上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.19 女王復活!!
最近は風呂入る前にちょっと腕立てやら腹筋やらをしています。なんせ運動不足なもので。僕は体全体が細いのですが(というかひょろいという表現の方が正しい、えっ?!何??プロフィールの写真見りゃわかるって??いやいや)、これでも大学卒業まで体を動かすことだけは欠かさずやっていたんです(大学時代は月に2回バスケ+たま~にフットサルをやっていただけですが)。しかしここ数ヶ月は運動という運動を全くやっていないわけで。。しかもどういうわけか体は細いくせに今みたいになまけてなんもやっていないと、腹だけが出てくるという呪いたくなるような体質みたいで…。(運動やってても日常生活に困らない程度の筋肉しかつかないし…。) とまあ、今日の話題はこんな形で始まってしまいました。で昨日も風呂入る前にひそかにやっていたのです。そしてふと普段はつけないTVをつけたところ、陸上の全米選手権のハイライトみたいなのがやっていたんです。
陸上競技といえば世界陸上か夏のオリンピックでしかあまり話題にならないものですが、実際観てみるとものすんごい華がありますよね。盛り上がるし。まあそんな感じで僕は陸上も観るのは好きなんです。で昨日も少し興味が湧いたのでちょっと観ることに―(ちゃんと腹筋もしましたよ)。で、そこで一番気になったニュース(あれ?結構前の話でしょうか?)を書こうと思います。
女子100Mのマリオン・ジョーンズ(USA)。オリンピックとかを少しでも観ていた人なら誰でも知ってる名前ですよね?彼女の世界デビューはあまりにも衝撃的で、鮮やかだったのを覚えています。確か大学生だった頃で、バスケ選手として学生生活を送っていたとかいないとかだったような…。つまり陸上競技においてはまだ素人に毛が生えた程度だったんです。実際走りを見ても少し他の選手とは違った印象を持ちました。なんというか走りの技術とかうんぬんで勝つのではなく脚力やら天性のスピードで勝つ選手だったように思えました。それだけで世界の頂点に立てるのですから、そりゃあもうすごい才能だったのでしょう。
そんな彼女も、夫との離婚やら、ドーピングやら、マスコミとの確執やら、出産やらで鮮烈デビューから数年後から―ここ5年くらいかな―は精彩を欠き、陸上界でも目立った成績は上げることができなかったのです。記憶にも新しい??アテネオリンピックでも4X100mリレーでバトンの受け渡しミスもあり、年齢的にもマリオン・ジョーンズの時代が終わりを迎えたんだな~なんて勝手に思っていました。しかし、6月末に行われた全米選手権の女子100m決勝でなんと!30歳になったマリオンが復活優勝を遂げたそうです!しかも今年行われた他の世界大会でも優勝しているそうで、これは完全に復活したと言っていいのでは。いや、むしろ復活ではなく、今までのマリオンとはまた違う選手になったのではないでしょうか。今までは才能だけでやっていたという印象が強かったのですが(もちろんそんなことはないのでしょうけど)、今の彼女はおそらく一から陸上競技の「走り」を学んだのではないでしょうか。それに加えこれまでの選手としての栄冠と精神的な成長を活かしているのではと勝手に推測しています。もしこの勝手な推測が当たっているならば(もし、万が一)、来年の大阪世界陸上ではマリオン・ジョーンズに敵はいないかもしれませんね
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://the5thseason.blog65.fc2.com/tb.php/83-00bbd24d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。