上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよW杯が開幕しましたね。僕にとってもどの試合もぱらぱらと観る毎日がスタートいたしました。幸い(?!)にもプータローなので眠気にさえ勝つことができれば時間もあまり気にせずに。
今回は先日書いた期待する点に引き続き、今大会の優勝候補について書いていきます。

まあブラジルが圧倒的な優勝候補なのは誰もが知っていますよね。実力は間違いなくダントツNo.1でしょう。
でも僕はブラジル以外の国が優勝するのではないかと考えてます。結構前まではイタリアが優勝すると考えていたのですが、どうやらその流れはなくなったように感じられまして。知っている人も多いとは思いますが、今イタリアではセリエAで八百長疑惑があったのではと騒がれています。そんなサッカー界を揺るがす大事件の中で問題の渦中のイタリアが優勝するなんてことはないかなぁと。そんなわけでイタリア
イングランド。言うまでもなく、中盤がものすごいタレント揃い。ベッカム、ジェラード、ランパード、Jコール。ベッカムが少しかすんで見えますよね。それに加えFWのオーウェン、ルーニー、クラウチ。オーウェン、ルーニーの怪我の具合も不安要素の一つですが、ここにきてクラウチがかなり調子がいいみたいなことも聞いてます。話題の17歳ウォルコット。出場機会もありそうだしどんな選手なのか楽しみです。DFも安定しているし、優勝候補といわれるのも納得できますよね。僕が思うイングランドの一番の不安要素は国際舞台での優勝経験のなさ(イングランド代表として)。最近では大きな国際大会でもベスト8止まりです。まして優勝候補として臨む大会なんて選手たちにとっても初めてでしょう。僕のイングランドのイメージもいいチームだけど優勝するチームではないって感じです。でも今大会はそんなイメージを吹き払えるくらいの豪華メンバーですよね。優勝するには必ずFWの活躍が必要です。
アルゼンチン。今回も優勝候補の一つでしょう。でもリケルメ中心でW杯の頂点ってのは僕には想像つかないっす…。アルゼンチン、リケルメファンの皆さんすいません。
フランス。ドラマチックな展開を好む私としてはジダン有終の美しかないかなと。意外とナイーブというかソフトな選手が多いのが心配。もろダーティーな仕事をする選手もいないし、ジダンが調子悪いと立て直せないチームってイメージですが。若さいっぱいのチームと当たらなければ優勝も?!
ドイツ。過去優勝3回で開催国であるドイツは外せないのでは?特にゲルマン魂と呼ばれる伝統的なしたたかさもあるし。現代のサッカー界でドイツが実力的に優勝候補に挙がることはないでしょうが、W杯って実力以外のものがかなり勝敗に左右することが多いですよね。手痛いミスも多いドイツですが十分チャンスはあるのでは?!

ちなみに僕のベスト4の予想は、ブラジル、イングランド、ポルトガル、フランスといったところです。
優勝はブラジルと対戦がなければフランスで!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://the5thseason.blog65.fc2.com/tb.php/39-7e3cb89c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。