上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グループC 最終順位 勝ち点
アルゼンチン 
オランダ 
コートジボワール 3
セルビア・モンテネグロ 0

予想は全外れアルゼンチンは強さと決定力の高さが目立ちました。ブラジルに次ぐ優勝候補といっていいでしょう。オランダも優勝候補の一つ。速さとうまさ(と若さ)でどこまで上がっていけるかに注目したいです。コートジボワールは先制点を上げることが出来ればまた違う結果になったのでは。この組以外なら間違いなく決勝Tへ行けたでしょう。セルビア・モンテネグロ。W杯本戦では欧州のチームにはなぜか予選時とは異なるチームになる国が毎回現れる。それが今回はセルビア・モンテネグロだったのでは。

グループD 最終順位 勝ち点
ポルトガル 9
メキシコ 4
アンゴラ 2
イラン 1

この組は予想的中。まあ無風と言われていた組でしたが。ポルトガルは予想以上の結果になったように思われます。決勝Tは1966年イングランド大会で3位になった時以来なんですね。デコの活躍なしにオランダ戦に勝利はないでしょう。メキシコは予想以上に苦しい戦いになりましたね。サポーターも勝ち点4での突破は若干失望したのでは。これからも厳しい戦いになることは必至です。アンゴラはあとアフリカ特有の試合中の集中力の持続力のなさが致命的になったのでは。次回も参加できるかは不明だが、こういった国が現れたことでアフリカのレベルが上がることは確かでしょう。イランはこんなところでしょうかね消化試合となった最終戦も必死に戦っていたのは(当たり前とはいえ)素晴らしいことです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://the5thseason.blog65.fc2.com/tb.php/53-e822fe7e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。