上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やってまいりました。NFLのパワーランキング初挑戦でございます。個人的な好みや偏ったものの見方などでかなりランキングが左右されることは間違いなしなのでそこらへんはまあ適当に流してください。では今週のパワーランキングをどうぞ。

1.シカゴ・ベアーズ(2-0)
 文句なし。Dは完璧。さらにはOも完璧に近い状態。次週のミネソタ、その次のシアトル戦が序盤戦の鍵となるはず。この状態が続けば連勝もおかしくない。
2.ボルティモア・レイブンズ(2-0)
 レイブンズも文句なし。QBマクネアーがうまくOをコントロールしている。Dは今年も破壊力抜群。1位に立っていてもおかしくはない。
3.インディアナポリス・コルツ(2-0)
 今年もリーグを圧倒する力を持っていることを先週示した。問題はラン・オフェンスを安定させることができるかどうか。今年もどのチームもコルツを倒さなければ上へは行けないだろう。
4.シンシナティ・ベンガルズ(2-0)
 もたつくシーンが多いが、チームのポテンシャルの高さを感じずにはいられない。2勝しているのはその裏づけか。さらに上位にのぼる可能性大。
5.ジャクソンビル・ジャガーズ(2-0)
 周囲の感心は週ごとに高くなってきている。スティーラーズを完封したDもあなどれない。来週のアウェイのコルツ戦が前半の山場か。
6.サンディエゴ・チャージャーズ(2-0)
 あわや2試合連続の完封勝ち。さらにラン、パス・オフェンス共に好調。QBリバースも安定している。周囲の評価はまだあまり高くはないが、それも近いうちに変わるかもしれない。
7.アトランタ・ファルコンズ(2-0)
 実際はもっと高い位置にいるべきだろう。NFL.comでは1位。しかし、今の時期にここまで調子がいいのはあまりよくはないかもしれない。それにしてもラン・オフェンスは恐異的
8.ニューイングランド・ペイトリオッツ(2-0)
 2勝はするもどこか不安の残る試合展開が多い。しかし、QBブレイディの復調と共にランキングも上がる可能性も。次週のブロンコス戦(ホーム)は序盤戦のカギとなるはず。
9.シアトル・シーホークス(2-0)
 どうもパッとしない。Oにも昨年ほどの爆発力がない。この状態が続けば近々タイトルコンテンダーから外れるかもしれない。(そんな状態でも連勝スタート!)
10.ミネソタ・バイキングス(2-0)
 誰も予想していなかった(?)2連勝。昨年のプレーオフチーム相手に連勝はチームを活気付けるだろう。次週のベアーズ戦(ホーム)で本物の実力かどうかが問われる。
11.フィラデルフィア・イーグルス(1-1)
 ジャイアンツに奇跡の大逆転負けを喫したが、実力的にはトップ10入りしていてもおかしくはないはず。先週の負けを引きずらなければ上位に上がるだろう。しかしDEカースの離脱は痛い。
12.ニューオーリンズ・セインツ(2-0)
 誰も予想していなかった(真)2連勝。ただし、ここからが本番と言えるだろう。厳しい戦いは次週ホームでファルコンズを迎え撃つことから始まる。
13.ピッツバーグ・スティーラーズ(1-1)
 先週スティーラーズらしい試合が出来ていたならもっと上位に食い込んでいたはず。休む間もなく次週はホームでベンガルズ戦。その後も強豪との戦いが続く。

以下省略。
さすがに全チームにはランクつけられないので…。まだシーズン序盤なのでこのランキングも結構適当です。といいつつも少し本気な面も…。一応毎週載せていきたいと思っていますので、なにかしらの参考にしていただければ幸いです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://the5thseason.blog65.fc2.com/tb.php/136-5624ff75
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。