上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.20 The Answer is ...
本日2度目の更新です!今回はNBA!

アレン・アイバーソンの移籍先が今日決まりました。The ANSWER の行き先はデンバー・ナゲッツだそうです。
ナゲッツは先日ニューヨークで行われたニックス戦で乱闘騒ぎを起こし、エースであり今季NBAのスコアリング・レースで2位に着けていたカーメロ・アンソニーが相手選手を殴り15試合の出場停止を受けたばかりでした(他にも数選手が出場停止処分を言い渡されました)。じゃあそのエースの代役に…、と言いたくなるくらいのタイミングで今回のトレードでしたね。まあ何はともあれ、これでナゲッツはリーグの1位、2位のスコアラーがロスターに入ったわけです

AIとトレードでシクサーズに行くのはスターティング・ガードのアンドレ・ミラーとベテラン・フォワードのジョー・スミス。そして2007年のナゲッツのドラフト1巡目2人の指名権もシクサーズに移ることになります。さて、今回のトレード、どうなんでしょう。ナゲッツがAIのような選手を本当に必要としていたのかがポイントとなりそうですね。まあこれについてはまた今度書きたいと思っています。
ナゲッツとしてはチャンピオンリングを狙うためには現状のチームでは無理だと判断したのでしょう。まあその判断は正しかったのではないでしょうか(今のままだったら良くてカンファレンス・セミくらいかなと…)。個人的にはナゲッツの心臓はPGのアンドレ・ミラーだと思っていたので、彼がいなくなった後の穴は多少心配ではあります。ミラーは隠れたスコアラー兼クラッチ・シューターでもあったので…。とはいえ、AIもここ数年アシスト数が安定して、リーグトップクラスです。ミラーと比べるとかなりプレースタイルに違いはありますが、ナゲッツはPGとしてAIを起用するのでしょう。
まあカーメロの出場停止のため、同じコートに2人のエースが同じユニフォームを着て立つのはまた先の話になりますが、カーメロとAI、うまく噛み合うのでしょうかね。大いに興味をそそられますが、それ以上に疑問であったりもします。長年自分のためのシステムを取っていたチームを離れたAIが初めて新しいシステムに飛び込むのです。(大学時代からそうだったのに…。) あの我の強いAIのことですから、うまくフィットするには多少時間がかかりそうです(下手すりゃしないんじゃないか?!)。それともあれだけずば抜けた才能があるAIはあっさりとチームのシステムに溶け込むことができるのでしょうか。どうなるにせよ、30を超えたAIが新たな境地を開けるのかどうか、期待したいと思います。

追記、
もし、AIがカーメロのいない合間にうまくチームにフィットし、結果がついてきた場合、ナゲッツはカーメロを放出するなんてことがあるのでしょうか。あの乱闘を見た限りではカーメロはチームを背負って立つ男でもないような気がしちゃったもので…。(選手としては文句なしですけどね。結構好きな選手ですが。) う~ん、まっそれはないか!
シクサーズはこれから良くなるはずです。(これ以上悪くはならないか…。現在11連敗中。)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://the5thseason.blog65.fc2.com/tb.php/229-5a8dd071
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。