上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おいおいおいおいおい…。
いやいやいやいやいや…。

本日早くも2度目の更新。最近1日おいての更新ばっかりですいません。やる気が話題がないも…話題がたくさんあってどれに手をつけようか迷っていまして…。はい、言い訳はたくさんです。

いきなりしょっぱなからすいませんでした。何がおいおい、いやいやかって?それはもちろん我が愛するレッドソックスですよ~。先週18日からアメリカで最も注目されているライバル同士の、今年最も注目された対決がありました。因縁の対決です。ヤンキース対レッドソックスの対決です。何がそんなに注目されたかといいますと、前にも書いた通り、歴史に残るであろう4日間で5連戦という thought to be 大激戦があったからであります。まあ大激戦であったのはある意味そうなのですが…、なんとも内容の悪い試合が続いた模様で…。そしてレッドソックスファンからすればこれ以上悪い結果はなかったわけであります。はい、結果はヤンキースにまさかの5連敗…。もっともそこまで「まさか」ではなかったのですが。
このシリーズが始まる前の両チームの状態の差は歴然とまではいかないものの、はっきり目に見えていました。ヤンキースはなんだかんだ騒がれながらも白星を積み重ね(直前のオリオールズとのシリーズは負け越しましたが…)、一方のレッドソックスは今月に入るか入らないかくらいから格下と思われるインディアンズ、デビルレイズ、ロイヤルズ相手にことごとく負け越し。メジャー最低勝率を誇るロイヤルズ戦に至ってはまさかまさかのスイープを喫する始末!そんな中で迎えた因縁の対決だったのでさほど「まさか」ではないかもしれませんよね。しかし、両チームに調子に差があった中での戦いであったからこそ、この結果が「まさか」でもあったのです。若干文脈に矛盾を感じますが…。ヤンキース対レッドソックスという因縁の対決が「因縁」たる由縁は、たとえどちらか一方が調子が悪く、一方が調子のいい時でも、直接対決になればそれが関係なくなるということだったのです。もちろん全く関係ないということはないのでしょうが(04年のALCSのように)、これまでは(少なくともここ数年は)調子が悪くてもなんとかしようという気持ちが出るため、結果的に調子が上向きになることが多かったのです。まあ調子が上がらなくとも試合の結果はそう簡単にスイープや連敗ということにはならなかったわけであります。(昨年までレッドソックスに在籍していた現ヤンキー・デーモンは「調子の悪い時こそヤンキース戦がくることを望んでいる」みたいなことを言っていましたし。)しかし、今回のシリーズではいとも簡単にスイープを喫してしまったわけで…、しかも5連戦を…。シリーズ前は1.5ゲーム差だった首位ヤンキースとの差は一気に6.5ゲームへと広がってしまいました。さらには、中部地区の争いが激化するにつれ、ホワイトソックスとツインズが勝ち数を増やしてきており、ワイルドカード争いでも4.5ゲーム差の3位まで落ち込んでしまいました。レッドソックス、プレーオフ戦線限りなく赤信号に近くなってきております…。

いや~もはや最大のライバル同士でもなくなってきたのかなぁ。長くなってきたのでシリーズとレッドソックスに関しては明日にでも書いていきたいと思います。ではでは。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://the5thseason.blog65.fc2.com/tb.php/112-d14c1970
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。