上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
え~朝っぱらから日本対ドイツを完全ウォッチしてしまいました。
ですので若干興奮気味でお届けさせていただきます。
自称辛口評論家の僕ですが、日本かなりいい試合を繰り広げてました!いやいやびっくり。前にドイツと日本でやった時完敗してたので、この時期に何もアウェーでドイツとやらなくても~…なんて思っていたのですが、前半終了時に確信しました。この試合はかなり意義のあるものだと。
前半はボールの支配率こそよくなかったものの、決定的なチャンスをいくつか作っていましたね。一つくらい決めてくれよと言いたいところでしたが、いかにも日本らしいので許すことにしましょう。ドイツの左サイドがかなりオフェンシブで上がってきていたので日本の右サイドの加地の上がりがかなりのいまいちぶりを発揮していましたが、ディフェンスに関してはよくやっていた方では。と思っていた矢先に怪我。加地大丈夫かなぁ、心配です。前半はそんな感じで、加地の怪我以外は(日本とドイツの実力を考えれば)かなりいい内容だった気がします。
そして後半。下手すりゃ勝てんじゃねえの?みたいに思っていたら…高原!やってくれました、先制ゴール!思いっきり蹴ってましたね。後半で一番よかったのが加地の変わりに入った駒野。ドイツの左サイドのDが弱いのもあるのかもしれませんが、日本の右サイド駒野の度重なる突破で前半あれだけオフェンシブだったドイツの左サイドが少し影をひそめちゃいましたね。そして高原の追加点。あの時は一人で大声を上げてしまいました。そこから朝飯食い始めたのがよくなかった(わたくしがです)。。集中して観なくなったら追いつかれちゃいました。僕の食事とドイツで行われている試合に何かしらの因果関係があったらの話ですが。万が一。
今日の試合を観てて思ったこと。よかった点は、結構ありましたね。まず今日みたいに球際でボールをコントロールできない相手にDで我慢をし続けて速攻の形でコンパクトに攻めれたこと(我慢が大事)。そして逆サイドへのロングパスを効果的に出せたこと(ヒデ最高)。福西が足元でボールを結構(一人二人かわす程度ですが)キープできたこと。今日観た感じだと中田と福西(中村もちょっと)くらいしかキープできなかったなぁ。柳沢のプレーぶり(賛否は分かれるだろうけど、僕は彼は結構速攻に合ってる選手なんじゃないかと思った。もろ前線というよりは1.2列目くらいの位置取り。微妙か?!)。駒野もよかったね。D陣はそこそこ頑張ったかな。
悪かった点。やっぱり後半残り20分くらいで2点リードしながらも勝てないようではダメですよね。セットプレーでの知っていながら高さを生かされての失点も。本大会じゃ致命傷になりかねん!D陣の中では坪井、ボールを持っている選手に対してはなかなかなんですが、持っていない選手に対してのチェックの甘さというか、予想できうる最悪の場面をもうちょいイメージしながらプレーしてほしいかなと。攻撃に関してはプレッシャーを受けながらでもボールをもうちょっとキープして落ち着かせてほしいです(キープ力のある選手なら)。あと三都主は変なとこでスライディングしないでほしいかな(そもそもDに問題が…)。
まあこんなところでしょうか。全体的に考えたら満足のいく試合でした。ちなみに両チームとも決めるべきとこを決めていたら8-6で勝利くらいでしたね(笑) 本番でもこれくらいの内容の試合をやってくれたら嬉しいですね。あとは今日の試合で見えた課題は本大会で必ず役立ててほしいところです!フィジカルでは勝てないのでメンタルで負けないように頑張れ!ジーコ・ジャパン
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://the5thseason.blog65.fc2.com/tb.php/30-c1942581
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。