上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.04 -Epilogue-
高校野球の神様は今年はとことん斉藤と田中、そして早実と駒大苫小牧の両者を主役に選んだようですね。
私、今年の夏の甲子園は例年より熱く燃えさせていただきました。(あっでもメディアのフィーバーっぷりとは関係ないですよ…一応。) このブログの立ち上げ時にも書いた「スポーツこそドラマ」論ですが、今年の甲子園ではまさにドラマを観ることができたと個人的に勝手に感じていました。そんなドラマも早実初優勝で終わりを迎えたように思えましたが、そのドラマにエピローグがあったようですね。
秋の国体です。高校野球では国体はさほど注目を浴びることもなく毎年終わっていくものです(TV中継もないしね)。どこの高校でも夏が終われば新チームになるので当然といえば当然ですね。実際出場する選手達も夏ほどの緊張感はなく、のびのびと野球を楽しんでいる姿を見せてくれる大会でもあります。それが今年は夏に大注目を浴びた早実・斉藤や駒大苫小牧・田中などが出場するということで(毎年夏の甲子園での上位校が出場する)、大いに盛り上がったようです。
そして今日、決勝戦ではまたしても早実対駒大苫小牧の因縁の対決が実現したのです。結果は夏に続いて早実の優勝。斉藤のハンカチパフォーマンスは準決勝だけだったようですが、今年の国体はなにかと話題に困らない大会となったようですね。個人的には田中が調子がいいと聞いていたので苫小牧が優勝するんじゃないかと思っていたのですが、早実の強さは夏だけということではなかったようです。これで正真正銘高校野球での斉藤、田中ら3年生は引退となりますね。高校野球、さらには野球というスポーツをこれだけ盛り上げた両校にはプロ野球界も感謝しなくてはならないかもしれませんね(高野連は鼻高々…)。
斉藤、田中の両投手は国体で夏より少し成長した姿を披露してくれました。夏のドラマではエピローグとなりましたが、2人の野球選手にとっては今年はプロローグとなるでしょうね。早く2人をプロ野球の舞台で見たいです。それではまた。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://the5thseason.blog65.fc2.com/tb.php/143-5f229e19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。