上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.17 Looking Good !!
どうもです。NFLも今日(アメリカ時間だと昨日ですが)でウィーク6が終わりました。今週は6チームもバイ・ウィークだったってのもあり、試合はちょっと少なめ(?)でしたね。最近はNFL話題も週に一回のパワーランキング(超個人的)のみでしか書いていないのですが、今日は少し今までに触れていなかったようなチームについても書いていくつもりです。え~つまりはランキングに顔を出さなかったチーム=上り調子のチームについてなどです。
今週も白熱した試合が多かった模様です。そんな中、今シーズン未だに白星がなかったチームが4チーム中3チーム初勝利を上げることができました。デトロイト・ライオンズ、テネシー・ワルツ タイタンズ、タンパベイ・バッカニアーズの3チームです。これで未勝利のチームはついにオークランド・レイダースのみとなってしまいましたね。レイダースは苦しいシーズンが続きそうです。ウィーク4からのブラウンズ、49ers戦を落とした時に今シーズンは1勝もできないんじゃないかとふと思ってしまいました…。まあそこまではいかないでしょうが、せめて2、3勝は上げないと…。
さて、今週初勝利を上げたチームの中で最も注目すべきチームを一つ。タンパベイ・バッカニアーズです。スターターのQBクリス・シムズが先週の試合後急遽手術をし、いつ復帰できるかどうかが怪しくなってしまったチームなんですが、実はそれでもチーム状態はいいと見ています。(シムズには悪いが…。) バックスはもともとD#(←ディフェンス、Dとフェンスなので…。NFLファンの間ではこう使うことが多い。よくピッツバーグのファンとかがこういう看板を作って試合中掲げています。うまく出来ていますよね。) が持ち味のチームです。そのかわりO#ははっきりいってザルであって、O#力で試合を制するということはシーズンを通しても数試合程度といったチームなんです。それでも昨年はポストシーズンへ進んだのだからどれだけD#が強力かがわかりますよね。つまりO#がそこそこ機能してきたらこのチームは要注意ということです。そしてここ数試合ではそのO#がそこそこ機能しつつあるのです。今からプレーオフへ出場するというのは、NFC南地区という激戦区を考えるとかなり厳しいとは思うのですが、それでもプレーオフを少しでも争うチームになるのではないかと予想しているわけでございます。
他にも注目している上り調子のチームはいくつかあります。AFCでは今週連敗を3で止めたディフェンディング・チャンピオンのピッツバーグ・スティーラーズ。4勝1敗で地区首位タイのサンディエゴ・チャージャーズや今週初勝利を上げたテネシー・タイタンズなどですかね。スティーラーズ(以後PIT)はたった1つの勝利でここまで未来が明るくなるのは珍しいと言ってもいい程では。その要因としては、一つはチーフス相手に完全に試合を圧倒したこと、二つ目は実力通り戦えば今でもリーグトップレベルであることを証明できたこと、三つ目はAFC北地区の他のチームが思いの他低迷していることです。中でも三つ目の要素はかなり大きいのではないでしょうか。地区で上位を走っていたレイブンズとベンガルズがここにきて思わぬ失速状態に陥っています。今シーズン、先週までいい、いいと言われてきた上位陣に対して、最悪と言われてきたPITの敗戦の数がたった一つしか変わらないというのはPITにとっては嬉しい誤算ではないでしょうか。ちゃっかり地区優勝も狙える位置にいますね。チャージャーズとタイタンズに関してはまた次の機会に。
NFCでは先に述べたバックスの他には、ニューヨーク・ジャイアンツカロライナ・パンサーズセントルイス・ラムズなどです。ジャイアンツは非常に波の荒いチームですが、ここまで3勝2敗と勝ち越しています。負けた試合の印象が悪かっただけに意外な記録といえるのでは?波の荒いチームの象徴でもあるのはQBのイーライ・マニング。ここまで7つのインターセプトを喫しており、決していい成績ではないものの重要ななところで勝ちに結びつくクォーターバッキングを披露することもしばしば。とんでもないミスをしたかと思えば最高のプレーをしたりと、こんな調子です。しかし、ここ数週間は安定したプレーを見せていて、チームも本当に上り調子です。今シーズンなにかしらの波乱を起こしてくれそうなチームです。パンサーズもジャイアンツに少し似ていますが、もう少し大人のチームかもしれません。その要因は選手達の経験。ここ3年で2度NFCのチャンピオンシップまで行っているチームですからね。経験がある分、ジャイアンツより怖いチームでしょう。ラムズは今シーズンのサプライズチームの一つ。今週は惜しくもシーホークスに負けてしまいましたが、それでも4勝2敗と立派な成績です。とにかく接戦ばかり演じていますが、その中でこの成績ですから、決してあなどれないチームです。もっともラムズはこれからが強豪チームとの戦いが続いていくわけですが、一つや二つ波乱を起こしても決して驚きではないかもしれませんね。
まあ他にもいろんな意味で注目しているチームはいくつかあるのですが、また長くなってしまったのでそれはまた次回ということにします。まあ明日にでも載せるパワーランキング(超個人的)にその兆候が表れると思うのですが。それではまた。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://the5thseason.blog65.fc2.com/tb.php/151-bef1683d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。