上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は予定変更して甲子園の地方大会の話題でいこうかな。前回高校野球について書いた時(7/23参照)からまた新たに数校が甲子園行きを決めたみたいで。じゃあまずその新たに甲子園出場を決めた高校名から!

南北海道-駒大苫小牧(6)   青森-青森山田(7)
岩手-専大北上(5)        山形-日大山形(14)
栃木-文星芸大付属(9)     群馬-桐生第一(8)
鳥取-倉吉北(6)         高知-高知商(22)
佐賀-佐賀商(14)        長崎-清峰(2)
大分-鶴崎工(3)         宮崎-延岡学園(5)

いやぁ、続々と決まってるんだね。結構意外だったのが日大山形の8年ぶりの甲子園っていうことかな。そんなに遠ざかっていたとは…。山形県勢は長い甲子園の歴史で一番勝率が低い県なんだと。3回戦以上に進んだことはないらしい。でもここ数年は羽黒や酒田南らへんが東北大会とか春の選抜とかで上位まで進んだこともあって、結構山形のレベルも上がってきたのでは。そんな中で今年久々に出場の日大山形。山形県勢としてこの流れを保つことができるか、少し注目したいですね。
次に今年の春の選抜・準優勝の清峰。昨年に続き2年連続の夏。昨年は結構印象的なチームだった。1回戦で昨年の春優勝の愛工大名電(愛知)を破り、2回戦で一昨年春優勝、夏準優勝の済美(愛媛)を破ったチームだったからね(続く3回戦で大阪桐蔭に敗れる)。で今年の春は更に実力をつけて準優勝。印象としては2年前の済美と少しかぶる気がする。今年も清峰旋風を巻き起こせるかに注目!
高知では高知商が明徳義塾を破って9年ぶりに出場!歴史と実績のある高校が戻ってきたって感じかな。決勝戦では明徳相手に試合終盤に見事な逆転勝ちを収めた模様で。甲子園ではどんな戦いぶりを見せてくれるんでしょうね。
そして上記の高校の中の一番の注目校は、やはり駒大苫小牧でしょう。今年は史上2校目(しかも73年ぶり)の夏3連覇がかかっている。プロ注目のエース・田中は去年も甲子園で投げていたし、他にも何人か去年の優勝を経験している選手が残っているのがかなりの強み。特に昨年のエースと4番が残っている点は非常に大きいでしょう。チーム全体の守備も堅く、打撃も好調。不安要素は、投手陣の層の薄さ。最近の夏の甲子園はエースが一人で大会を投げ抜くチームは優勝できていないからね。まあでもかなりの期待をしてもいいのでは。
他には夏優勝経験のある佐賀商、桐生第一や、青森山田や延岡学園なんかにも優勝候補とまではいかないだろうけど、注目してもいいかも!?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://the5thseason.blog65.fc2.com/tb.php/91-45e5bfe3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。