上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.14 It's SO Sweet !!
本日2度目の更新です。メジャーリーグのリーグ・チャンピオンシップが盛り上がってます。今日は今年初めてカージナルスの試合を観ました。特にカージナルスファンってわけではないのですが、田口は応援している選手の一人なのでなんとなくカージナルスサイドに立って観戦してしまいます。そして今日やってくれましたよ!タグ~チィ!9回表見事な勝ち越し弾。いや~素晴らしい打席でした。

ナショナル・リーグ
ニューヨーク・メッツ 1-1 セントルイス・カージナルス
今日行われた第2戦で田口が9回に貴重な勝ち越しホームラン。試合はメッツが先制、勝ち越しはするもカージナルスが2度追いつき、最後は逆転勝ちを収めましたね。ここにきてあの粘りを見せることができたのは大きいかもしれません。それを象徴するかのような9回の田口のこの試合唯一の打席でのあの粘り強さと勝負強さ。本当に素晴らしいの一言です。田口はこのポストシーズンは2打数2安打の2本塁打なんですね(今年はシーズンを通して2本しか打っていないのに…)。これだけの勝負強さを見せる選手をベンチに置いておくのはもったいないです。スターターで出る可能性も出てきたのでは。
シリーズを見てみると、これでタイに持ち込めたのは大きいです。第1戦にベルトランがホームランを打った時は今年もまたベルトランの独り舞台になるかと思いましたが、今日はノーヒットに終わりましたね。カージナルスはエースのカーペンターの不調具合がかなり気になります。あと1戦は必ず投げるでしょうから。しかしシーズン中にあまり良くなかったブルペンがポストシーズンに入って絶好調になったのは嬉しいでしょう。打線は1、2番がもう少し当たりが出なければ今後は厳しいです。一方のメッツはクローザーのワグナーを同点の場面で持ってくるといった作戦を取りましたが、それが裏目に出てしまいました。ワグナーがあれだけあっさり打たれたというのは今後に向けての不安材料でしょう。打線では5番を打つライトがもっと活躍しなければ厳しいと思われます。総合的に見るとメッツの方が有利な気がしますが、セントルイスでカージナルスがうまく波に乗れれば2年ぶりのワールドシリーズも見えてきそうです。そのためには田口をもっと使ってほしい気が…。

アメリカン・リーグ
オークランド・アスレチックス 0-3 デトロイト・タイガース
今日デトロイトで行われた第3戦もタイガースが勝ち、早くも王手をかけました。タイガースの先発だったケニー・ロジャース(42歳)は今年のポストシーズンは失点ゼロの2勝目。これまでのキャリアでポストシーズンは防御率ゆうゆう二桁台だった男とは思えないほどの活躍です。タイガースは打つべき人が打って、抑えるべき人が抑えているといった印象ですかね。まあ捕手のロドリゲスは打てていないのですが。
A'sはディビジョン・シリーズの勢いはどこへいってしまったのでしょうか。ALDSであれだけ打った4番のフランク・トーマスの不調が明らかに影響していますね。もともと投打ともにバランスよく活躍しないと勝てないチームなので、打が崩れてしまうと厳しくなってしまいますね。まあもうこれで後がなくなってしまったので、これからは一戦一戦を勝ちにいくしかないでしょう。しかしこの劣勢を跳ね返すだけの元気がA'sにあるとは残念ながら思えないですね…。


                                                    Cory Lidle R.I.P.
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://the5thseason.blog65.fc2.com/tb.php/149-576932d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。