上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週もやって参りました。パワーランキング(超個人的)。今週は初めて全32チームにランク付けをしてみました。太文字になっているチームは、現時点でプレーオフを視野に入れることができているチームとなっております。それではどうぞ。

1.インディアナポリス・コルツ(6-0)
 コルツが久しぶりにトップに返り咲いた。O#が本来の姿を取り戻しつつある。次週のデンバーでの試合でリーグ全体にその力を印象付けることができるか。注目の一戦となる。
2.シカゴ・ベアーズ(6-0)
 トップ陥落。といっても総合的に見るとコルツとの差はほとんどないように思える。これからの2週間(ホームでSF,MIA戦)は相手を寄せ付けないような試合運びが必須。落とすようなことがあれば評価はガタ落ちする…。
3.デンバー・ブロンコス(5-1)
 QBをプラマーからジェイ・カトラーへ変更するとの噂が出るほど、ブロンコスO#が波に乗れていない。次週ホームで因縁の相手コルツを迎え撃つ。コルツを倒さなければ評価は上がらない。
4.ニューイングランド・ペイトリオッツ(5-1)
 5勝のうち4勝がレベルの低いAFC東地区相手によるもの。次週からシーズンの行方を占う戦いが始まる。まずはアウェーで調子のいいバイキングスと戦う。落としたくない試合である。
5.ニューオーリンズ・セインツ(5-1)
 セインツがこの位置にいるのは、他でもない5勝1敗という驚きの成績のためである。次週は共に十分な休養と研究を練ったはずのレイブンズを迎え撃つ。このチームにとっては毎週が実力を試すテストである。
6.ニューヨーク・ジャイアンツ(4-2)
 今週マンデーナイトでのダラス戦はチーム史上初の勝利。RBバーバーは今年も絶好調。D#でもO#でもビッグプレーを生み出す力がこのチームにはある。今NFCでは最も危険なチームだろう。
7.シンシナティ・ベンガルズ(4-2)
 今週パンサーズ相手に辛勝し、連敗は止めることができた。しかし、未だに歯車が噛み合っていない感が否めない。まだまだ厳しい相手との試合が続く。この勝利で昨年の勢いを取り戻せるか。
8.カロライナ・パンサーズ(4-3)
 ベンガルズ相手に敗戦も評価はそこまで落ちていない。しかしそれも次週のカウボーイズ戦でしっかり結果を残さなければならない。負けるようなことがあればシーズン終盤苦しむことになりそうだ。
9.サンディエゴ・チャージャーズ(4-2)
 今週のKC戦はただの敗戦ではなかった。D#の要にケガ人が続出している。LBメリメンの4週間の出場停止も痛い。上を目指すなら次週のラムズ戦は絶対に負けられない戦いとなる。
10.ボルティモア・レイブンズ(4-2)
 バイ・ウィーク明け。チームの立て直しをどれだけ出来たかが気になるところ。次週のアウェーでのセインツ戦は自信を取り戻すのには絶好の機会だろう。
11.アトランタ・ファルコンズ(4-2)
 つくづくこのチームはわかりづらい。一つ言えるのは、QBヴィックは今週見せたように足だけでなく腕も使えばいい結果が出せそうだ。次週アウェーでのベンガルズ戦でも同じことをしたい。
12.ミネソタ・バイキングス(4-2)
 今週はシアトルでアップセットを演じた。ここで勢いづきたい。バイキングスは毎年タフなシーズンを送る。次週はホームでペイトリオッツ戦。叩くことができればプレーオフが視野に入ってくるはず。
13.セントルイス・ラムズ(4-2)
 バイ・ウィーク明け。次週のアウェーでのチャージャーズ戦は、どちらが本物であるかをかけた戦いになりそうだ。勝った方がもう一段階上のレベルへとステップアップするはず。
14.フィラデルフィア・イーグルス(4-3)
 実にもったいない戦い方をするチームである。ここのところターンオーバーが多過ぎる。一皮むけるには少し時間がかかるのか、あるいは不可能なのか。次週のジャガーズ戦、負けることは許されない。
15.シアトル・シーホークス(4-2)
 ここまでランクを下げたのはSD同様ケガ人が続出してしまっているため。QBハセルベックが数週間アウト。今シーズン気になるのはD#が崩壊に近い状態であることだ。
16.ニューヨーク・ジェッツ(4-3)
 ひそかにプレーオフを狙うジェッツ。このチームの最大の武器は勝てるチーム相手に取りこぼしをしないところ。その積み重ねでチームは成長していくものである。よって、次週のブラウンズ戦も負けられない。

17.カンザスシティ・チーフス(3-3)
18.タンパベイ・バッカニアーズ(2-4)
19.ジャクソンビル・ジャガーズ(3-3)
20.ダラス・カウボーイズ(3-3)
21.ピッツバーグ・スティーラーズ(2-4)
22.ワシントン・レッドスキンズ(2-5)
23.テネシー・タイタンズ(1-5)
24.サンフランシスコ・49ers(2-4)
25.グリーンベイ・パッカーズ(2-4)
26.ヒューストン・テキサンズ(2-4)
27.オークランド・レイダース(1-5)
28.バッファロー・ビルズ(2-5)
29.アリゾナ・カージナルス(1-6)
30.デトロイト・ライオンズ(1-6)
31.クリーブランド・ブラウンズ(1-5)
32.マイアミ・ドルフィンズ(1-6)

こんなところでしょうか。結構適当な部分とそこそこ本気な部分が混ざった上での結果ですので、あまり気にしないで下さい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://the5thseason.blog65.fc2.com/tb.php/161-dde5abbf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。