上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.04 朝青龍時代。
それにしても情けない話である。

大相撲、初場所後に起きた「八百長」騒動。初場所は朝青龍の一つの区切りでもる20回目の優勝で幕を閉じた―。かに思えた。しかし、一部週刊誌が昨年の九州場所から先の初場所にかけて朝青龍に故意に負けるという報道をしたのである。
その後、急遽、朝青龍やそれに関与したとされた力士達は全員、相撲協会から事情聴取を受けた。もちろん全力士が完全否定。全くのガセという可能性が非常に高い。そもそも、朝青龍が八百長をする必要性は全くない(と思える…)。次から次へと力士を倒す朝青龍が何故ゆえにそんなことをわざわざやらなければならないのだろうか。むしろ現在の角界で「八百長」騒動が起きるとしたら、朝青龍が故意に負けた、という話題の方がよっぽど信憑性があるように思える。それくらいしなければ今の力士は朝青龍には勝てないのではないだろうか。
ただ、今回の騒動は朝青龍にとってはまた一つ嫌なイメージが植えつけられる可能性も完全にないとは言えない。横綱になりかけの頃から現在まで圧倒的な強さを誇示している朝青龍ではあるが、その憎たらしいとも取れる態度や、土俵上以外での素行からか、どうも今ひとつ人気がない(特に日本人からは)。確かに以前は場所と場所の合間に祖国モンゴルへ帰る(その為、横綱が参加しなければならなかった練習に居なかった)、横綱による初の反則負け(相手の髷をつかむ)、などといった日本の国技でもあり、礼儀を重んじる角界にとっては手を焼かれるようなこともしばしばあった。しかし、最近の横綱を見る限り、昔のような「何も知らない」外国から来た若造、といった印象は全くといっていいほどなくなった。
確かに依然としてふてぶてしい態度はあるだろうが、その態度は今や朝青龍の代名詞ともいえるものである。そしてその態度は「強い」からこそできる態度でもある。現在は他部屋にも定期的に出稽古に出ており、他の部屋の力士に横綱が直々体を貸すといった以前の相撲界ではなかなかできなかったこともやっている。これは朝青龍なりに考えた大相撲全体のレベルの底上げにも繋がるといえるのではないだろうか。これは個人的な意見だが―、朝青龍はもちろん他の部屋にただ練習相手に行っているわけではない。彼は他の部屋の力士の研究のためにも行っているのだ。つまり、自分(横綱)と稽古をさせてやる代わりに自分も相手の技や癖を調べてもいるのである。体の小さい朝青龍はそうしたこともやらなくてはこの世界で勝ち続けていくことができない、ということを知っているのだ。
朝青龍を嫌う人はたくさんいる。自分も昔は嫌いだった。しかし、外国から来た若造が、これだけ歴史のある「大相撲」という場にチャレンジするということがどれだけ大変なことか、それは一生完全には理解できないだろう。しかし、それらを乗り越え、また人気のない中で―外国人、小さい体、横綱、そして横綱のあるべき姿、などと言った数多くのハンデやしきたりにとらわれながらも―、一人黙々と自分に厳しく戦っている姿を見ていると感動すら覚える。今はまだ人気が急上昇することはないだろう。だが、それは朝青龍一人の問題ではない。同レベルの力士不在という大きな問題もある。しかし、何十年後かはわからないが、「あの頃の朝青龍は無敵だった」と語る日が必ずやってくるはずである。そして「あの時代は彼一人が大相撲を盛り上げていた」とも。願わくば、実力を持った日本人力士が登場して朝青龍と共に大相撲を盛り上げてほしいものだ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://the5thseason.blog65.fc2.com/tb.php/264-5d939328
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。