上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.21 NBA in March...??
またまたご無沙汰しております。ブログの更新率とは裏腹にここ1週間ほどはだいぶスポーツ観戦ができているふっきーです。なんだか更新が減るとこんなしょうもない挨拶が続いてしまうのが多少残念(?)な気もしますが、そこは何卒ご勘弁を…。

さてさて、まずは最近のスポーツ観戦(TV中継です)の話題を。といってもここで書くほどの知識は到底ないので大して触れない予定なのですが…。最近は大相撲、シンクロナイズド・スイミング、カーリング、バスケ(日本の実業団)などなど、ちょくちょく観戦しています。いろいろ観てはいますが、やはり自分がやっていたスポーツだけあってバスケは結構楽しんで観れました。女子バスケは特に。カーリング(通称カー娘)はまだまだって感じでしたね(内心かなりがっかりしましたが…)。シンクロは…はっきり言ってわかりません(笑)。すげえの一言です。相撲は荒れる春場所、かなり盛り上がってきましたね☆ネタが少ないので最近の話はここまでで(苦)。


ここからは本題で。NBAもシーズンの終盤に差し掛かってきましたね。ここからの戦いは見ものです。プレーオフ争い、ホームコート・アドバンテージ争い、最下位脱出争い、様々なところで様々なレベルで争いがあります。中でもやはり注目されるのはホームコート・アドバンテージを賭けた争いですね。
両カンファレンス首位争い
今季はここまでイースタンではデトロイト・ピストンズ、ウェスタンではダラス・マーヴェリックスが首位を走っています。ウェストのマブスは前にも書いた通り開幕4連敗後は圧倒的な強さを見せつけ、現在NBA全体でも頭一つ抜き出ているような存在感があります。ウェスタン・カンファレンス2位のフェニックス・サンズとは現在4.5ゲーム差ついており、カンファレンス1位の座は8割方確定と言っていいでしょう。
一方ウェストと比べると迫力不足に感じられるイーストはここに来て1位ピストンズに同地区のクリーブランド・キャバリアーズが1.5ゲーム差と急接近してきて、混戦模様になってきました。実力、経験からするとピストンズが有利にも見えますが、体力、ハングリー度を考えるとプレーオフでは何かが起こるかもしれません。
イースタン・カンファレンス注目チーム
もちろん今書いた各カンファレンス1、2位のチームだけでなく、他の数チームにもファイナルへのチャンスは大いにあります。個人的にこれから特に注目したいのは、イーストではシカゴ・ブルズ。ブルズはここ数年で最も実力と経験を積んできたチームです。今季はベン・ウォーレスの加入もあって開幕前から注目度は抜群でした。開幕直後はいまいち存在感を示せなかったビッグ・ベンも試合を追う毎にチームのシステムに慣れてきたのか、徐々にピストンズ時代の存在感を示せるようになってきましたね。その成果はチームの成績に表れてきているように思えます。
今季のイーストでは必ずしもホームコート・アドバンテージを持ったチームが有利とは言えない気がしています。地力のあるチームが勝つ、といったようになるのではないでしょうか。ブルズが今年ファイナルへ行く可能性は極めて低いとは思いますが、このまま成長していければ近い将来、再びこのチームが輝く時代がやってくるかもしれませんね。そのためには今季プレーオフ・シリーズで勝つ必要があるのですが…。
ウェスタン・カンファレンス注目チーム
ウェストではサンアントニオ・スパーズ。今季はこれまでほとんどと言っていいほど注目を浴びずに来ているチームですが、やっとここに来て調子を上げてきた感があります。ティム・ダンカンが完全な状態でプレーオフへ臨めればこのチームを倒すのはそう簡単なものではないはずです。もう1チームはユタ・ジャズ。ここに来て若干バテ気味になってきたという噂はちらほら聞きますが、個人的には結構期待しているチームです。もっともプレーオフ1回戦を突破できるかどうかはかなり微妙なところまで来ている気もしますが…。ただ当ブログでも何回か書きましたが、ガードのデロン・ウィリアムズは今最も熱い選手です(個人的見解)。ジャズもスパーズほどではないでしょうが、簡単に倒せるチームではありません。
まあウェストでは今の実力を見る限りではマブス断然有利という立場はノビッツキーが負傷でもしない限り、揺るがないものかとも思いますが。まあ来るプレーオフ・タイムに各チームがどれだけ勢いをつけれるかにも注目したいですね。

p.s. それにしてもコービーはすごいですね。65点獲ったと思いきや次の試合でも50ですか。レイカーズもプレーオフではちょっと注目ですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。