したアレン・アイバーソンも移籍がなければファン投票によるスタメンも確実でした。個人的にはジャズのデロン・ウィリアムズが今最も熱いガードだと思っています(笑)。彼も選ばれるのではないでしょうか。他にはシアトル・スーパーソニックスのレイ・アレンはここ最近は絶好調です(シーズン通しても素晴らしいのですが)。マーヴェリックスのジェイソン・テリーも今季は選ばれるのではないでしょうか。スパーズの外国人ガード・コンビは例年よりは若干元気がないような気もしますね。ニューオーリンズ・ホーネッツのクリス・ポールにも期待していたのですが、怪我でおそらく選出されることはないでしょう。


さて、オールスターの選手チェックはこんなところです。実は個人的にはそこまでオールスター・ゲームというものには興味はないのですが…、その年活躍している選手というものは気になります。なのでアップしてみました。NBAも早、前半の41試合は終了してしまいました。ここ2、3年は勢力図がだいぶ均衡になっていたNBAですが、今季は数年前以上に「西高東低」の図式が当てはまってきた印象を受けます。果たして、後半戦にイースタンのチームによる巻き返しがあるのかどうか?注目したいですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。