上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BS1で放送されたマンデーナイトのイーグルス@カウボーイズをちらっと観戦してみました。本当は全部観たかったのですが、同時刻にN●Kでのど自慢の特集番組がやっていまして…。そちらを優先しちゃいました。
では、今日の朝の続きを―。

フィラデルフィア・イーグルス@ダラス・カウボーイズ
  結果:23-7、イーグルス
NFC Eastの天王山となったこの試合、結果は意外な(?)ものになりました。試合は序盤からイーグルスペース。カウボーイズも前半は食い下がりましたが、それもほんの一瞬だけでした。NFC東地区のライバル関係はどこの地区よりも激しいものなので、毎年何が起こってもおかしくはないのですが、さすがにこの試合内容には少し驚いてしまいました。
気になったのはカウボーイズのパーセルズHCのプレーコール。第2Qに7点差を追っている展開で4th & 1(Goal)をギャンブル。ここは間違いなくスコアボードに得点を残すところだったように思えます。いつかの試合でも試合の序盤あたりに2ポイント・コンバージョンを狙う、といったシーンがありました(試合結果はそれが響いて敗戦)。この試合ではまあ結果に直接響いたわけではないのですが、あそこでFGでも決めていればまた流れは変わったのでは。まあパーセルズ独特の試合勘なのでしょうが…。さすがにこれでプレーオフでも変なところでギャンブルを仕掛けるということはなくなりそうです。…たぶん。
イーグルス(9-6)はこの勝利でプレーオフ進出を確定させました。それだけでなく、地区でも首位に返り咲き。最終節ファルコンズに勝てば地区優勝も決定となります。いやいや、マクナブが怪我した時からは想像もつかなかったことを今のイーグルスはやってのけていますね。個人的な意見ではありますが(前にも書いたけど)、間違いなく今のイーグルスはマクナブ・イーグルスより強いです。
カウボーイズ(9-6)はこれで狙っていた第2シードの実現はなくなりました。さらに自力での地区優勝もなくなってしまいましたね。課題だったパスD♯もそこまで改善されたようには見えませんでした。スーパーボウルへの道のりはより遠く、より険しくなってしまったという印象です。

ニューイングランド・ペイトリオッツ@ジャクソンビル・ジャガーズ
  結果:24-21、ペイトリオッツ
今まで何度も書いてはきましたが、わたくし、ペイトリオッツファンです。このブログでは個人的ではあるもののできるだけがんばって公平(?)かつ冷静(??)な視点から書いているので、そこまでパッツファンというのをアピールできていないのですが…。さらに結構ペイトリオッツのファンの方も多くいらしていて、その方達のブログを見ていると内容が素晴らしくて、僕はそれ以上何も書くことがなくなっている、というのが現状です(笑) そんなわけで、あまり参考にはならないかもしれませんが、ペイトリオッツ@ジャガーズ戦です。
この試合は両チームにとって実は今季最も大事な試合になるのでは、と考えていました。ペイトリオッツはプレーオフでの戦いを占う上で、ジャガーズとしては内容云々よりなんとしても勝利が必要な試合でした。結果はペイトリオッツとしてはプレーオフでも自信を持って戦えるのでは?と思えるものでした。ホームで強いジャガーズ相手に結果は僅差だったものの、内容で勝っていたというのは大きかったと思います。その他にも怪我から復帰したSのロドニー・ハリソンらの活躍というのも朗報でしたね。ジャガーズは最後の最後に同点、逆転を狙えるチャンスを作ったという点ではやはり底力はあると感じました。しかし、そういう場面で決定的な仕事をする選手がジャガーズにはまだいないようです。
ペイトリオッツ(11-4)はこの勝利で4季連続の地区優勝を確定させました。第3シード争いでは失速してきたコルツと勝敗では並びましたが、自力で勝ち取る術は持っていません。QBブレイディがこの試合途中にハードタックルを背中(らへん)にもらい、サイドラインに下がるシーンがありましたが、大事には至っていないようです。次週、その影響が残っているようなら試合にはあまり出場しないかもしれませんね。気になったのはD♯(主にCBらへん)のミスタックルの多さでした。この試合でもTDに繋がれていました。ここをしっかり修正しないとプレーオフでは致命傷になりかねません。まあ全体的に見ると、ここにきて今季もっとも強いペイトリオッツになってきたかな、といった印象です。
ジャガーズ(8-7)はこの敗戦でプレーオフへの可能性が限りなくゼロに近づいてしまいました。実質的にはシーズンエンドと言ってもいいでしょう。RBモーリース・ジョーンズ-ドリューといった新人が活躍を見せたのは朗報です。しかし、もう少しチームとして安定感をつけなければ現代のAFCでは勝ち続けることはできないでしょう。

2試合だけですが、今日はこんなところです。プレーオフ争いが本当に熱くなってきましたね。AFCはブロンコスとジェッツが Control their own destiny といった感じですが、NFCはいろんな意味で混沌としています…。ひどい…。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://the5thseason.blog65.fc2.com/tb.php/236-a0d0536c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。