上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一昨日NBAのカンファレンス・セミファイナルの予想をしてから各シリーズ1試合ずつ消化したけど、これがまた結構おもしろい結果になりましたよ。ピストンズの敗戦は意外だったけど、他の試合はまあこんなもんかなと。でも思った以上にヒートとマブスがいいチーム状態になった感があるね。(カンファレンス・セミあたりではできるだけ連勝して早めに終わらせた方がチームに勢いがつくと思っているので。)今日はセミファイナルの中でも一番注目のマッチアップ、テキサス州内での激しい戦いに着目しまっす!

 スパーズとマブス。この2チームはレギュラーシーズン中からカンファレンス1位の座を争ってきて最終的にはスパーズがそれをものにしたんだけど、両チームの実力はほぼ互角、シーズン中も2勝2敗のタイだったし。シーズンが終わった時はやっぱり地力と経験の差でスパーズが一歩上をいってるのかなと思ってたけど、昨日の試合でマブスが延長の末勝ってマブスが3勝1敗とカンファレンス・ファイナルへ先に王手をかける形となった。こうなるとマブスがかなり優位。今年の1回戦でサンズがレイカーズにその状態から逆転して勝ち上がってきたけど。1勝3敗からそのシリーズに勝ったことのあるチームって長いNBAの歴史でも過去に7度しか起こったことがないらしい(今年のサンズは8チーム目)。
マブスはここ4、5年レギュラーシーズンではかなり安定して高い勝率を収めてきてるけど、プレーオフに入るとなんかいまいち流れに乗るわけでもなく、負けた相手には実力差を見せつけられて負けてきたような感じを受ける。3年前こそカンファレンス・ファイナルまで進んだもののその年優勝したスパーズにあっさり負けてるし。去年もセミでサンズに走り負け。だからダラスファンにとっても今年こそ!って思いがかなり強いと思うんだよね。もともとオフェンスに関してはリーグ屈指の得点力だし、7フッターなのにアウトサイド得意なノビッツキー中心に若手の選手もかなり活躍してて、いい感じにかみ合ってるんだけど。ここ数年プレーオフで期待通りの成績をあげれないのはディフェンス面が問題あったからなんだよね。だから去年の終盤からチームの指揮を執ってるエーブリー・ジョンソン(現役時代はスパーズのPGで長くやってたよね!アウトサイドはまじなかった!)監督は今年の初めからディフェンスを強化を計ってきて、それがやっとチームに根付いてきたかなと感じてます。オフェンスに関してもジョンソン監督はずっとノビッツキーにアウトサイドじゃなくてインサイドで勝負を仕掛けてほしかったみたいで、最近そういうプレーが多くなったことに喜んでました。試合後の会見で「俺がずっと思い描いてた理想のチームに今やっとなりつつあるんだ」みたいな事をアツ~く語ってたよ(笑)。まだ今シリーズが終わったわけではないけど、マブスに必要だったのはディフェンス以上に熱いハートをチームに注入してくれる誰かだったのではないかなとも思えます(もちオーナーのマーク・キューバン以外で。彼はただの超熱狂的ファン)。mark_cuban_mug.jpg

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://the5thseason.blog65.fc2.com/tb.php/12-147225b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。